【スキー有資格者(女性)監修】男性のためのゲレンデデート取説

【スキー有資格者(女性)監修】男性のためのゲレンデデート取説

JR SKI SKIのコマーシャルからゲレンデデートに憧れたという男性がいるはずです。

2014年は川口春奈さん、2015年は広瀬すずさん、2016年は山本舞香さんと平祐奈さん、2017年は桜井日奈子さん、そして2018年は伊藤健太郎さんと松本穂香さんのダブル起用……いずれもブレイクしている女優ばかりです。back number、MAN WITH A MISSION、sumikaのバックミュージック……ゲレンデの恋模様を描いたコマーシャルが印象に残らないはずがありません。

気になる女性とゲレンデデート。

大好きな彼女とゲレンデデート。

男女混合グループでゲレンデデート。

これから、ゲレンデデートを控えている男性もいるはず。ゲレンデについて知らないと、女性への配慮が不十分になってしまいかねません。ゲレンデだからこそ、男性には気を利かせてもらいたいもの。それだけで、男性に対する印象もグッとよくなります。もし、雪国育ちの女性だったら、幻滅されてしまうかもしれません。

いったい、ゲレンデデートではどんなことに気を付ければいいのでしょうか。そこで今回はスキーインストラクター経験もある有資格者ライターが、大人の男性のためのゲレンデデート取説をご用意いたしました。

スキーレベルはどれくらいか

スポーツの経験値、あるいはブランク、現在の身体能力によって、個々人のレベルは大幅に違ってきます。もちろん、スキーだって例外ではありません。ゲレンデデートをするときは、自分のレベルと相手のレベルに配慮してコースを選ばなければなりません。もし、どちらかのレベルが低ければ、合わせるしかありません。無理して中級者が上級者コースにいっても、滑ることなどできません。このようなトラブルを回避するためにも、まずはふたりのレベルを確認してみましょう。

スキーのターンスキル

スキーのターンスキルはおおむね3種類あげられます。まず「ボーゲン」。そのスタイルから「八の字」ともいわれています。斜面に対して八の字になって滑降するため、スピードをコントロールしながら、無理なくターンすることができます。そして「シュテムターン」。シュテムターンはターンするときだけボーゲンにするものです。またパラレルターンは、滑降時、ターン時、いずれも二の字、つまり並行にします。

ターンスキルによるレベルの分類

ターンスキルによってレベルの分類ができます。初級はボーゲン、中級はシュテムターン、上級はパラレルターンです。コースごとにおおまかなレベルが設定されているので、どのコースを滑るのか目安になるはずです。

ゲレンデまでの移動手段

ゲレンデまでの移動手段は、半数以上が車(自家用車・レンタカー)、半数以下が公共交通機関だといわれています。実際、それぞれの移動手段にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここでは、スキー場までの移動手段についてまとめます。

車(自家用車・レンタカー)

車(自家用車・レンタカー)を利用する場合、メリットはあまり時間にとらわれず移動することができる、荷物があっても負担にならないことがあげられます。すべてレンタルするつもりであればそれほど荷物はないでしょう。ですが、スキーアイテムをすべて持ち込むとなると、想像以上の荷物になるものです。荷物があるときは車が便利でしょう。デメリットとしては、積雪・凍結路面の運転に気を付けなければならないということ。雪国の人間でも、冬季間の山道は運転に気を付けます。慣れていないのであれば、無理に運転することは控えるべきです。

公共交通機関(新幹線・JR・バスなど)

新幹線・JR・バスといった公共交通機関を利用するという意見もあります。荷物がたくさんある場合は、事前にスキー場にまとめて送っておくという対策ができます。近所のコンビニでも受け付けています。途中まで新幹線で移動して、そこからバスに乗り換えることもできますし、夜行バスで移動して午前中から滑り始めることもできます。バスだけで移動すると運賃を抑えることができます。また、最寄りの駅からスキー場の送迎バスがある場合もあるので活用するといいでしょう。

荷物はどれくらいになるのか

スポーツによって荷物の分量も違ってきます。スキーに必要なものは、スキー板・スキーブーツ・ポール(ストック)です。スキーウェアなども含めたらもっと増えます。公共の交通機関は難しいかもしれません。彼女に大荷物を持たせるわけにもいきません。あらかじめスキー場に宅急便で送ることができます。もちろん、現地でレンタルすることもできます。

ゲレンデデートで女性が気にしてほしいこと

ゲレンデデートだからこそ、女性が気にしてほしいことがいくつかあります。男性ではなかなか気づけないかもしれません。ゲレンデがはじめてという女性だと、こんなことで困るんだ……と女性自身が驚いているかもしれません。あらかじめ男性がどのようなことを気を付けるべきか知っておくことで、女性もゲレンデデートを満喫できるでしょう。

トイレタイムは頻繁にセッティングする

普段、デートしているときと”トイレ回数”を同じだと思ってはいけません。もともと、男性より女性のほうがトイレが近いもの。さらにゲレンデの冷え込みによって、もっと近くになってしまうのです。トイレをみつけたときは、さりげなく行く必要があるかどうか聞いてみてください。女性の性格によっては、言いづらいなんてこともあるかもしれません。

トイレのたびにスキーウェア・ぼうし・ゴーグル・てぶくろなどを脱がなければなりません。そんなとき、男性が気を利かせて持っていてくれると、とても気が利くな……と思いますね。もちろん、脱ぎ着をするのに時間だってかかってしまいます。トイレに時間がかかることも、理解してくれるとうれしいです。

女性の疲労を気にかけるようにする

男性と女性では筋肉のつきかたが違います。もちろん、筋肉のつきかたが違うのですから、疲労のしかただって違ってきます。これは、女性にスキー経験があってもスキー経験がなくても変わりません。スキーでは下半身の筋肉を酷使します。上級者のフォームだとわかりやすいでしょう。上半身を固定したように、下半身だけが動いているのです。ストック(ポール)で腕の筋肉にも負担がかかります。筋肉に過度な負担をかけてしまうと、筋肉痛だけでなく疲労骨折をしたり、筋肉を損傷したりしてしまうこともあります。女性に無理をさせないよう、気を配るようにしましょう。

トレーニングしないままシーズンを迎えてしまったとき、筋肉の負担を自覚していながら無理をしてしまい、疲労骨折してしまいました。もちろん、転倒したわけではありません。立っていられなくなり、ゆっくりと座り込んだ時に疲労骨折してしまったのです。そのあとの形成手術・リハビリに数ヶ月かかりました。

ロマンティックなゲレンデデートのためにしたいこと

アクティブなカップルだと、日中はとにかく滑り込む……なんてこともあるかもしれません。そのぶんロマンティックに恋人らしい夜を過ごしましょう。ここではロマンティックなゲレンデデートのためにしたいことをピックアップします。

ロマンティックすぎる! ナイターゲレンデ

ゲレンデのホテルに宿泊するのなら、ぜひナイターにもいってみてください。ゲレンデのナイターはとても幻想的です。カラフルにライトアップされたゲレンデ。ライトに照らされて雪面がキラキラと輝きます。日中に滑り込んで疲れてしまっていたら、スノトレをはいてゲレンデを歩くだけでも構いません。できれば、ふたりでリフトに乗って、幻想的な空中散歩を体験してもらいたいところです。

ゲレ飯じゃなくて レストランのディナーがいい

ゲレンデごはん、略して”ゲレ飯”。ランチにはもってこいです。ロッヂでボリュームたっぷりのゲレ飯をいただきましょう。ですが、ディナーはホテルのレストランでムードたっぷりに。贅沢なブッフェスタイルのものもあれば、本格的なディナーコースもあります。ホテルのレストラン情報をチェックしておくようにしましょう。

ワンランクアップのホテルに宿泊

ゲレンデ周辺にはエリアにもよりますが、ホテルからペンション、さらに民宿まで、さまざまな宿泊施設があります。カップルだったらホテルかペンションがおすすめです。ホテルではラグジュアリーな雰囲気を堪能できます。ペンションではリラックスしてふたりの時間を過ごせます。女性の意見も取り入れながら、素敵なホテルやペンションを予約しましょう。きっと、素敵な夜になるはず。いうまでもありませんが、絶対にダメなのは、スキーヤーが雑魚寝するような民泊です。もし、女性スキーヤーとの出会いを求めているのであれば、もしかしたら出会いがあるかもしれません。

最後に

ゲレンデマジックとまでいわれるほど、カップルにとって魅力的なデートスポットであるゲレンデ。

大人の男性だからこそ、そつなくゲレンデデートの企画をして、彼女によろこんでもらいましょう。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す