【合コンの達人監修】モテ男の為のカラオケ最新ランキング2018

ライフスタイル

30代。仕事と恋愛に邁進中の中堅ライター

合コン二次会の定番はカラオケ。ここで、素晴らしいパフォーマンスを発揮すれば、貴方の”モテ男”度数は急上昇。意中の彼女を射止めることが出来るかもしれません。今回は、元インディーズミュージシャンで、合コンの達人のアドバイスに基づきモテ男の為のカラオケランキングを作成してみました。

カラオケ大手チェーンのランキングはどうなっている?

まず、独自のランキングを発表する前に、2018年11月現在の大手カラオケチェーンJOYSOUNDとDAMのランキングを調べてみました。2018年の集計順位1位は、両社とも、米津玄師の「LEMON」が1位です。TBSのドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろされた曲で、YoutubeでのMV再生回数も2億回に迫っています。因みに、米津玄師は歌手別人気ランキングでも1位を獲得しています。

楽曲別ランキング2位も同様にYoutubeから火がついた、DAPAMPの「USA」。3位はJOYがシャルルの「バルーン」、DAMが数多くのアーティストにカバーされているスタンダードナンバーである中島みゆきの「糸」となっています。

米津玄師「LEMON」がカラオケランキング第1位。第2位は?

さて、いよいよ合コンの達人による発表です。何と、達人が選んだのも米津玄師の「LEMON」となりました。理由は、そんなに高い旋律がないので、歌いやすく、高得点が狙いやすい。何より、今が旬というのが最大の推しポイントとの事でした。

 

 

続いて第2位は、大手同様「U.S.A.」。DA PUMPによる久々のヒットです。理由は、メロディーに起伏がなく、リズムも日本人に馴染みやすいユーロビートを使用している為、少しの練習で聴きバエする歌唱が出来る。ダンスの振りもコピーできれば、モテ度急上昇とのことです。

 

旬な曲とスタンダードをレパートリーに追加

旬な曲は、ライバルもウケ狙いに十分練習しているかもしれません。ピークは過ぎたが、まだ錆びついてはいない楽曲もレパートリーに加えておきましょう。達人が歌いやすい順にランキングしています。

第3位「海の声」 桐谷健太

2016年のauコマーシャルソング。ゆったりとした曲調なので、リズム感に自信のない人でも歌えます。裏拍もありますが、自然に取れるレベルです。特にKEYが低目の人にオススメ。

 

 

 

第4位 「奏(かなで)」スキマスイッチ(雨宮天 他カバー)

一週間フレンズでアニメヒロインを演じた雨宮天さんや島谷ひとみさんなど女性もレパートリーにできる曲。難しそうに見えて実は歌いやすく、サビで盛り上がるバラード。意中の人とデュエットできる可能性大です。

 

 

 

第5位 「甲子園」 福山雅治

総じて福山楽曲は歌いやすいのですが、この曲は特に声量を必要としませんので、万人にお勧めします。一番の特徴は、高校野球シーズンにヘビーローテーションされるので、耳に馴染んでいる事。いつ歌っても、古さを感じさせません。

 

達人からのアドバイス

最後に達人から、ランキング曲で高得点を出すのに大事なのは、

 

「音程(ピッチ)ビブラート、抑揚に気をつけて、合コン前に2−3回ヒトカラなどで練習するのが良いでしょう」

とのお言葉をいただきました。

 

最後に

如何でしたか? 合コンに約立つ楽曲は、見つかったでしょうか?筆者は、合コンに限らず、やがて訪れる忘年会などでもウケる曲リストと感じました。達人のアドバイスを思い出して、練習に励んでくださいね。