【今更聞けない2018年流行語】“ボーっと生きてんじゃねーよ!”とは一体何だ!

12月3日に恒例の日本流行語大賞2018が発表となりました。予想通りと言うか、オリンピック開催時に予測されていた通り「そだねー」が年間大賞に選出されました。しかし、9位の「ボーっと生きてんじゃねーよ!」って一体なんだ?と思われた方は多いはず。そこで、この言葉と関連する人気クイズバラエティー番組「チコちゃんに叱られる!」についてご説明いたします。

お年寄り程知っている“ボーっと生きてんじゃねーよ!”と“チコちゃん”

出典:NHK

私の祖母(75歳)にこの言葉について知っているかと?聞いたところ、「あの土曜の朝にやっているTV」と即座に、回答しました。対して、30代の上司は「…。」
TVに接することが多い高年齢層ほど意外に知っているこの言葉。実は、NHKが放送している人気クイズバラエティー番組「チコちゃんに叱られる!で語られる言葉です。

チコちゃんに叱られる!をおさらい

出典: NHKエンタープライズ

番組構成

「好奇心旺盛でなんでも知っている5歳」という設定の着ぐるみの少女・チコちゃんが、岡村隆史をはじめとする大人の解答者たちに、

  1. 素朴かつ当たり前過ぎてかえって答えられないような疑問を投げ掛け、
  2. 回答者が答えに詰まると、
  3. チコちゃんの顔がCGによって突然真っ赤になり巨大化し、
  4. 「ボーっと生きてんじゃねーよ!の言葉と共に叱られてしまい、
  5. その後専門家に取材をしたVTRを流して答えを掘り下げる

と言うフォーマットで構成されるテレビ番組です。
「ボーっと生きてんじゃねーよ!とは、即ち、番組の主人公チコちゃんが話す決めセリフです。

主人公“チコちゃん”とは何者だ?

出典:NHK

人物:好奇心旺盛でなんでも知っている5歳の女の子。
性格:毒舌で大人を小馬鹿にする。一言で言えば、小生意気でこまっしゃくれていておませ。
好きな食べ物:粗挽きウィンナー
好きな野球選手:筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)
前述の祖母曰く、“性格の悪いちびまる子ちゃん”と言っていました。

チコちゃんの中の人

出典:吉本興業

声優はチコちゃんの容姿からは全く想像できない“木村祐一”さん。スタジオ収録時には木村祐一さんも同席し、声を同時収録しているとか。チコちゃんの高いアドリブ力や、岡村さんとの丁々発止のやり取りは、木村さんならではと、改めて納得します。

チコちゃんには最先端の技術も使われている

出典;NHK

木村さんの声を変換しているのは、ボイスチェンジャーだと、ネット民なら予想が付くところ。しかし、激怒する時など特に激しく変化する表情については、着ぐるみと、最先端CG技術の組み合わせとか。残念ながら、この技術情報については公開されていません。

チコちゃんに叱られる!が成功した理由を分析

出典:共同テレビ

プロデューサーが共同テレビ所属

プロデューサーの小松欣也さんは、共同テレビ所属。共同テレビと言えば、フジテレビ系列でありながら、系列外局にヒット番組を供給しています。近年では、「孤独のグルメ」(TX系)の大ヒットが有名です。聞くところによれば、小松さんが、番組のコンセプトをNHKの水高満氏に持ち込んで、誕生した企画とか。その時点で、「5歳児の女の子にクイズを出させる」と「ボーッと生きてんじゃねーよ」の二つのヒット要素が含まれていることから産みの親と呼んでも良いかもしれません。

再放送枠が人気に貢献?

出典:朝日新聞

前述の祖母同様、本放送日を土曜日午前8時15分と勘違いしている人が多いと思います。実は、土曜日は再放送日で、本放送は金曜19:57-20:42なのです。但し、NHKの地域放送局では本放送時間枠に、地域限定番組を放送することが多いため、祖母の住む北海道などでは本放送となるのです。
土曜8時15分といえば、前の番組は、朝の連続ドラマ。現在、放送中の「まんぷく」も、前作の「半分、青い。」も視聴率は20%を超える好調さでしたので、その流れで、見る視聴者が多いと思われます。平日でいえば、「朝受け」がすっかり定着した「朝イチ」のポジションです。

オープニングとエンディングに意外なあの曲が使われている

筆者が特に注目するのは、OPとEDに使われている2つの楽曲。
オープニングテーマ:
『カリキュラマシーンのテーマ』(作曲:宮川泰 / スキャット:西六郷少年少女合唱団)
エンディングテーマ:
『おいらロボコン ロボットだい!』(『がんばれ!!ロボコン』2代目オープニングテーマ・ 作曲:菊池俊輔)

どちらも、70年代にヒットした子供番組で使われていた曲。主要テレビ視聴者層と呼ばれる40代半ばから50代のノスタルジーに訴求したのかもしれません。製作の水高氏は、アバンギャルドでありながらクリエィティブがしっかりとしたカリキュラマシーンを特にリスペクトしていた模様。言われてみれば、「チコちゃんに叱られる!」にも、そこはかとなく「カリキュラマシーン」のテイストが感じられると、父が言っておりました。

見逃した方はNHKオンデマンドで

出典:NHK

流行語大賞で、初めて「チコちゃんに叱られる!」の事を知った方や、この記事で興味を持った方は、今すぐ、NHKオンデマンドでエピソードを視聴する事もできます。
「この番組を知らないなんて、ボーっと生きてんじゃねーよ!」とチコちゃんに言われたくない方は、必見ですね。それでは、またお会いしましょう。

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック。合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す