【最高せり価格3億3360万円】高級寿司店デートで役立つ本マグロのグルメ知識 

【最高せり価格3億3360万円】高級寿司店デートで役立つ本マグロのグルメ知識 

2019年1月5日の豊洲市場初セリで大間産本マグロが史上最高価格3億3360万円の値をつけました。そんな素材を扱う高級寿司店を予約して彼女と、素敵なデートをしてみたいと考えている人も多いはず。そして運よく予約できたとしても、それだけで満足してはいけません。特別の場所で過す折角の機会なのですから、貴方も普段とは違うアプローチでデートを盛り上げましょう。例えば、お店のコースメニューが事前にわかっているならば、その料理に関する知識などを調べて、運ばれて来た際に、彼女にさりげなく披露する。その一言が、マトを得ていれば料理に広がりを与え味覚の+αとなりますし、彼女は貴方を知的で気配りが出来る人と感じる事でしょう。今日は、高級寿司店デートで語ると効果的なグルメ知識から今話題の「本マグロ」をご紹介いたします。

本マグロの蘊蓄を産地から語る

お寿司と言えば、ほとんどの人が必ず注文するマグロ。その中でも最高級と言われる本マグロは、看板メニューにしているお店も多いはず。事前にネタがわからない店主のお任せコースなどでも、出てくる可能性が高いので、覚えておくと良いでしょう。

本マグロをおさらい

本マグロは別名クロマグロと言います。マグロの中では最大で、3メートルを超えるものもあります。寿命は約20〜30年と言われますが、日本近海では7−8才で100kg前後のものが多く水揚げされます。

本マグロの産地

出典:大間町観光協会

日本国内では、高級ブランドとして確立した大間(青森)の他、津軽海峡の対岸にある戸井(北海道)が、近年のセリ最高値を競っています。他の産地としては、勝浦(和歌山)、日南(宮崎)、境港(鳥取)、三陸(岩手)などが古くから有名です。

海外からの輸入では、1960年代から供給ルートが確立した台湾が有名です。しかし空輸が常態化した現在は、ボストン・カナダ等の北米ルートやスペイン等の大西洋ルートも登場しています。特に、ボストンやスペインは仲買人からの評価も高く、高級寿司店に納品される事も増えています。

例えば、職人さんに出された本マグロの産地を聞いた際に「ボストンorスペインor大西洋」という返答があったとします。その時、「大間じゃないの?」と悲観してはいけません。目利きの出来る職人さんほど、産地にこだわらず自分の腕を最大限に発揮できるマグロを選びます。

「本マグロは大間が有名だけど、最近は大西洋も良いらしいよ。」

 そんなトークは彼女だけでなく、職人さんにも好感を持たれる事でしょう。

最近は養殖本マグロも登場

大型なのと、高速広範囲に運動しなければ死んでしまうという特性から、本マグロの養殖は難しいと言われて来ましたが、近年は、海外や国内の産地から養殖本マグロも出荷されるようになって来ました。国内では、近畿大学が市場化に成功した近大マグロが有名です。しかし、評判が上がって来たとは言え、高級店と呼ばれる寿司店のネタケースに養殖マグロが並ぶことは、まずありません。

本マグロの価格妥当性を漁法から知る

出典:テレビ朝日

大トロならば一貫数万円する事もある本マグロ。セリ最高価格が3億3360万円(大間産 278kg)なので、その価格設定は妥当なのかもしれません。しかし、高価になる理由を明確に知っておきましょう。それは、漁法にあります。

一本釣り漁法

イカやブリの幼魚などの生餌や、死んだサンマやトビウオを生きている様に見立てた仕掛や疑似餌にかかった本マグロを数百メートルにも及ぶ釣り糸で引き上げる漁法。

延縄漁法

ブイかガラス玉を付けた幹縄に、釣り糸のついた枝縄をつるし、海に流してマグロを捕獲。縄の全長は約5キロで、70本ぐらいの針が40m~50m間隔で吊るす。

 

大間などブランドと呼ばれるマグロ産地は、上記二つの漁法を採用しています。

理由は、「網で捕獲する漁法と違い、マグロに傷が付かず魚が弱ってしまう前に血抜き生〆作業を施す。拠って鮮度を保ったマグロを出荷することが出来る。」からです。

 

「ブランドマグロが高いのは、体が傷つかない漁法を採用して、且つ獲れたら直ぐに血抜きと生〆作業をするからなんだよ。」

 

そんな言葉を高級寿司店のカウンターで言えたら、彼女の気持ちはグッと傾きますね。

出典:テレビ朝日

本マグロの事をもっと知りたい方には

本マグロの事をもっと知りたい方には、映像作品が有効です。テレビ東京系やテレビ朝日系では、定期的にマグロ漁師を追ったドキュメンタリー番組が放映されており、数十年続く人気シリーズとなっています。また、見逃した方は、CS専門チャンネル「チャンネルNECOなどで見ることが出来ます。荒海のただ中、マグロと格闘する漁師さんの姿は感動ものですし、彼女にもリアルな言葉で説明できることでしょう。

出典:チャンネルNECO

最後に

寿司の世界は奥深く、本マグロというネタ一つでも、相当勉強する事がありました。しかし、高級店での食事は 滅多にない「ハレ」の時間。彼女も貴方も満足できる費用対効果の高いものでありたいものです。それでは、また。

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック、合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す