【おすすめスーツケース】素材は?機能は?サイズは?ポイントをご紹介

スーツケースを購入する機会はどのくらいあるでしょうか。頻繁に購入するものではないでしょう。だからこそ、これから活用していくためにも、自分にとってベストなものを選ばなければなりません。

こんなスーツケースがほしい。だいたいのイメージはあるのではないでしょうか。ですが、具体的にどのようなポイントに焦点をあてて選んだらいいのかまではわからないはずです。

スーツケースは素材・機能・サイズなどのポイントをおさえて選ぶべきです。

そこで今回は、スーツケースの選び方をご紹介します。

スーツケースでこだわりたい〈素材〉のポイント

海外出張だから頑丈なスーツケースがほしい。国内旅行だから軽量・コンパクトなスーツケースがほしい。スーツケースの強度・重量はスーツケースの素材に影響されます。

耐久性を重視するのであれば、ハードタイプがベストです。ABS素材のものは頑丈だといえます。強化プラスチック素材といわれているものです。自動車・住宅建材・家電製品にも活用されています。他にも耐久性がある素材として、プラスチック最高度の強度を誇るポリカーボネート、耐久性抜群のアルミニウムなどの素材のものもおすすめです。

では、軽量なソフトタイプなものはどのような素材なのでしょうか。ナイロン製のものがあげられます。わかりやすくいうと、見た目にも布製であることがわかるものです。軽量・低価格・デザイン豊富と三拍子揃っていますが、いうまでもなく強度はありません。

フレームタイプとファスナータイプ

フレーム部分がアルミになっているものを「フレームタイプ」、フレーム部分がファスナーになっているものを「ファスナータイプ」といいます。スーツケースの素材は開閉部分にもおよびます。

セキュリティーを意識するのであればフレームタイプでしょう。海外渡航が頻繁であれば、フレープタイプが安心です。機内に持ち込めないアルコール、あるいは香水などを購入する場合、保護できるフレームタイプがおすすめです。

国内の移動が中心であれば、ファスナータイプでいいでしょう。開閉がしやすい、軽量であるというメリットがあります。ファスナータイプのほうが容量もあります。

スーツケースでこだわりたい〈機能〉のポイント

TSAロック搭載

アメリカ運輸保安局が認めた〈鍵〉をTSA(Transportation Security Administration)といいます。スーツケースにTSAロック搭載というものがあります。これは、アメリカ合衆国において、セキュリティーチェックで鍵をかけたまま預けてしまい、かつその場にいないとしたとき、鍵を破壊して内容物を確認されることがあります。TSAロックは専用の機材で鍵を外すので、抜き打ちであっても破壊されずにすみます。もし、アメリカ(ハワイ・グアム・サイパン・アラスカなどを含む)に渡航するのであれば、TSAロック搭載をおすすめします。

キャスター・キャリーバー

スーツケースのキャスターは、おおむね2輪・4輪のいずれかになります。階段であっても上り下りがしやすいのは2輪です。小回りを重視するのであれば4輪でしょう。空港内を移動するときもスムーズです。舗装されていない路面であったり、段差ばかりであるのなら、2輪がベストです。また、Wキャスターというものもあります。2輪・4輪、それぞれの特徴を持ち合わせています。

また、購入時に確認を怠りがちなキャリーバーも確認しておくべきです。身長によって、ベストな持ち手の長さが違ってきます。調整できなくても、それがジャストであればかまわないかもしれません。もしも家族・友人・恋人と使い回すことがあるのであれば、なおさらキャリバーが調節できるものがいいでしょう。

収納力

スーツケースによって収納力も違ってきます。この収納力は単なる容量ではなく、どれだけ収納しやすいように配慮・工夫がされているかということも含めたものです。

例えば、ポケット・ファスナーによって小物を分類しやすくしている、ラップトップパソコンを収納できるようになっている、2枚しきりになっていて内容物の崩れを防ぐことができるといったことがあげられます。

パソコンをはじめとした電子機器は、手荷物検査で出さなければなりません。なかなかスーツケースから取り出せずに慌ててしまったという経験もあるかもしれません。どれくらい収納できるのかと同時に、自分がどのようなものを取りやすいか意識するといいでしょう。

スーツケースでこだわりたい〈サイズ〉のポイント

コンパクトなサイズのスーツケース、LCC機内持ち込み可能サイズのスーツケース、とにかく大容量なスーツケース。スーツケースのサイズも様々です。いったい、どのような基準でスーツケースのサイズを判断したらいいのでしょうか。サイズ選びのポイントをおさえておきましょう。

1泊〜2泊は25Lの容量が目安になります。成人男性のひざまであるかないかというくらいのコンパクトサイズです。このくらいだと機内に持ち込めるのは当然、300円コインロッカーにもおさまります。コインロッカーにスーツケースをおいて、あちこち観光したいのであれば、このくらいのサイズがいいかもしれません。

2泊〜3泊は26L〜40Lくらいがいいでしょう。LCC機内に持ち込めるのもこのくらいのサイズです。男性の太ももくらいのサイズだとイメージしやすいはずです。
3泊〜5泊になると41L〜60Lくらいがいいでしょう。成人男性の腰まであるかないかくらいのサイズです。5泊〜7泊であれば、さらに大容量な61L〜80Lくらい、またはそれ以上でもいいでしょう。

サイズとは関係ありませんが、サイズがクリアできても、重量オーバーで機内に持ち込みができなくなることもあるので、機内持ち込みを意識してスーツケースを選ぶ場合は、重量も検討する必要があることを念頭においておくべきです。

素朴な疑問 スーツケースとキャリケースの違いって?

あまり意識したことがないかもしれませんが……スーツケースとキャリーケースの違いとはなんなのでしょうか?どちらも思い浮かぶのは「スーツケース」ではないでしょうか。

もともとはルイ・ヴィトンのオーダーメイド「トランク」だったそうです。トランクにスーツケースを収納できたことでスーツケースになったといいます。

キャリーケースはそのとおりの「運ぶための入れ物」です。キャスターがついていることが前提です。スーツケースだともともとはトランクボックスであったため、英語圏ではキャスターがついていないイメージもともなうようです。

ですが、現在ではおおむね、日本ではスーツケースもキャリーケース同様のものであると解釈できます。

〈サイズ別〉おすすめのスーツケースをピックアップ

〜25リットル

ace.GENE スーツケース スクエアワン 25L 2.8kg

参照:amazon.co.jp

ポリカーポネート100%によって、強度・耐久性・軽量を実現したコンパクトスーツケースです。無駄のないスタイリッシュなデザインは、ビジネスにも活用できるでしょう。
[エースジーン] ace.GENE スーツケース スクエアワン 25L 2.8kg TSAダイヤルファスナーロック 05641 01 (ブラック)

Burton(バートン) WHEELIE FLYER 25L

参照:amazon.co.jp

衝撃吸収パットをそなえたラップトップ収納スペースが魅力的なスーツケースです。モノトーンのおしゃれなデザインは、男性にとってビジネスでもプライベートでも活用しやすいはずです。
[バートン] WHEELIE FLYER 保証付 25L 46cm 2.9kg 11610103002 002 TRUE BLACK

26L〜40L

Proteca(プロテカ)スタリアII 30.0L

参照:amazon.co.jp

日本国内の老舗メーカー「エース」のスーツケースです。スイッチでキャスターのストップ機能のオン・オフを切り替えることができます。適度な光沢が高級感を演出しています。

[プロテカ] スーツケース 日本製 スタリアII キャスターストッパー 機内持込可 30.0L 48cm 3.1kg 02461 04 アースグリーン

XDJ Life  Al-Mg A5182

参照:amazon.co.jp

メイドインドイツのアルミニウムマグネシウム合金のスーツケースです。まるで〈鎧〉のようにスーツケースの内容物をガードします。アルミニウムマグネシウム合金ですが、軽量化を実現しているのも特徴です。また、男性らしいスタイリッシュかつメタリックなデザインも魅力でしょう。

【XDJ Life】 アルミマグネシウム合金スーツケース 静音8輪・ダブルキャスター TSAロック搭載 フレームタイプ ドイツ製カバー付き 軽量 鏡面 機内持込 Al-Mg A5182 (Sサイズ(機内持込OK・2~3泊用・36L),ゴールド)

Proteca(プロテカ)レクトクラシックⅡ

参照:amazon.co.jp

無駄のないデザインながら、どこかクラシカルな雰囲気をまとっている、プロテカのスーツケース。フレームタイプなので海外旅行にもオススメです。

[プロテカ] スーツケース 日本製 レクトクラシックⅡ 67L 63cm 4.7kg 00751 07 ローズピンク

最後に

スーツケースひとつで旅行に充実度が変わるといっても過言ではありません。どれだけ効率よく荷物を持ち運ぶことができるかによって、肉体・精神への負担も違ってくるでしょう。だからこそ、スーツケースに妥協してはいけません。スーツケースについて知ったうえで、自分自身に相応しいものを選ぶようにしましょう。

この記事のライター

QOOL編集部

QOOLの公式アカウントです。クールな男性になるための情報を毎日お届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す