乾燥を制するものはキスを制する!大人の男性こそリップケアを

乾燥を制するものはキスを制する!大人の男性こそリップケアを

甘いキスの瞬間。
実のそのとき、女性の目線は唇にフォーカスしていることをお気付きでしょうか。

小説やドラマではよく「見つめ合うキス」と表現されることもありますが、実際は目を見ることは多くありません。

となると気になるのが唇のケア……。
男性の皆さん、あなたの唇は大丈夫ですか?

女性はカサカサ唇やひび割れ唇が嫌い

女性はカサカサ唇やひび割れ唇が嫌い

多くの男性は、唇やそのケアに関して積極的とは言えません。

荒れやササクレも、「舐めて濡らしておけば大丈夫」くらいの感覚で、ケアをしない人も少なくありません。

ですが、唾液でケアしたつもりでも、唇が再び乾くと乾燥をさらに悪化させてしまいます……。

その反面、女性は唇のケアに大いに関心があります。

表皮の剥がれ、荒れ、ささくれ、ひび割れなどに鳥肌が立つほどの嫌悪感を抱いてしまいます。

唇を合わせた時、痛い、滑らかさがない、自分の表皮までめくってしまいそうな唇の男性とキスするなんて絶対に嫌です。

そして何より見た目も耐えられません。

唇が荒れる原因と予防法

唇が荒れる原因と予防法

唇は水分を保持する角質層がとても薄く、皮脂を分泌する皮脂腺がないため、荒れやすい構造をしています。

そのため、とてもデリケートでダメージが現れやすい部位です。
人によって唇が荒れる原因は違うため、これからご紹介するチェック項目に当てはまるものがないかどうかチェックしてみてください。

唇を舐める癖がある

唇の乾燥が気になるとつい、唇をぺろっと舐めていませんか?
一時的には潤いますが、唾液は乾くと荒れを悪化させてしまいます。

対処法はとにかく我慢!
乾燥してしまうと、ぺろっとしたくなる気持ちは分かりますが、今以上にひどくなるため我慢しましょう。

口呼吸

鼻炎などで鼻が詰まってしまっている人に多いのが、口呼吸が原因の乾燥です。

人間は通常、鼻で呼吸する生き物です。
しかし、鼻で呼吸しづらいと自然と口で呼吸するようになってしまいます。

鼻炎・鼻づまりを治す
口呼吸の原因となっている鼻炎や鼻づまりを治しましょう。
もし口呼吸がクセになってしまったなら、日頃から意識して口を閉じるようにしましょう。

水分不足

水分不足は皮膚の乾燥を引き起こすといわれていますが、唇も同様で、体内の水分不足にも大きく関係しています。

特に冬は、夏よりも水分を補給する回数が減り、体内の水分も不足します。
そのため、唇が乾燥しやすくなってしまうのです。

定期的に水分摂取を!
仕事の休憩中にしっかり水分補給するだけでも、肌や唇の潤いは変わってきます。
水分が充分にとれていないと、唇のみならず肌全体も乾燥してしまいます。

過度の刺激

香辛料を使った刺激の強い食べ物や、落としきれないメイクなどが唇に長時間付着すると、唇の皮膚に負担がかかってしまい、唇の荒れの原因になってしまいます。

食事後にティッシュで唇を強くこすって落としたりすることで生じる摩擦が、唇が荒れる原因にもなります。

特に男性の場合は食事の後、口をゴシゴシと拭いてしまいがちです。
必要な水分や油を全て拭き取ってしまため、唇が荒れてしまうのも分かります。

刺激を最小限におさえる
刺激物の摂りすぎは唇にも胃にもダメージを与えてしまいます。ほどほどにしましょう。
唇が汚れてしまった時は、ゴシゴシこすらず軽く押さえる程度にするか、ウェットティッシュなど柔らかめのもので拭きましょう。

生活の乱れ

唇は体調の乱れがよく現れる部位です。

粘膜と皮膚の境界で、皮脂腺がとても少ないため乾燥しやすく、皮膚の中でもとてもデリケートです。

また、唇は食事の影響も受けやすく、食生活の乱れが唇の荒れにつながることもあります。

体調に気を配る
食事は唇のみならず肌の乾燥に影響します。
ミネラルやコラーゲンなど肌の健康を維持する成分の摂取を心掛け、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

キスを制するために必要なこと

リップクリームで唇ケア

リップクリームで唇ケア
乾燥した唇のケアに一番効果的なのは、リップクリームです。

「使っているところを見られたくない」と思う方は、お手洗いなど人目につかない場所での使用をおすすめします。

リップクリームの選び方

【薬用】【医薬品】と【医薬部外品】を使い分ける

ドラッグストアなどでリップクリームを見ていると、パッケージに【薬用】【医薬品】【医薬部外品】などと記載されており、金額もバラバラでどれを購入したらいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

唇のケアには種類ごとの用途を知り、唇の状態によって使い分けるといいでしょう。

薬用と医薬品

薬用と医薬品

モアリップ

【薬用】や【医薬品】と記載されているリップクリームは、唇が荒れてしまった時に使用します。
唇が荒れていない時や完治してからも使い続けると、かえって荒れてしまう可能性もあるので注意しましょう。

詳細はこちら

医薬部外品

医薬部外品

NIVEA MEN

【医薬部外品】は、唇を潤わせてあれを防ぐために使用します。
男性は女性よりも乾燥しやすいと言われています。普段から意識してケアしましょう。

また、人前で塗ることも考えてメンズ用リップの購入をおすすめします。

女性用は、ルージュに似せた外観のものも多く、男性が使用していると違和感を覚えるものもあります。
男性用という表記してあるものが無難でしょう。

詳細はこちら

潤った唇はキスを制する

女性は全員、清潔な男性にしか好感を持ちません。
そのなかでも潤った唇は、頭からつま先までケアが行き届いた男性という印象を彼女に与えます。

キスを制するものが恋愛を制するのならば、乾燥を制するものは、キスを制すると言っても過言ではないでしょう。
男性は女性より唇が乾きやすいため、日頃からしっかりとケアを心掛けるのが大切です。

あなたが素敵な彼女と素敵なキスを楽しめますように……!

<関連記事>キスする前に鼻毛でゲンナリ!されないように……鼻毛ケアもお忘れなく▽

男の鼻毛は嫌われる!鼻毛はレーザー脱毛でスマートに処理しよう

この記事のライター

shugano

中学生と小学生の子を持つママライターです。趣味はハンドメイド。趣味にも仕事にもコーヒーとチョコは欠かせません。恋愛系の記事を多く執筆してきた経験を活かしたアドバイスやお役立ち情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す