• QOOL
  • ライフスタイル
  • 芥川賞受賞作「コンビニ人間」が、ニューヨーカー誌の「ベストブック2018」に選出。受賞理由と映像化の可能性は? 

芥川賞受賞作「コンビニ人間」が、ニューヨーカー誌の「ベストブック2018」に選出。受賞理由と映像化の可能性は? 

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニックを紹介して行きたいと思います。

2018年12月6日に、海外から嬉しいニュースが飛び込んできました。2016年に芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの「コンビニ人間」(英訳版)が米国の有名雑誌ニューヨーカーが選ぶ今年の「ベストブックス2018」に選出されました。早速、受賞理由と映像化の可能性を調べて見ました。

「コンビニ人間」をおさらい

出典:Amazon

作者:村田 沙耶香 氏(1979年–)
芥川賞の他、群像新人文学賞、野間文芸新人賞、三島由紀夫賞を受賞。受賞当時は実際にコンビニで週3回働いていたという。
初出: 『文學界』2016年6月号
出版社: 文藝春秋
単行本売上:100万部(2018年10月調べ)

「コンビニ人間」のあらすじ

コンビニ人間のあらすじを許諾の範囲内で記載します。当たり前ですが、面白いので是非ご一読ください。

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。 「BOOK」データーベースより

芥川賞選考委員による評価(抜粋)

出典:Amazon

「コンビニ人間」を高く評価したのは、私が愛読する作家諸氏。個人的には、非常に羨ましいです。

山田詠美氏「コンビニという小さな世界を題材にしながら、小説の面白さの全てが詰まっている。十年以上選考委員を務めてきて、候補作を読んで笑ったのは初めてだった」
村上龍氏「この十年、現代をここまで描いた受賞作は無い」

ニューヨーカー誌とベストブック2018とは

さて、ベストブック2018を主催するニューヨーカー誌とはどんな雑誌なのでしょうか?

出典:The New Yorker

ニューヨーカー誌の概要

  • 正式名称:ザ・ニューヨーカー(The New Yorker)
  • VOGUEやGQなどと同様に、コンデナスト社が発行する米国の文芸雑誌。
  • 1925年の創刊当初は週刊誌であったが、現在は毎年47冊の刊行に変更。
  • 創始者は『ニューヨーク・タイムズ』のレポーター、ハロルド・ロスと妻のジェーン・グラント
  • ルポルタージュ、批評、エッセイ、風刺漫画、詩、小説などのジャンルを主として掲載。
  • ニューヨーカーの語源は、米国最大で最もクールな都市「ニューヨーク」の住人の視点からセレクトしたと言う意味。
  • パーカー,サーバー,E.B.ホワイト,J.D.サリンジャー,カポーティ,アップダイクら,ニューヨーカー派の洒脱な作家も輩出させている。
  • 村上春樹氏の英訳作品が複数回掲載されたことでも有名。

ベストブック2018とは

出典: The New Yorker

ニューヨーカー誌が毎年末に開催する栄誉ある賞で、2018年度は、「コンビニ人間」を含む、9作品がセレクトされました。

選考理由を原文から辿ってみると?

選者:Katy Waldman氏
出典:The New Yorker

ベストブック2018の傾向

The New Yorkerの公式webサイトによると、今年の選考傾向はこう書かれていました。

Each of these titles represents an energizing alternative to the ripped-apart illogic of our contemporary reality.

抄訳してみると、

「現代社会で引き裂かれ乖離しつつあるthe ripped-apart illogic of our contemporary reality非主流の生きかたをしている人々を勇気付ける作品energizing alternative)を選考した」

出典:The New Yorker (↑それにしても英語版の表紙は、可愛いです。)

と言う意味になるでしょうか。正に、「コンビニ人間」のテーマにぴったりですね。

「コンビニ人間」の映像化はあるのか?

コンビニ前で撮影された村田沙耶香氏
出典:The New Yorker

ミリオンセラー達成。そして、翻訳出版。それだけでも大変なのに、栄誉ある賞まで受賞。次に来るのは、映像化になるでしょう。初出以来、インターネット上では、映像化を望む声が多くありました。今回の受賞で、更にそのボルテージが上がるものと思います。個人的には、安藤サクラさん主演で是非見たいと思います。(朝ドラの主演女優だから、もう無理かな?)
最後に、村田沙耶香さんの受賞を心から祝福いたします。
「本当におめでとうございました。」

関連記事一覧