モテ男なら知っている!合コン2次会はダーツで決まり

ライフスタイル

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニックを紹介して行きたいと思います。

定番はカラオケだけど、いつもそればかりでは・・

グルメサイトで評価の高い店で食事。一通り盛り上がったら、2次会へ。定番はもちろんカラオケ。そこで2回目の盛り上がり。幹事を経験した事がある方ならば、そう考えるのが普通でしょう。しかし、他の選択肢があることも忘れてはいけません。特に、合コン慣れしていたり、合コンに連闘で参加する今どき女子には食傷気味かもしれません。

 

今どき女子の注目は、ダーツに

そこで、お勧めしたいのはダーツです。聞いたことはあるが、まだやった事がない。そんな人も多いかもしれません。それが、参加する女子に新鮮味やワクワクする期待感を醸成することになるのです。また、ただ投げるだけという競技特性も参加者の敷居を低くさせます。カラオケならちょっとと、二次会の参加をためらっている女子たちの興味を引くこと請け合いです。

 

見た目には優劣の判断がつきにくいダーツ

女子がカラオケに行きたくないと感じる大きな理由の一つに、歌の上手い、下手がはっきりとわかってしまうことが挙げられます。折角、意中の彼と上手くいけそうな雰囲気なのに、歌で台無しになってしまうことも想定されない訳ではありません。

その点、ダーツはカラオケほど、習熟者が多く存在する訳ではないので、ほぼ全員初心者という認識が気持ちを楽にします。

 

特別な能力を必要としないダーツ

ダーツの敷居が低いと感じさせる理由の、もう一つに運動神経など特別な能力やスキルの必要性がないことが挙げられます。勿論、体力もいらないのです。また、ルールに複雑なところもなく、覚えることが殆どないのも合コン向きです。最近は、そのオシャレ感からか、女性誌などでも取り上げられる事が増えているので、女子受けも良いと考えます。

ダーツバーなら半端ない盛り上がりも可能

オシャレなバーの中にはダーツマシンを置いているところもあります。しかし、いつでも必ず利用できる訳ではありません。行ってみてはいいが、他のグループに使用されていて、間延びすることもあります。やはり、二次会はダーツと決めたなら、ダーツバーに行くのが良いでしょう。大手のエンターテイメント会社系列のダーツバーチェーンならテクニックやルールを教えてくれる専門のスタッフがいます。疲れた時には、ダーツ以外のボードゲームで遊べたりもします。しかし、なんといっても隣合う他のグループからも盛り上がりをもらえるのが、お勧めする一番の理由です。ボーリング場と似た雰囲気といえばわかりやすいでしょうか?

 

合コン慣れした女子には最高にウケる

定番のカラオケを二次会に設定するのは、無難で安全な選択肢と思います。しかし、イケてる女子ほど、このパターンに食傷しているように思います。新たな感動は生まれにくいと考えるべきでしょう。

今度、合コンの盛り上がりに頭を悩めている幹事の皆様、ダーツバーを選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?