イギリス人オーナーによる話題の宿とニセコデートにおすすめのスポット3選

イギリス人オーナーによる話題の宿とニセコデートにおすすめのスポット3選

北海道の富士山(蝦夷富士)と呼ばれる羊蹄山が広がり、夏はトレッキングやカヌー、冬はスキーにボードと、年中アクティビティを楽しめる自然豊かなニセコですが、今回は食と宿にフィーチャーし、大人が楽しめるお泊まりデートプランをご紹介します。

何かと話題のニセコ事情

夏は避暑、冬はパウダースノーを求め、毎年世界各地から多くの人が集まる北海道の地といえば「ニセコ」。海外からの移住者も年々増え続け、ニセコは近年、驚くべき進化を遂げています。

不動産投資で1億円を超す高級コンドミニアムなどの建設が進み、クレーンがそびえる街並み。地価はどんどん上昇し、日本人がお手頃に買える金額ではなくなりました。

また、あの高級ホテル「ザ・リッツカールトン」もニセコに進出します(2019年10月竣工予定)。北海道初進出にもかかわらず、その地が札幌ではなく何故ニセコなのか?

バケーションを満喫できる世界のリゾート地として、国内外から訪れる富裕層の多さを見れば、それも納得です。

ニセコへのアクセス

車でのアクセス

  • 札幌から:国道230号経由 約120分
  • 千歳から:国道276号経由 約120分

JRでのアクセス

  • 札幌から:札幌駅→小樽駅→ニセコ駅
  • 新千歳空港から:新千歳空港駅→小樽駅→ニセコ駅

ニセコでおすすめの大人デートプラン

1. デートの始まりはSOMOZA(そもざ)から

2017年にオープンしたSOMOZA。後述する系列店の坐忘林(ざぼうりん)同様、イギリス出身のオーナーによるギャラリー兼レストランです。

驚くことに、SOMOZAの建物は移築によるもの。元は栃木県にあったという築150年の古民家を、遠路はるばるニセコまで運んできたんだとか。時を経て、趣の増す古民家の佇まいが北海道の自然に馴染み、ニセコに新たな息吹きをもたらせています。

地下にはギャラリーがあり、時期によって様々な展示を見ることができます。茶室のある2Fスペースも見所満載。レストランから見える景色も圧巻なので、デートにもってこいのスポットです。

SOMOZAでランチ

出典:http://somoza.jp/ja/

道内産の素材を使い、どれも丁寧に調理されたSOMOZAのランチ。旬の食材が使われ、コースも時期によって内容が異なります(ランチコースは一種類のみ)。落ち着きのある店内で、美しい景色を眺めながらいただくランチは、きっと彼女も大満足のはず。

  • 店名:SOMOZA(そもざ)
  • 住所:北海道虻田郡倶知安町花園78−5
  • 電話番号:0136-55-8741
  • 営業時間:
    <夏季営業期間(4月~11月)>
    営業日:金・土・日・祝
    カフェ:10:00~16:00
    ランチ:12:00~14:00
    <冬季営業期間(12月~3月)>
    営業日:月~土 (年末年始は日曜営業あり)
    カフェ:11:00~16:00
    ランチ:12:00~14:00
    ディナー:第一部 18:00~ / 第二部 19:00~

公式サイトはこちら

SOMZAでのランチを楽しんだあとは、いざ坐忘林へ!

2. センス抜群の温泉宿 坐忘林(ざぼうりん)へ宿泊 

坐忘林 は2015年にオープンした温泉宿。広大な原生林の中に佇むその光景は、まさに非日常です。わずか15室という客室にはそれぞれ、源泉掛け流しの内風呂と露天風呂があり、四季折々の景色を見ながらリラックスすることができます。

2-1. 坐忘林のオーナー ‘ ショウヤ・グリッグ氏 ‘

出典:https://zaborin.com/

坐忘林をプロデュースしたのは、イギリス出身ニセコ在住のオーナー、ショウヤ・グリッグ氏。その抜群のセンスとこだわりによって、オープン以来、海外のゲストはもちろん、日本人ゲストをも魅了し続けています。

フォトグラファーでもあるショウヤ氏は、陰と陽をテーマに宿の造りをディレクション。日本人が驚くほど日本を知り尽くし、その審美眼と抜群のセンスで創り上げた空間の設えに、今やリピーターも続出です。

出典:https://zaborin.com/

客室は大きく分けて、和室が6室・洋室が9室。
羊蹄山やアンヌプリを望めるお部屋から、原生林を目の前に落ち着いた雰囲気を堪能できるお部屋まで、見える景色も趣も客室によって異なります。

2-2. 坐忘林の夕食

出典:https://zaborin.com/

素敵な宿での素敵なお料理。独創的で芸術的でもある料理の数々に満足しない訳がありません!地元のお酒も楽しめるほか、ソムリエによるワインのセレクトで、ほろ酔い気分を味わってみてはいかがでしょうか。

  • 店名:坐忘林(ざぼうりん)
  • 住所:北海道虻田郡倶知安町花園76-4
  • 電話番号:0136-23-0003

公式サイトはこちら

3. 夜は一杯 Bar GYU+(ギュータス)へ

出典:https://www.facebook.com/BarGyuNiseko/

ニセコの名店と言っても過言ではないバー・ギュータス。オープンしたのは、まだまだ脚光を浴びる前のニセコ、今から十数年以上前のことです。

オープンは冬の間だけですが、期間中は海外客をはじめ、多くの人がここを訪れます。店内には音楽が流れ(レコードもずらり)ライブイベントがある日も。美味しいカクテルを片手に、デートを振り返るのもよし、音楽に耳を傾けるもよし、居心地の良い店内で異国情緒を味わってみてください。

  • 店名:Bar GYU+(ギュータス)
  • 住所:北海道虻田郡倶知安町山田167-21
  • 電話番号::+81 136-23-1432

公式サイトはこちら

おわりに

食事と温泉、そしてお酒と、大人デートにピッタリなニセコのデートコース、いかがでしょうか?いづれも、ニセコに行くなら一度は立ち寄っていただきたいスポットばかり。

もっと言うと、今話題のエリアなだけに知らなきゃ損!なスポットでもあるので、これを機にぜひチェックしてみてください。このデートプランなら、情報通の彼女からもきっと「さすがね!」のひと言が貰えるはずです。

<関連記事>北海道「富良野・美瑛」でドライブデート! おすすめスポット&グルメもあわせてどうぞ▽

北海道の春は、富良野・美瑛でドライブデート! おすすめスポット&グルメ

<関連記事>幻の北海道遺産「タウシュベツ川橋梁」もおすすめです▽

今、行くべき観光スポットは「タウシュベツ川橋梁」!幻の北海道遺産を訪ねるドライブプランのご紹介

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルからファッション系広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ファッションライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す