デキる男の名誉欲を充足する!クラウドファンディングは面白い!

ライフスタイル

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニックを紹介して行きたいと思います。

投資といえば、ちょっと前に話題になったのはビットコイン。いまだに人気のFX。でも、考えてみてください。利益が出て貴方の物欲は充足できても、名誉欲は満たされません。

そこで、ご紹介するのは浜田翔子×福島裕二写真集プロジェクトで話題のクラウドファンディング。ここ数年ですっかり日本でも定着しましたね。

今回は、何故クラウドファンディングが人気になったのか?現在の傾向はどんな風になっているのか?を調べてみたいと思います。

クラウドファンディングが人気の理由

まず、人気になっている理由を調べてみました。

1.       事業目的のユルさ

個人が小口の寄与を集める。目標に到達したらやる、ダメならやらないというユルさ。ベンチャーキャピタルのキッチリした投資とは正反対の大雑把感がありますね。

2.       投資範囲が広い

    自治体の活動からアーティスト支援や映画製作などのエンターテインメント分野まで幅広く利用されています。対象も個人・事業会社・コンソーシアム政府機関など、これ又広範囲です。特に日本では、ビデオゲーム分野での伸びが大きい様です。

3.       共感する投資家も様々

    アイディアやコンセプトに共感した誰もが投資家になれます。個人・企業・研究機関などの種別を問われません。

4.       勿論合法です

    仕組みは緩いのですが、「規制を緩和する金融商品取引法」という法律で認められており合法的な投資方法です。

クラウドファンディングのリターンはどうなっている?

さて、気になる投資に対するリターンですが、大きく分けて3つに分けられる様です。

  1. 金銭のリターンがない「寄付型」

領収書を申告すれば、税制優遇が受けられる点があり、ふるさと納税に似ています。返礼品と言う形でリターンをもらうところも同様ですね。

  1. 金銭をリターンする「投資型」

会社の株式を購入した時と同様に、一定の利益があれば配当が受けられます。株式投資と異なる点は、会社ではなくプロジェクトに投資する点ですね。

  1. 商品購入で貢献する「購入型」

文字通り商品購入で貢献する方法です。商品は、ここだけでしか買えないものなので、購入者にはプレミア感が大きいですね。CD製作のためのファンドや映画製作なども、購入相当枚数のアルバムや入場券がもらえるので購入型の一種と言えるかもしれません。

クラウドファンディングの成功事例

1997年にイギリスのロックグループ「マリリオン」のファンが、全米ツアーの費用やCD製作費用をインターネット上で集めたのが始まりと言われています。国内での成功事例も、数多く上がっていますが、ここでは最近話題となったものをご紹介しましょう。

「東京クロノス」

  • 17時間でクラウドファンディング目標突破したVRアドベンチャープロジェクト。目標金額は、75,000米ドル(約830万円)

 

出典 https://tokyochronos.com/

「センチメンタルグラフティ20周年イベント」

  • 1998年に発売された恋愛ゲーム「センチメンタルグラフティ」の20周年イベントを開催するために前田愛さんら出演した声優10人がラウドファンディングを実施。開始わずか10分で目標の1000万円を集める。最終的に倍以上の2000万を超えた模様。

参照 https://sentimental20th.com/

クラウドファンディングの代表的なサイト

それでは、実際にこの様なファンドを募集しているのは、どの様なサイトなのでしょうか?

寄付型クラウドファンディングサイト

  • JAPAN GIVING

https://japangiving.jp/

  • Readyfor Charity

https://readyfor.jp/charity/

  • Good Morning by CAMPFIRE

https://camp-fire.jp/goodmorning

社会貢献を標榜しているサイトが多い様です。

購入型クラウドファンディングサイト

  • Readyfor

https://readyfor.jp/

  • CAMPFIRE

https://camp-fire.jp/

上記2サイトは寄付型も行なっていますね。

  • MotionGalley

https://motion-gallery.net/

映画など、アート系の案件が多い様です。

  • GREEN FUNDING

https://greenfunding.jp/

  • Makuake

https://www.makuake.com/

最後の2社は、CCCとサイバーエージェントによる運営。インスタ広告でよく目にします。

投資型クラウドファンディングサイト

  • セキュリテ

https://www.securite.jp/

  • finan=sense ファイナンセンス

http://www.finansense.jp/

  • Sony Bank GATE

https://moneykit.net/visitor/sbg/

投資金額が大型になることが多く、大手関連系が目立ちます。

私が注目するクラウドファンディングプロジェクト

そんな私が、注目する現在募集中のクラウドファンディングプロジェクトがあります。

強制退去を迫られている

京都大学・吉田寮を描く

ドキュメンタリー映画『自治と青春(仮)』の作品完成にご支援をお願いします!

出典 https://motion-gallery.net/projects/yoshidaryou

この夏、NHKで「ワンダーウォール〜京都発地域ドラマ〜」の舞台にもなった築100年を超える京都大学の吉田寮。安全性の問題から建て替えを推進する大学側と、建築的価値や自治精神のシンボルとしての保存を主張し立ち退きを拒否する学生たちの姿をドキュメンタリーで描く映画の様です。

 

目標金額は200万円

2018年11月7日現在の収集金額 799,800 円

残り日数 98日(2019年2月12日23:59終了)

掲載サイト:MotionGalley

 

ちょっと地味なテーマなので、じわじわ話題になっている感じでしょうか?監督はドキュメンタリーで定評がある藤川佳三さん。私は、東日本大震災を扱った「石巻市立湊小学校避難所」に感銘を受けました。今回の吉田寮を扱った『自治と青春(仮)』も是非みてみたいと思います。

応援すれば公式ホームページにコントリビューターとして名前が残る!!

映画製作関係者の気分が味わえますよ。勿論、私も身の丈にあったリターンをポチります!皆様も是非ご検討を! それでは。