<ナンパできない男>女性目線で考えるその傾向と解決策

<ナンパできない男>女性目線で考えるその傾向と解決策

女性と知り合うきっかけとして、1番手っ取り早い方法が “ナンパ” です。

しかし、知らない女性にいきなり声をかけるのは、ハードルがかなり高いもの。
また、ナンパしてもなかなか成功しないという男性も多いでしょう。

その現状を打開するため、女性はどのようなナンパを嫌うのか、そして「ナンパできない男」からの卒業方法を女性目線でご紹介します。

ナンパできない。一体何がいけないのか

ナンパできない。一体何がいけないのか

女性と出会う1番手っ取り早い方法はナンパですが、ほとんどの男性はナンパすらしないのが現状です。

また、ナンパは頻繁にするけれど、ほとんど成功しないという方も多いでしょう。
ナンパの成功率は、敏腕のナンパ師でも1割前後だといいます。

ナンパの成功率は凄腕で9%!初心者は0.2%!成功確率を上げる方法を元凄腕ナンパ師が解説!

なぜこんなにナンパできないのでしょうか。

成功を前提にしている

「ナンパしたって成功しない」、「自分はナンパに向いていない」と、ナンパに後ろ向きな考えを持っている人が多いですよね?

多くの男性がナンパできないのは、成功を前提にして失敗を恐れているあまり、臆病になっているからです。
どれだけ多いかというと、

日本人男性の9割は、臆病だからナンパできない

という意見があるほど。

ナンパに百発百中はあり得ません。
そのため、「失敗して当たり前」という気持ちが大切なのです。

言いかえれば「9割の男性が出会いのチャンスを自ら捨てている」ということ。
上手くナンパができでば、出会いのチャンスは大きく広がります。

固定概念を持っている

「ナンパするくらいなら、チキンでいるほうがマシ」。という男性も少なくありません。
また、ナンパは恥ずかしい、チャラいなど悪いイメージもあります。

しかし、悪いイメージを持ったままでは、ナンパは成功しません。そのような固定概念は捨てましょう。

女性目線で見るナンパできない男の傾向とその解決策

女性目線で見るナンパできない男の傾向とその解決策

数打てば当たるで挑めと男性は言いますが、女性の視点を意識しない限り、ナンパの成功率をあげることはできません。

このような男性のナンパを、女性は避ける傾向にあります。
ですが、女性目線で見た失敗ポイントとその解決策を意識すれば、ナンパできない現状を打開することができます。

ここからは、ナンパを避けられる男性の特徴と解決ポイントを一緒にチェックしていきましょう。

気後れした態度の男性

ナンパとは、初対面の女性に懇願して、話しをさせてもらうという行為です。
男性が下手になるのは理解の範囲ですが、下手になりすぎるのは考えもの。

上から目線は論外ですが、卑屈すぎるのも考えものです。

女性は、本能的に強い男性に惹かれます。
自信に溢れている男性は非常に魅力的。モジモジ君は、それだけでNGです。

<解決ポイント>声をかけることに集中する

まずは気後れせず、コンスタントに声をかけられるようになりましょう。
女性は避けたり断ったりしつつ、ナンパで声をかけられること自体、嬉しい人の方が多いです。
もっと自信を持ってください。

やみくもに声をかける男性

やみくもに声をかける男性

人通りの多い場所や大箱のクラブなどで、手あたり次第に女性に声を掛けるナンパ男。
その男性が断られたのを目にすれば、女性は声をかけられても良い気持ちにはなりません。
結局、誰でも良いのかな?と考えてしまいます。

<解決ポイント>少し間合いを取って声をかける

数打てば当たるという気持ちで誘っていると思われますが、大概の女性は別の女性が捨てたものをわざわざ拾いたいとは思いません。
断られたら、少し間合いを取ってからナンパを再開しましょう。

空気の読めない男性

ハイテンションのナンパ男。
クラブなどで盛り上がっている時なら良いですが、街中ではドン引きです。
話術が巧みなセールスマンタイプが多く、周囲に聞こえるほどの声でマシンガントークを続けるのが特徴です。

<解決ポイント>フレンドリーに普通のテンションで

最適なテンションは相手によって変わりますが、相手のテンションよりも少しだけ高めで話すのが良いでしょう。
気の弱い女性にマシンガントークをしても、逃げられるだけです。

チープな男性

チープな男性

「飲みに行こうよ。」は常套句ですが、「〇〇に飲みに行こうよ。」という男性。
そこが大人の雰囲気漂うお店なら良いですが、大人の男性から出た店名が居酒屋チェーンだとすれば女性はドン引きです。
「そんな安い女じゃない」。大抵の女性は不快に感じます。

<解決ポイント>最低限のマナー、そして相手を尊重する気持ちを忘れずに

大学生のナンパではないのですから、大人が大人を誘うならそれなりのお店である必要があります。
そうでなければ、相手の女性に失礼です。
ナンパといえども最低限のマナーや相手を尊重する気持ちを忘れてはいけません。

ナンパするターゲットが悪い男性

やみくもに声をかける男性にも共通する傾向ですが、小走りなど、明らかに急いでいるとわかる女性や、不機嫌な表情の女性に声をかけて成功すると思いますか?
ナンパ云々ではなく人間として鈍いとしか言いようがありません。

まずは、人を見る目や気持ちを察することから学んでいきましょう。

<解決ポイント>暇そうな人に声をかける

急いでいる時、声をかけられるのは迷惑以外の何ものでもありません。
声をかけられてもナンパなら無視して通り過ぎる女性が多いでしょう。

  • 立ち止まっている
  • ゆっくり歩いている
  • 座り込んでいる

など、急いではいないと見て取れる女性に声をかけましょう。
ですが、誰かと待ち合わせしている可能性もあります。
話しかけられてから5分以内に用件を済ませるようにしましょう。

最後に

ナンパに百発百中はあり得ません。
成功を前提にしていては、ナンパに失敗した時のダメージが大きく、ナンパに負のイメージを持ってしまいます。

ナンパの成功率を上げるには、女性目線になることと、声をかけようとしている女性が今、どんな気持ちでいて何をして欲しいのかよく見極めることが大切です。

この記事が、あなたの恋愛を見つけるきっかけとなりますように。

<関連記事>ナンパにも「甘いもの」が効果あり⁈ その理由も合わせてどうぞ▽

「甘いもの食べに行かない?」がデートの成功率を上げる!その理由と誘い方とは

この記事のライター

shugano

中学生と小学生の子を持つママライターです。趣味はハンドメイド。趣味にも仕事にもコーヒーとチョコは欠かせません。恋愛系の記事を多く執筆してきた経験を活かしたアドバイスやお役立ち情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す