本命女子とイイ感じ。カウンター席デートで心の距離を知る

本命女子とイイ感じ。カウンター席デートで心の距離を知る

デキル男はデートでもぬかりなく、平凡なエスコートから脱出するためには少し冷静な視点も必要です。

本命女性とのデートの時間、より双方の満足度を高めるためには感情のままのプランニングは厳禁なのです。

ただ単純に女性をエスコートして、高級レストランで美味しいものを食べ、飲んで、楽しい時間を過ごすだけのデートも若い女性相手ならば喜んでくれるでしょう。

しかし、「高値の華」のどうしても落としたい本命女子には、さらに一歩踏み込んだデートプランを考えてみては。

メンタリストに学び、女性の心理を知り抜いた徹底的に計算されたデートができるのが「デキル、男流デート」なのです。そんなデキル男の皆さまにお勧めしたいのが、相手の女性とのパーソナルスペースを冷静に見抜く視点です。

本命女性を落としたい。女心の距離感とパーソナルスペースとは

女性とのデートで、相手の女性のパーソナルスペースと言うものを意識した事は普通の方ならあまり無いと思います。殆どの男性にとって、相手の女性と上手く行くために、相手が気に入るようなレストラン選びや、デートプランはじっくりと考えて計画されます。

ですが、相手とのパーソナルスペースを考えた上で、どのように距離を縮めていくかについては、実際のところ多くの男性が無頓着です。またはモテる男性は、そのあたりを感覚的に捉えていらっしゃるかもしれません。

高値の華を落としたい!

相手の女性との心の距離がまだ詰められていない状態で、思いが先行しすぎて、強引に距離を詰めてしまって手痛い失敗をした経験はありませんか?

また、相手を気遣って紳士的に過ごしていたつもりなのに相手からは「私に興味がなさそう」と誤解を受けてしまう事も。

エグゼクティブな男性諸君らは、少し冷静な視点で相手とのパーソナルスペースを見た上でのデートプランを考えてみてください。

恋愛における女性のパーソナルスペースを知る

女性からすれば心理的に親しくない人と距離がゼロになるデートは、とても嫌な気持ちになります。

心を許していない状態で隣にピッタリ座られて、腰や肩を触られる。

まるでエロオヤジとの接待気分になってしまうデートほど、女性にとって悲惨なものはありません。

かといって相手との距離が遠すぎると、どうにも打ち解け辛いと感じてしまうのです。

このように女性にとってパーソナルスペースの侵略は不快感につながりますし、遠すぎる距離というのはまたそっけなく感じてやり辛いと思います。

女性本人も、はっきりとした自覚のないまま、このパーソナルペースを感覚的に捉えて生きています。

直感的にその距離を侵略した相手に対して不快感を抱く女性は多く、パーソナルスペースを程よく詰めてくる男性への女性の信頼はとても大きいものになります。

それでは実際、男性がこれから落としたい女性を食事に誘う場合、どのような距離感を見ていけば適切でしょうか。

もしここで、相手の女性のパーソナルスペースを考慮した距離感を取れれば、貴方のデートプランは一歩踏み込んだ素晴らしいものになっていく事間違いありません。
ここで女性のパーソナルスペースを知っておきましょう。

親しい相手(恋人・家族・気になる相手)・・・0~45cm
そこそこ親しい相手(同僚・友達)・・・45cm~1.2m

つまりこの距離を知ったうえで、相手の女性に合わせて行く余裕が男性には必要になるのです。

落としたい女性の貴方への警戒心を知る

まず、女性が貴方にどの程度心を開いているかを知る方法として、女性が貴方に対してどのくらいのパーソナルスペースを取っているかを冷静に判断すべきです。

例えば、確認方法としての一案ですが、デートのお誘いのタイミングでも観る事ができます。

男「この前ビストロ食べたいって言ってたよね、〇日、食事に行かない?」
女「わー素敵、行きたいです」
男「カウンター席の良いお店があるんだけど」
女「うーん、カウンターだと落ち着かないし、私はテーブル席がいいな」

このように、横並びで一緒に食事をするカウンター席である事を相手に伝えた場、「できればテーブル席で落ち着いて食べたい」と言うように席について女性からの注文が入ったとします。

この時、貴方は相手の女性のパーソナルスペースを侵してしまった、と言う事に気が付く必要があります。

この場合は相手の女性は貴方とは親しい同僚程度の距離感は許していますが、恋人のような親密さになる事に対しては躊躇している状況と判断できます。だからこそ、カウンターで隣り合わせになるのは「なんだか嫌、落ち着かない」と感じているのです。

相手がまだ、貴方と距離を取りたいと感じている、このサインを見逃してはいけません。

このような心理状態の時に、グイグイと無理に誘ったり、ましてや夜のお誘いや、親密すぎるボディタッチなどをしてしまうと一気に信用を無くしてしまいます。

また「焦ってる」「余裕がなさそう」というように、女性から見られてしまい、デキル男としてのメンツもつぶれてしまうのです。

逆にカウンター席での「横並びデート」に対して意義を唱えない女性の場合は、貴方に対してパーソナルスペースが狭く、かなり心が打ち解けている状態と言えます。

そのため、しっとりとした横並び席で食事を楽しめるレストランをチョイスし、相手の女性との距離をつめていきましょう。

「横並びデート」を了承してくれる女性は、0~45cmの親密なパーソナルスペースを貴方に許しているのです。

逆に言えば、どうしても落としたい女性の心の距離を詰めるために、あえて横並びデートに誘ってみて相手のパーソナルスペースに入り込むという手法も使えます。

カウンターデートができるお店にあえて誘ってみて、相手の心の距離を測ってみるのも一つの恋愛テクニックなのです。

東京、大阪でオススメしたい「カウンター席デート」用レストラン

今大人デートのトレンドは東京「神楽坂」

しっとりした大人の男女の空間に、非日常さも漂い、一目置かれる男性ならば神楽坂の店は何点か知っておきたいものです。

その中でもカウンターの横並びデートにオススメしたい、大人デートに相応しい店をご紹介します。

神楽坂のカウンター席デートに、横並びで頂くビストロ『夏目亭』

神楽坂で割烹料理はいかにも気取っている感じがする。

肩ひじはったフレンチは、どうにも本気過ぎて彼女を緊張させてしまいそう。

そういう方にお勧めしたいのが夏目亭。

昔ながらの老舗の雰囲気を残しつつ、ワインとビストロに舌鼓を打つ。

そんな暖かなひと時に、彼女の肩に入った力も抜けていくはず。沢山のアラカルトの中から、彼女と食べたいもので話題も広がる素敵なビストロです。

『夏目亭』

住所
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2 林ビル2F
電話番号
03-5206-5137
公式サイト
http://www.natsumetei.com/

新橋のカウンター席デート、鮨を楽しむ大人の時間『新橋鮨 かんてら』

新橋と言えばオヤジ達の街。

そんなイメージに囚われていると美食を逃してしまうかもしれない。

新橋烏森口からすぐの所にある鮨屋『かんてら』は、若き大将の鮨好きが高じてできた店だという。

鮨屋にいってお任せを食べる。

そんな大人のひと時を、カウンターデートで楽しんでみるのも一興です。

『新橋鮨 かんてら』

住所
東京都港区新橋2-15-11 橘ビル1FB
電話
03-3519-3120
公式サイト なし

大阪北区でカウンター席デート、和食を楽しむなら『懐食、清水』

北新地は名店が連なる「新ダイビル」

その中の一店舗、としてオススメしたいのが、『懐食、清水』

出張の多いデキル男の皆さまとしては、大阪でも行きつけの店ぐらい用意しておきたいものですね。

しっとりとした大人のカウンターデートに、この店はまさにうってつけ。

白木のカウンター席は、これからの美食に期待を高めてくれます。
大人の男として、そろそろ和食デビューをしたい人にも入門として、少し背伸びしたこの空間を楽しんでみては。

『懐食、清水』

住所
大阪府大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル1F
電話番号
06-6343-3140
公式サイト なし

この記事のライター

雪乃

航空会社CAから結婚相談所コンサルタントに転職。婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画などを行っています。得意の恋愛コラムも精力的に執筆中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す