• QOOL
  • 恋愛
  • 曖昧な関係 愛しているなら〈彼女〉を失う前にケリをつけるべき【恋愛感情チェックつき】

曖昧な関係 愛しているなら〈彼女〉を失う前にケリをつけるべき【恋愛感情チェックつき】

女子会が盛り上がると、相談とも愚痴ともつかない、曖昧な関係にある男性のことが話題になります。

告白されていないから、付き合っているのかどうかわからない。

これって、いわゆる友達以上恋人未満ってやつなのだろうか。

付き合っているかわからないのに、ふたりで遊んだり飲んだりだってする。

恋人じゃないのに……肉体関係があるなんてことも。

それはセフレじゃないの?と、女子会がさらにヒートアップしてしまいます。

そんなどっちつかずな関係、想像以上に女性は疲れ切ってしまっています。もしかしたら、【自分のことかもしれない】と思いませんでしたか?大人の男性だからこそ、恋愛慣れしてしまって、そんな関係をしてしまっているかもしれません。

恋愛感情があったとしても、現状に満足してしまっていないでしょうか。何もいわないのだから、きっと彼女だって満足している。それは、男性の勘違いかもしれません。彼女は満足しているでしょうか?肉体関係が目的なのかと疑心暗鬼になっている可能性だってあります。

恋愛感情があるのかもしれないけど、はっきりとわからないから、曖昧な関係をキープしたいなんてケースもあるかもしれません。恋愛を持ち出して関係が崩れてしまうのがイヤ。そんな臆病がのぞいているなんてこともあるのではないでしょうか。

曖昧な関係の彼女を、もしも愛しているのなら、できるだけすぐにケリをつけるべきです。曖昧な関係をしているうちに、彼女を失ってしまいかねません。

そこで今回は、曖昧な関係の彼女を愛しているのなら、失う前にケリをつけるべき理由をご紹介します。

曖昧な関係の彼女を愛しているのかチェック

恋愛感情を自覚していることもあれば、恋愛感情なのかわからないということもあるでしょう。まずは、曖昧な関係の彼女をどう思っているのか、自分自身の気持ちと向き合って見ることが大切です。

チェック1 一緒にいたいかどうか

これから〈恋人〉であっても〈女友達〉であっても、〈彼女〉がいない人生を送るとしたらどうでしょうか?もちろん、それなりに情があるのなら、さみしいだとかつまらなそうとか思うかもしれません。ですがそんな言葉では片付けられないほどの〈虚無感〉〈喪失感〉があるのなら、それは彼女のことを本当に愛しているということです。

チェック2 どのくらい彼女のことを思い浮かべているのか

日常生活で思い浮かべることはたくさんあるはず。今日のモーニングコーヒー、どこのカフェにしよう。今日のタスクはどうなっていた?そういえば、単4電池がなかったんだ。そんなビジネスのことからどうでもいいことまで様々でしょう。

そんな〈様々〉に彼女はどのくらいいましたか?今、なにしてるんだろう。LINEきてないかな。都合があったら、飲みにでもさそってみようかな。やたら彼女のことを思い浮かべているのなら、それは好意があることの表れかもしれません。

チェック3 彼女のダメなところを笑い飛ばせるか

自分にだって、彼女にだって、ダメなところはあります。完全無欠な人間なんているはずがありません。そんな彼女のダメなところを、笑い飛ばしてしまえるか。笑い飛ばして、フォローしてあげることができるのか。もしも、笑い飛ばすことも、なんだかんだいいながらフォローすることも、当たり前になっているのなら、それは恋愛感情が育っている証拠ではないでしょうか。

チェック4 彼女のことを悪くいわれると腹がたつ

第三者がよく知りもしないくせに、彼女のことを悪くいう。そんなとき、無性に腹がたつかもしれません。ムキになって反論してしまうなんてことも。それは、無意識のうちに彼女のことを愛しているから……だともいえます。

チェック5 もしも彼女が入院したとしたら?

例えば、突然彼女が入院したとします。ちょっとした事故だった。急性腸炎だった。命に別状がなかったとしても、彼女が必要であろうものをそろえて、すぐに駆けつけることができますか?もしも彼女が入院したとき、自分のことを後回しにして彼女のために行動できるのであれば、間違いなく彼女がかけがえのない存在であるはずです。


もしも、チェック項目のほとんどが「YES」であったなら、自覚があっても自覚がなくても、彼女に対して恋愛感情を抱いている可能性がありそうです。愛しているのかもしれない。それも女性として。そうなのかもしれないと、もう一度自分自身の心と向き合ってみてください。きっと、答えは自分の中にあります。

愛しているなら〈彼女〉を失う前にケリをつけるべき

愛しているのなら〈彼女〉を失う前にケリをつけるべきです。もちろん、それには理由があります。ここでひとつずつ説明していきます。

①気がついたら彼女が違う男性と付き合っていた

曖昧な関係をしているうちに、気がついたら彼女が違う男性と付き合っていた……なんて最悪なエンディングもありえるでしょう。曖昧な関係をしている男性、そして真摯に愛しているといってくれる男性。最終的に彼女が自分以外の男性を選んだとしてもしかたがありません。

②婚期を逃してしまうかもしれない

曖昧な関係はふたりにとって〈婚期を逃してしまう原因〉になりかねません。付き合っているような関係の相手がいる以上、なかなか恋人ができないでしょう。曖昧な関係のうちに婚期を逃してしまった。かといって、彼女と結婚するかというと、そんな気持ちにもなれない。こんなデメリットもありえます。

③周囲に理解してもらえない

いわゆる〈セフレ〉みたいな関係。女友達ならいいかもしれません。ですが、年上世代に理解してもらえるでしょうか?もっといえば、両親に理解してもらえるでしょうか?周囲から理解してもらえないことがストレスになって、恋人としても友達としても付き合うことができなくなってしまうこともあるかもしれません。

最後に

曖昧な関係だったとしても、そこに恋愛感情があることだってあります。大人だからこそ、曖昧な関係をあえて楽しむくらいの余裕があるかもしれません。ですが、場合によっては愛している〈彼女〉を失ってしまうかもしれません。

愛しているのなら、はっきりと気持ちを言葉にしましょう。彼女を失うかもしれない、曖昧な関係のリスクを回避することができるはずです。

関連記事一覧