• QOOL
  • ファッション
  • スマートカジュアルとは?大人の男性が知っておきたいドレスコードをご紹介

スマートカジュアルとは?大人の男性が知っておきたいドレスコードをご紹介

北海道札幌市出身 20代後半の女性ライター

スマートカジュアルを指定されたとき、どんなコーディネートをすればいいのか、戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。

日常的にスマートカジュアルをすることはないはずです。言い換えれば、スマートカジュアルをするということは、それ相応の非日常的なシーンに赴くときだといえます。

もしかしたら、とても大切な会食かもしれません。誕生日をむかえた彼女のための高級レストランかもしれません。スマートカジュアルで失敗するわけにはいきません。

ここでは、大人の男性が知っておきたいドレスコード「スマートカジュアル」についてご紹介します。

スマートカジュアルとは?

スマートカジュアルというフレーズをさかのぼると、およそ95年前のアメリカ・アイオワ州で発刊されていた新聞までたどりつきます。

袖無しのドレスに、3/4丈程度のオーバーブラウス、さらにスモックを合わせたような、外出の装いと解釈されます。すぐにできる着こなしであり、かつスマートカジュアルを印象付けるものです

そこではこのように説明されています。

そこから、アメリカ国内ではいっきにスマートカジュアルというフレーズが浸透しました。20世紀をむかえてからは、ドレスコードのひとつとして認識されています。カジュアルスタイルのうち、上品な着こなしをしたものといえるでしょう。

ドレスコードとは?

ここで「ドレスコード」について説明します。ドレスコードとは服装規定ともいわれるものです。TPOに相応しいフォーマルな装いをすることだといえます。

例えば、めでたい結婚式なのに上下スウェット、喪に服しているのにパステルカラーのドレスだったらどうでしょう。会場で浮くのはもちろんですが、相手に対して失礼になることはいうまでもありません。

フォーマル(正装)

ドレスコードにおいて、モーニングコートにベストを着込むような装いをフォーマル(正装)といいます。限られたシーンでしか指定されることはありません。

セミフォーマル(準正装)

セミフォーマル(準正装)は結婚式に相応しいものです。燕尾服のようなフォーマルは新郎がするべきでしょう。きちんとタキシード、あるいはディレクターズスーツを着用します。

セミフォーマルをする機会はそれほどないかもしれません。ですが、大人の男性としてきちんと一式を揃えておくべきでしょう。

インフォーマル(略礼装)

平服指定の場合は、このインフォーマル(略礼装)といわれるものになります。落ち着いた色合いのスーツとタイドアップです。このタイドアップとは「ネクタイをしめること」を意味しています。

インフォーマルというように、場合によっては正式な場面に対応できない服装でもあります。

スマートカジュアル

フォーマル、セミフォーマル、インフォーマル、そしてもっともラフなドレスコードがスマートカジュアルになります。幅広いシーンで指定されるコーデです。したがって、一概には「このようなシーンで」と限定することが難しいと言わざる得ないでしょう。

例えば、高級レストランで食事をするとき、ミュージカルを観劇するとき、なおがあげられます。

裏を返せば、非常に曖昧なドレス・コードであるがゆえ、ドレス・コードでありながらフォーマルには相応しいといえないものでもあります。

スマートカジュアルの着こなし

スマートカジュアルでドレス・コードを対応するとき、どのような着こなしをすればいいのか見当がつかず、悩んでしまうかもしれません。

いつものビジネススーツじゃいけないのだろうか。ビジネススーツをちょっとおしゃれにしたらいいのではないのだろうかと疑問を抱いていることもあるでしょう。

ここから、スマートカジュアルの具体的な着こなしをご紹介していきます。

スマートカジュアルは ジャケット×パンツ がマスト

スマートカジュアルにはジャケット×パンツがマストです。一般的には「ジャケパンスタイル」ともいわれているものです。

スマートカジュアルの定義はとても曖昧なものです。ですが、ジャケットとパンツというコーディネートであれば、まず問題になることはないでしょう。インナーをどうするのか、シューズをどうするのか、そこに焦点がしぼられていきます。

気をつけたいのは、ジャケットとパンツの組み合わせです。上下をそろえてシルエットが綺麗になるようにデザインされたものもあれば、組み合わせができるように配慮されたものもあります。購入する時点から、セットだとコーディネイトを難しく考えなくていい、セットになっていないほうが着まわしができておしゃれを楽しむことができるなど、着こなしをイメージするのがおすすめです。

かっこよく着こなすのにはサイズ感を意識することが大切です。女性からみると、男性は「大きめの服を選びがち」です。普段のカジュアルならそれでいいでしょう。ニットプルオーバーやチノパンはある程度余裕あったほうがしっくりときます。ですが、ジャケットとパンツはそうはいきません。窮屈さを感じるかもしれませんが、ジャストサイズがベストです。

肩幅がぴったりとあっているかどうか、パンツが余り過ぎていないかどうか、きちんと確認するようにしましょう。自分で選ぶのが難しいのであれば、ショップスタッフに相談するのがおすすめです。プロの目線で見立ててくれます。

スマートカジュアルのインナーはTPOによる

スマートカジュアルで悩みどころとなるのがインナーでしょう。襟付きのシャツにするべきか、それともちょっとカジュアルな襟なしのVネックにするべきなのか。どちらを選ぶかによって、雰囲気も変わってきます。

スマートカジュアルを指定するレストランのほとんどでは、襟なしのVネックで問題ありません。スマートカジュアルであっても、フォーマルな場所であるのなら、襟付きシャツが無難だといえます。高級レストランをデートで利用するのなら、おしゃれな襟なしVネックがいいかもしれません。

スマートカジュアルのインナーはTPOで判断すると失敗しにくいでしょう。

スマートカジュアルに対応できるシューズとは

 スマートカジュアルでは革靴がマストです。そのうち、ストレートチップ、ウィングチップをチョイスすることをおすすめします。フォーマルなシーンに対応できるシューズだといえるでしょう。

カジュアルな雰囲気を演出したいのであれば、モンクストラップ、ローファーがおすすめです。

 寒冷地で積雪がある場合、革靴だと歩きにくいかもしれません。おすすめしたいのがチャッカブーツです。スラックスでも違和感がない、スマートなブーツです。

スマートカジュアルにあうコートとは

 真冬のスマートカジュアルをするときはコートを着込まなければなりません。スマートカジュアルにはデザインよりも「モノトーン」であることがおすすめです。ブラック・ネイビー・グレーなどのカラーをチョイスします。

デザインはチェスターコート、あるいはシングルコートが無難です。Pコート、ダッフルコートもかっちりしたものであれば相応しいでしょう。

春先、秋口におすすめなのは、断然トレンチコートです。ブラック、ネイビーはもちろん、ブラウンカラーのものもおすすめです。

防寒具としてマフラー・ストールもいいでしょう。ですが、カジュアルなニット帽は適切ではありません。

スマートカジュアルのNGパターン

スマートカジュアルで「これはNG」というパターンがわかっていれば、あらかじめ気をつけておくことができるはずです。ここではNGパターンをわかりやすく解説していきます。

カジュアルすぎるTシャツ

飲食店によってはスマートカジュアルだと判断されることもありますが、カジュアルすぎるTシャツは基本的にNGです。TシャツでNGなのですから、いうまでもなくタンクトップはありえません。

ハーフパンツ

夏場だからといってハーフパンツはスマートカジュアルに適しません。カジュアルなシーンであれば、ジャケットとの組み合わせでハーフパンツもありだといわれることもありますが、あくまでその会場によりけりです。

サンダル・スニーカー・アウトドアシューズ

旅先だからといって汚れたスニーカーをはいていたり、暑いからといってサンダルをはいていたり、豪雪だからといってアウトドアスーズをはいていたりしたら、飲食店に入店できないなんてこともあるかもしれません。店舗・会場付近で履き替えるようにしましょう。また、レザースニーカーの場合、許容範囲とみなされることもあります。

最後に

大人の男性だからこそ知っておきたいスマートカジュアル。クリスマスにはスマートカジュアルでおしゃれをして、彼女をエスコートしたいものです。もしかしたら、年始年末、彼女のご両親に挨拶をするなんてこともあるかもしれません。

フォーマルでなかったとしても、きちんとした服装をしたいときに参考にできるでしょう。どんなシーズンでもスマートカジュアルができるよう、一通り揃えておきたいものです。

 

関連記事一覧