昭和感漂うレトロな横丁で若い女性と出会えるか?

デート

30代。仕事と恋愛に邁進中の中堅ライター

どうして若い女性が行くようになったのか?

古くから続く街の居酒屋横丁がマス媒体で多く取り上げられるようになってきました。グルメサイト、タウン情報誌、はてまたテレビに至るまでその露出度を増やしています。そこで驚くべき点は、その客層です。サラリーマンや年配者が多いと思いきや、若く美しい女性が数多くいるのです。何故、増えているのか、そしてそこが若い女性との出会いの場として使えるか否か検証してみたいと思います。

女性との出会いの場としての使い勝手はどうか?

居酒屋横丁が、若い世代にも浸透してきた理由は、やはり映像メディアによる様です。イケてるユーチューバーや芸能人などが、下町の横丁居酒屋などで、お酒を飲みながらトークをする番組が増えました。それらの映像番組が、横丁の持つオヤジの溜まり場と言うイメージから、サブカルチャースポットへと昇華させました。クリエーター系の若い人が常連として通うと聞けば、途端におしゃれで通な場所に変化するのです。知り合いのデザイナーやアーティストの中にも、横丁のツボにハマった人が多くいます。

出会いやナンパに最適な店舗構造

 

さて、主題である出会いに関してはどうでしょうか?アドバンテージから見て行きたいと思います。レトロなお店は、現在の居酒屋と比べて客の動線を考慮していません。また、相対的に店舗面積が小さい為、席間が近いお店が多いと言えます。また、お品書きを席の数だけ用意していない事もザラなので、他のお客様と接触する回数や頻度は高くなります。さらに、アルコールが回ると開放的になるので、異性に声をかけても不自然ではないシチュエーションに変わることが多いのです。実際、ナンパに成功したと言う男性を数多く知っています。気さくでカジュアルな雰囲気が、おしゃれ感漂うお店では固く構えていた女性のガードを緩くさせるのでしょうか?

 

常連さんのご迷惑にならないように

次は、横丁ならではの注意点です。居酒屋の中には、代替わりを何度も経験した歴史あるお店が数多くあります。そこには、長年足繁く通う常連さんがいます。従って、若い女性との出会いやナンパ目的で訪れた方は、彼らの気分を害さない様にしましょう。女性にしつこく言い寄ったり、付きまとったりするのは、目に余ります。お店と顧客で築き上げてきた店の雰囲気を壊せば、退場命令される事も有りえます。自分は新参者だとの認識は、常に持っていましょう。

 

地域特性も考慮した横丁の選択を

近年、開発されたベットタウンでなければ、どこの街にも居酒屋横丁的な飲み屋があるはずです。例えば、ターミナル駅の横丁では、若いおしゃれな女性が入っても違和感のないお店が紛れている事も有ります。この様な横丁は出会いの成功率が高いと言えます。反対に、港湾やドヤと呼ばれている肉体労働者が集う場所の横丁などは、女性だけでなく男性でも入るのが躊躇する場所も有ります。当然、出会いの機会など有りません。

 

終わりに

新たな出会いスポットとなりつつあるレトロな横丁。現在は、然程注目されてはいないので、狙い目の出会いスポットです。但し、常連の方などのご迷惑とならない様、マナーと節度を忘れないでくださいね。