「プレイステーションクラシック」はデキる世代のコンセプトゲーム機

ライフスタイル

恋愛修行中の駆け出しライター。日々研鑽の日々です。

PlayStation Plusの加入者限定で販売されていた話題の復刻ゲーム機「プレイステーションクラシック」。2018年11月3日にいよいよ一般予約が開始しました。

デキる世代の皆様には、丁度、ゲームに熱くなっていた時代を思い起こさせてくれる懐かしい外観では無いでしょうか?「ゲームはやって見たいけど、最近の新しいゲームは、難しくてちょっと…」と考えているみなさんも、ゲームフリーク時代を思い出して、楽しく遊べるコンセプトゲーム機です。

リアルタイムに触れていない女性のワタシから見ても、コンパクトで、かわいいゲーム機に見えますね。そんなPSクラシックを詳しくご紹介して行きます。

プレイステーション クラシックとは?

 

出典https://www.jp.playstation.com/blog/detail/7787/20181029-psclassic-1.html

  • 初期型「プレイステーション」(1994年)の復刻版。
  • 外見やボタンの配置変更なく、本体サイズを縦横比で約45%、体積比で約80%コンパクト化
  • 『R4 RIDGE RACER TYPE 4』『鉄拳3』『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』など、20タイトルを内蔵。
  • 専用コントローラ(2個)、HDMIケーブル (1本)、USBケーブル (1本)、印刷物を同梱。

 

以上のようなスペックで、価格は9980円(税別)。何とゲーム20本内蔵でですよ!!

これは、相当、お得と言えるのでは無いでしょうか?

 

内蔵ソフトにはミリオンセールスがズラリ

パブリッシャーには、ソニーエンタテインメントに限らず、KONAMI、カプコン、バンダイ・ナムコ、フロムソフトウェア、スクウェア等が並びます。今は亡き株式会社スクウェア(現スクウェア・エニックス)の名にシビれる方も多いのでは?

そして、肝心のタイトルラインナップは、ファイナルファンタジー、アークザラッド、METAL GEAR SOLID、鉄拳、バイオハザードなど現在でも人気のシリーズがズラリと並びます。詳しくは、下記のURLとオフィシャルビデオをご覧ください。発売当時は、手が届かなかったゲームやし忘れたゲームに出会えるかもしれません。

https://www.jp.playstation.com/blog/detail/7787/20181029-psclassic-1.html

 

2018年11月5日現在のプレイステーションクラシック予約状況は

出典https://www.jp.playstation.com/blog/detail/7787/20181029-psclassic-1.html

大手価格情報サイトによると、SONYストアーでは2018年11月5日現在も受付可能の模様。ソフマップやビックカメラでも再受付が開始されたようです。急げは、まだ入手できる可能性も!!また、今回は予約できなかった方も、人気次第で増産の可能性もありますね。

 

SEGAもメガドライブの復刻版を発売する

出典 https://sega.jp/topics/180416_soft_3/

かつては、ゲーム機開発でライバルと呼ばれていたSEGAも、メガドライブと言う北米で大ヒットしたゲーム機のミニチュアを2019年に発売予定とのことです。これは、SEGAブランドの家庭用ゲーム機製造復活の布石なのでしょうか? 若しかして来年は復刻ゲームブーム到来か?

 

最後に

PS1世代ではない私ですが、コスパや外見の可愛らしさから、プレイステーション クラシックに大変興味を持ちました。実は、ゲーム好き女子ってすごく多いんです。FFやバイオハザートの初期版なんて、ちょっと触れてみたいと思います。それでは。

出典https://www.jp.playstation.com/blog/detail/7787/20181029-psclassic-1.html