30代40代メンズ必見。女性ウケ抜群のサンタマリアノヴェッラおすすめ7選

30代40代メンズ必見。女性ウケ抜群のサンタマリアノヴェッラおすすめ7選

世界最古の薬局として知られるサンタ・マリア・ノヴェッライタリア・フィレンツェで誕生し、今もなお多くの人に愛され続けるブランドです。

男女問わずユニセックスで楽しめるのもサンタ・マリア・ノヴェッラの特徴で、定番人気の香水やポプリをはじめヘアケアやボディケアに至るまで、幅広いラインナップも魅力的。今回は「大人メンズが使いたいサンタ・マリア・ノヴェッラ」おすすめ7選をご紹介します。

男性香水

サンタマリアノヴェッラの香水(オーデコロン)

他にはない独特の香りが、人を惹きつけてやまないサンタ・マリア・ノヴェッラの香水シリーズ。男女問わずファンが多いブランドゆえ「この香りにうっとりしちゃう」女性は少なくないはず。

ちなみに、サンタ・マリア・ノヴェッラのオフィシャルページには、香水ではなく「オーデコロン」と表記されています。ここで香水についてプチ雑学を。

サンタマリアノヴェッラの香水

オーデコロンとは。香水とは何が違う?

パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、どれも一度は聞いたことのある言葉。それぞれ違いはありますが、日本では総称して「香水」と呼ぶことが多いんです。それぞれ何が違うのか?ざっくり説明すると、

  • パルファム   :香料濃度30%程/持続時間6時間前後
  • オードパルファム:香料濃度15%程/持続時間6時間前後
  • オードトワレ  :香料濃度10%程/持続時間4時間前後
  • オーデコロン  :香料濃度5%程/持続時間2時間前後

香料の濃度や持続時間の違いによって呼び方が変わるようです。

それでは本題へ!

メンズにおすすめ1. Cuba(キューバ)

調合されている各エッセンスの原産地にちなんで「キューバ」と名前が付けられたオーデコロン。甘くドライなシガーの香りが特徴で「これぞ男」なフレグランス。女性を口説くときは是非こちらを。

 詳細はこちら

メンズにおすすめ2. Tabacco Toscana(トバッコ・トスカーノ)

キューバ同様、こちらもシガーの葉をベースに作られたフレグランス。ウッディかつスパイシーな香りで、バニラやムスクなどの甘さもあり、女性ウケ間違いなし。色気を感じさせるコロンです。


詳細はこちら

香水とあわせて使いたいメンズグルーミングアイテム

モテる男のお髭事情大人のオトコたるもの、メンズコスメも気を抜くなかれ!ここでは、シェービング&スキンケアにおすすめの2アイテムをご紹介。

サンタマリアノヴェッラ メンズ ソープ ポプリ

サンタマリアノヴェッラ メンズ ソープ ポプリ

メンズにおすすめ3. Schiuma da Barba(シェービングフォーム)

植物成分配合でお肌に優しいシェービングフォーム。キメの細かい泡タイプで手間もかからず、保湿もカバーしてくれます。ノンアルコールエマルジョンとの併用がおすすめです。


詳細はこちら

メンズにおすすめ4. Emulsione Analcolica(ノンアルコールエマルジョン)

アルコールフリーで、髭剃り後のお肌をさっぱりと引き締めてくれるアフターシェーブエマルジョン(敏感肌・乾燥肌用)。少量を手に取り、軽くマッサージしながら顔になじませるのが使い方のポイント。


詳細はこちら

香水だけじゃない!車やクローゼットにはポプリを

見えない身だしなみ=香りは、カラダだけに限りません。女性は特に匂いに敏感!車や自宅の部屋など、あらゆるシーンで「さり気なく香る仕掛け」を用意しておきましょう。

メンズにおすすめ5. Tavoletta di cera Pot Pourri(タボレッタ ポプリ)

板状なので場所を問わず使いやすいのが、このタボレッタシリーズ。自然に優しく香ってくれます。


詳細はこちら

クローゼットや引き出しに入れやすいのがサシェタイプ。玄関やリビングなどで使う場合は、インテリアに馴染ませながらお気に入りの陶器やオブジェにセットするのが◎


詳細はこちら

テラコッタの壺タイプも可愛いですよ!(ポプリ入り)


詳細はこちら

女性へのプレゼントにも

老舗ブランドならではの安心感と、シンプルながらも品のあるビジュアル。性別問わず根強い人気のサンタ・マリア・ノヴェッラは、女性へのプレゼントにもおすすめです。

プレゼントにおすすめのタボレッタ
詳細はこちら

普段使いにも贈り物にも、目には見えないもの(香り)だからこそ、本当に良いものをチョイスしたいですよね!

ココもCHECK!

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルからファッション系広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ファッションライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す