• QOOL
  • ライフスタイル
  • 電球が天気予報アプリに変わる!「TeNKYU(テンキュウ)」のクラウドファンディングが開始した

電球が天気予報アプリに変わる!「TeNKYU(テンキュウ)」のクラウドファンディングが開始した

30代。仕事と恋愛に邁進中の中堅ライター

折角スマートスピーカーを買っても、対応家電商品の少なさにがっかりしている人は多いはず。そんな方々に耳寄りの商品が飛び込んできました。なんと、電球が天気予報アプリに変わる「TeNKYU(テンキュウ)」がクラウドファンディングサイトに登場した模様。早速、調査して見ました。

天気予報アプリTeNKYUの概要

出典:TeNKYU(テンキュウ)

原理は電球本体に「天気予報アプリを直接認識」させると言うもの。操作には、スマートホン(*アプリのインストールは要)もスマートスピーカーも必要としません。では、どの様に作動するのでしょうか?

放置していても勝手に知らせて天気を知らせてくれる

TeNKYU(テンキュウ)は取り付けが完了すれば、こちらが何か働きかけなくても「光」が、その日の天気を教えてくれる様です。例えば、雨は赤・晴は白など信号の様に、色が変化して教えてくれます。例えば玄関先に取り付ければ、出がけに電球の人感センサーがあなたの気配を察知。傘やレインコートが必要か否か?判断してくれます。「このシンプルさ。私は嫌いじゃありません。」

既存のソケットに差し込むだけのプラグ・イン・プレイ型

操作が簡単なもの程、設置が複雑になりがちなのは世の常。しかし、TeNKYU(テンキュウ)は、既存の電球と交換するだけ。ソケットにプラグインで全て完了です。また、特別なメンテナンスは必要ない様です。詳細は、プロモーションビデオでご確認下さい。

開発コンセプトもユニーク

TeNKYU(テンキュウ)の開発者 菅英規氏は、出演したラジオ番組で以下の様に語っています。

  1. 忘れものなどを玄関先でリマインドしてくれるもの
  2. 操作が一切不要
  3. 正確な情報

上記、3つの目的を実現できるものを開発したかった。
人感センサー・カラーLED電球を選んだのも、同じく3つの理由からとの事。「余計なことはしない」と言うポリシーが明確です。

  1. 電池交換不要
  2. 玄関先に余分なスペースを増やさない
  3. 設置工事不要

こういうわかりやすい理由で開発されたものが、大ヒットするんですよね。「菅さん。ファイトです!!」

出典:TeNKYU(テンキュウ)

 

二の矢・三の矢と続く関連商品も上市化予定

この天気予報で開発した技術を転用した「高齢者の見守りアプリ」「防犯アプリ」「民泊運営者向けの入退室管理アプリ」等も、商品化を進めているとの事。何も、玄関先のお役立ちアイテムですね。

「TeNKYU (テンキュウ)」には既に受賞歴も

出典:TeNKYU (テンキュウ)

「TeNKYU (テンキュウ)は、既にツクルバ×IBM×トーマツが仕掛ける、渋谷発のベンチャー・スタートアップピッチイベントsprout 2016」で最優秀賞とIBM特別賞を受賞されています当時から、ビジネスコンセプトが評価されていたと言う事なのでしょう。うーん素晴らしい!

気になるTeNKYUの価格は?

クリックで応募サイトへ

さて、満を持して登場したTeNKYU (テンキュウ)ですが、購買型クラウドファンディングサイトのMakuakeで、既に2018年12月3日より、募集が始まっています。

makuakeでの募集概要

4900円コース

(限定100名 超早割 50%OFF)

TeNKYU 1台
5800円コース

(限定400名 早割 40%OFF)

TeNKYU 1台
6800円コース

(Makuake限定割引 30%OFF)

TeNKYU 1台
9800円コース

(限定50名 超早割 50%OFF)

TeNKYU 2台
58000円コース

(限定20名法人向け 40%OFF)

TeNKYU 10台

驚くほどのお値段ではありませんでした。早速、私も申し込ませていただきたいと思います。皆さんも、ご一考の価値ありと思われたのではないでしょうか?それでは。
■開発会社概要
株式会社TeNKYU(テンキュウ)
所在地: 東京都渋谷区渋谷3-26-16-5F
代表者: 菅 英規
設立: 2016年6月
http://tenkyu.net

関連記事一覧