フードメニューも充実!アップリンク吉祥寺で楽しむ大人のミニシアターデート

ミニシアター界を牽引するアップリンク

昔も今も日本のカルチャーを発信する地・渋谷。ミニシアターの世界においても同様で「渋谷はミニシアターの街」とも言われています。

惜しまれつつ閉館したシネマライズが記憶に新しいところですが、渋谷には今も複数のミニシアターが映画を上映しています。

今回は、その中でも一際注目を浴びるアップリンクについてクローズアップ。オープンしたばかりのアップリンク吉祥寺情報と合わせて、アップリンクを深掘りします。

出典:https://kichijoji.parco.jp/page/uplink/

アップリンク渋谷へのアクセス

通称 ’ 奥渋谷(オクシブ) ’ にあるアップリンクへのアクセスは少々分かりにくいかも。渋谷駅を出たら、東急本店へ向かい(H&M渋谷店方面)ファミリーマートと東急本店の間の通りを真っ直ぐ進みます。「神山町東」の信号手前・右側に見えてくるビルにアップリンクがあります。

東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
アップリンク渋谷

アップリンク吉祥寺へのアクセス

吉祥寺店は簡単。吉祥寺パルコに向かうだけ!

東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目5−1パルコ地下2階
アップリンク吉祥寺

アップリンク吉祥寺はさらにパワーアップ

アップリンク渋谷とは似て非なる、アップリンク吉祥寺の見どころをまとめます。吉祥寺では、座席数が増えただけでなく、各スクリーンの空間デザインや音響にも大きな違いがあるようです。

[1]個性的なスクリーン

出典:https://www.cinra.net/

5つあるスクリーンはどれもテーマが分かれ、内装もそれぞれ違います。ウィリアム・モリスや、イーリー・キシモトの壁紙など、インテリア的にも楽しい空間。女性ウケしそうです。

  • スクリーン1:POP(63席)
  • スクリーン2:RAINBOW(52席)
  • スクリーン3:RED(98席)
  • スクリーン4:WOOD(58席)
  • スクリーン5:STRIPE(29席)

渋谷店はこちら。

  • スクリーン1:FACTORY(58席)
  • スクリーン2:X(45席)
  • スクリーン3:ROOM(41席)

3つのスクリーンの他、DVDや書籍など映画に関連するグッズを取り扱う「マーケット」と、様々なクリエイターによる作品が並ぶ「ギャラリー」、アップリンクが運営するカフェ「Tabela」も併設されています(吉祥寺店も同じく、マーケット&ギャラリーあり)。

[2]世界初の音響機器によるハイレゾ音源

 

アップリンク吉祥寺店が特にこだわったのは「音響」。田口音響研究所が制作した「平面スピーカー」を導入。これは映画館としては初の試みとのこと。従来のスピーカーとは違い、平面から音を出すことで空気中の音が伝播しやすく、遠くまで音を飛ばせてクリアに聞こえるそうです。

また、その平面スピーカーの性能を更に引き出すべく採用されたのがフィレンツェに本社を置くPOWERSOFT(パワーソフト)社のアンプ。ミニシアターとはいえ、これはぜひ体感してみたいですよね。

[3]ドリンク&フードが並ぶコンセッション

 

フードメニューにもこだわったアップリンク吉祥寺。その中でも惹かれるのが「伊良コーラ」というクラフトコーラ。どうやらスパイスが効いたコーラらしく、これを飲むことができるのはアップリンク吉祥寺を合わせても、まだ都内では数カ所しかありません。

また、ギフトハムで知られるコダマの食品を使ったホットドッグに、ジョージア産のナチュラルワインなどもあります。

アップリンククラウドで映画を楽しむ

「アップリンクに行けない!」という方におすすめなのがこちら。

「アップリンククラウド」はその名の通り、アップリンクのオンライン版です。見たい映画ごとに料金を支払い、設定された期間内に視聴します(ダウンロード不可)。アップリンクに行けない方や、大手シネコンでは見られない映画を楽しみたい方はこちらも活用してみてはいかがでしょうか。
https://www.uplink.co.jp/cloud/

おわりに

映画館離れが進む中の、アップリンク吉祥寺オープンというニュース。大手シネコンであれば驚きませんが、ミニシアターとなると事情は違います。経営を維持させるだけで精一杯な印象を持ってしまいますが、これもパルコとの協業だからこそ成し得たことなのでしょうか。

興行収入の大きい映画でもなく、社会性の高いリアルな内容や、問題提起がテーマなものなどメッセージ性の強い映画の上映が主なアップリンク。ミニシアター界を長年牽引してきたアップリンクの実績がなければ、吉祥寺オープンに向けたクラウドファンディングでの資金調達も成功しなかったはず。大手シネコンにはない個性と、パルコ館内という好立地で、今後どんな展開となるのか気になります。

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルから広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ウェブライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す