日本版コールドケースが話題 本家コールドケースの魅力をご紹介!

北海道札幌市出身 20代後半の女性ライター

日本版コールドケースがおもしろいと話題になっています。

Dlifeにおいてシーズン1が放送開始されるとともに、そのおもしろさから話題騒然となったことは記憶に新しいでしょう。シーズン2でもそのおもしろさが衰えることはありません。

おみやさんさながら、未解決となっている凶悪犯罪・通称「コールドケース」を取り扱うスペシャリストチームが再調査していくストーリーです。

現在パート・過去パートがはっきりとわかれており、過去パートでは当時のヒットチャートがバックラウンドとなっているのも魅力です。

 実はこの新感覚サスペンスドラマ、本家本元はアメリカCBSのコールドケースです。日本国内でも放送されています。これまでにはない演出に海外ドラマに精通しているマニアも脱帽しました。

ちなみに、日本版制作にあたって、アメリカワーナー・ブラザーズからフォーマット権を獲得していることから、より本家本元を意識することができるようです。

ここでは、日本版コールドケースをより楽しむべく、本家コールドケースの知っておきたい魅力とおすすめエピソードをご紹介します。

ワーナー・ブラザーズ制作 コールドケースとは?

 コールドケースの初回放送は2003年までさかのぼります。アメリカ建国の地として知られるフィラデルフィア、そのフィラデルフィア市警殺人課の女性刑事であるリリー・ラッシュが主人公です。

コールドケースチームメンバーも個性的な面々がそろっています。

当初は反発しあいながらも信頼関係を結ぶ相棒・スコッティ・ヴァレンズ、チームメンバーの父親的な存在であるジョン・スティルマン、いつもおだやかなベテラン・ウィル・ジェフリーズ、軽薄な印象ながら実は人一倍お人好しなニック・ヴェラなど……それぞれの能力によって未解決事件を解決していきます。

メンバーたちの過去が事件とともに浮き彫りになっていくのも見所のひとつです。複雑な家庭環境に生まれ育ったリリー、統合失調症を抱えていた恋人を亡くしたスコッティ、過去にレイプされた実娘に負い目があるジョン、交通事故死した妻の存在を忘れられないウィル、高校時代の恋人と再開して妻に愛想をつかされるニック……登場人物の生まれ育った背景や複雑な人間関係が物語をよりおもしろいものにしていきます。

登場人物たちのバックグラウンドがあるため、作中の何気ないセリフのひとつひとつに説得力があるといえます。

各話BGMは事件当時のヒットチャート。伝説の歌姫・マドンナ、ボブ・ディランのバックバンドだったザ・バンド、ロックンローラーのボブ・シーガー、ジム・モリソンを中心としたドアーズ、世界中から愛されるビートルズ、熱狂的なファンに支持されるボン・ジョヴィ、そして最終シーズンの最終話を飾るザ・ローリング・ストーンズ。どれもこれも、一度は聴いたことがあるミュージックばかりです。

シーズン7まで放送された人気サスペンスとして、アメリカのみならず世界各国で支持されている作品です。

コールドケースのスタンツは「一話完結」

 コールドケースのスタンツは「一話完結」。一話完結もある程度「テンプレ」になっているのが特徴です。

ヒットチャートをバックミュージックに事件が起こるまでの様子が描かれ、事件発生直後に転じます。

そこから、コールドケースとなった現在で再捜査するきっかけとなる出来事が起こり、チームメンバーたちが捜査をはじめます。

当時の関係者の調査をおこないながら、時に当時の回想シーンを交えながら、解決の緒を探っていきます。そしてヒットチャートとともに、犯人が連行されていきます。

チームメンバーの誰かが「closed(解決)」と記載されたボックスをしまってエンディングをむかえます。

実際に視聴して厳選したおすすめエピソード

 ここからは実際に全シーズンを視聴してみて、特に印象的だったエピソードを厳選してご紹介します。印象に残ったポイントを解説しながら、事件の核心には触れていないので、ぜひその結末を視聴してみてください。

シーズン5 第3話 【儀式】

参照:something more

アメリカにはアーミッシュといわれる、アメリカの古典的な生活をしている人々がいます。そのこどもたちは16歳になると「ラムスプリンガ」をむかえ、俗世体験のために都会での生活を送ります。

このラムスプリンガをむかえたアーミッシュの少女・サラがリリーたちのもとを訪れました。ラムスプリンガのため都会で生活をしていた姉・アンナから手紙が途絶え、行方がわからなくなってしまったため、捜査をしてほしいというものでした。

身元不明遺体を調べてみると、失踪年月日と身体的特徴からアンナであるものが発見されます。ラムスプリンガでアンナと一緒に行動していたアーミッシュのレイチェルにも聞き込みをおこない、滞在していたケンジントンで何が起こったのかを突き詰めていきます。

わかってきたのは、アンナがケンジントンの現代的な生活に馴染んでいたということ、ラムスプリンガでアーミッシュであることを捨てた幼馴染・ジェイコブのもとにいたこと、地元の不良であるヴィンスと仲良くなったことです。

そこからアンナ・レイチェルの行動を追っていくことで、事件の核心がみえてきます。コールドケースでは比較的近代の事件を取り上げているのにも関わらず、アーミッシュの古典的な生活が垣間見える、不思議な映像体験も魅力のエピソードとなっています。

ラムスプリンガではじめて都会を知ったアンナが、アーミッシュのドレスを破り捨てるシーンは男女ともに釘付けになるはずです。

BGM Breakaway (ケリー・クラークソン)

アメリカン・アイドルでトップアイドルという夢をつかんだ、ケリー・クラークソンが自分自身について歌い上げています。田舎で生まれ育ち、都会へと飛び立つというその歌詞は、アーミッシュのアンナに重なります。

シーズン5 第7話 【火星人襲来】

参照:IMDb

1983年10月に行方不明になった女性のコールドケースです。衝撃的なタイトルですが、当時のアメリカでは実際に火星人が襲来するといわれ、人々がパニックになっていました。

再調査のきっかけはフィラデルフィアのある井戸から死後50年以上が経過した白骨遺体が発見されたことです。遺留品から行方不明となっているオードリー・メッツであると判明します。

わかりやすくいうと、ちょうど世界恐慌の時代です。証言者として登場したオードリーの息子・ロバートは世界恐慌で失業していた父親が世間体を気にして求職活動をしなかったため、生活が困窮していたのにも関わらず、水商売でどうにか生活をしようとした母親を罵倒し口論が絶えなかったといっています。

生活のためにオードリーは「タクシー」というダンサーになります。男性客と1回のダンス料金と引き換えに踊るのです。当時のダンサー仲間の証言から、「ウィル」という親しい関係の男性客がいたことがみえてきます。

世界が終わるとき誰と一緒にいたいのか。この究極の愛の選択こそがオードリー殺人の鍵を握っています。そして事件解決とともに、視聴者にも本当に大切な存在について考えさせられます。

実際に、当時のアメリカでは宇宙戦争で知られているオーソン・ウェルズが手がけたラジオドラマ「火星人襲来」によって、現実に火星人が襲撃するのだと逃げ惑っていました。その当時のリアルな混乱ぶりも見ものです。

BGM Always (フランク・シナトラ)

世界的なジャズシンガーであるフランク・シナトラのAlways。タクシーダンサーをしていたオードリーと彼女をみているだけだったウィルが出会ったとき、その場でかかっていた音楽です。そしてAlwaysに合わせてラストダンスを踊っています。

シーズン7 第5話 【女性飛行士】

参照:IMDb

フィラデルフィアの貯水池から引き上げられた、第二次世界大戦中の戦闘機・マスタング。そこから白骨化した女性操縦士の遺体が発見されます。当時、女性飛行部隊に所属していたヴィヴィアンであることがわかります。

機体からはなぜかスカートとハイヒール。墜落原因はオイルラインと冷却ラインの取り違えでした。

もともとは飛行機で農薬を散布していたヴィヴィアンは、その腕前から女性飛行部隊に引き抜かれます。ノースカロライナに機体を送り届けるはずが、なぜか北部・フィラデルフィアで発見されたのです。

当時同室であった元・女性飛行士であるペティ・ジョー・ヘンダース、トラブルの挙句にヴィヴィアンが飛行機訓練の指導をおこなった飛行士・ウルフ、ヴィヴィアンの教官であり実兄であり恋人でもあったフランク……ヴィヴィアンを取り巻く状況が浮き彫りになってきます。

当時の軍内部の複雑な事情が絡み合うのが、このエピソードの魅力です。さらに、時事ネタでもあり、放送当時オバマ大統領が女性飛行士たちに対して勲章を授与しています。

BGM You’ll Never Walk Alone (マーサ・ティルトン)

女性ジャズボーカリストとして知られているマーサ・ティルトンの代表曲です。嵐の向こうがわには黄金の空とひばりの甘やかなさえずりが待っている、だから風の中でも雨の中でも歩こうという歌詞は、まさに女性飛行士しての夢を追いかけた、ヴィヴィアンそのものだといえるでしょう。

最後に

日本版が話題になっているコールドケース。オリジナルを視聴すると、どうしてこれだけ話題になるのかわかるはずです。

斬新な演出もさることながら、当時・現在の時事ネタを盛り込んでいること、当時のヒットチャートをBGMにしていることで、最終シーズン放送終了から10年が経過しても視聴者を魅了してやみません。

日本版・海外版を比較しながら、コールドケースを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧