• QOOL
  • グルメ
  • クリスマスは女性人気高めの〈シードル〉で乾杯!おすすめをご紹介

クリスマスは女性人気高めの〈シードル〉で乾杯!おすすめをご紹介

クリスマスといえばシャンパンというイメージがあるのではないでしょうか。ラッピングされたシャンパンがディスプレイされているのもよくみかけます。女性目線でおすすめしたいのは、シャンパンではなく〈シードル〉なんです。

女性人気高めのシードル。飲んだことがある男性もいるかもしれませんし、飲んだことがない男性もいるかもしれません。クリスマスシーズンに新物をいただくことができるのも、クリスマスの乾杯にふさわしい理由です。

そこで今回は、クリスマスにおすすめしたい、シードルワインをご紹介します。

アップル醸造酒〈シードル〉とは?

ヨーロッパで栽培されてきたりんご

白雪姫が魔法使いからもらったりんごで命をおとしてしまう。世界中の女の子たちが憧れる白雪姫の物語で重要な役割をになっているりんご。ご存知のエピソードからも、ヨーロッパの食文化にどれだけ根付いているのか、想像できるでしょう。

シードルはりんごの醸造酒

フランス・イギリスを中心に飲まれてきたシードルは、りんごを材料にした醸造酒です。醸造酒とは酵母を発酵させたアルコールのこと。ワインならぶどう、日本酒なら麹を発酵させています。ちなみにイギリスで〈サイダー〉というと、炭酸飲料ではなくシードルのことをいいます。

シードルの作り方

りんご果汁をじっくり発酵させていきます。このりんご果汁は外気にさらして熟成したものです。りんご果汁の糖分がアルコールになります。りんごの果肉が浮いてくるので、取り除くためにタンクを入れ替えながら、さらに炭酸ガスが発生するまで発酵させたらシードルの完成です。

シードルの度数とは

シードルの度数は、想像以上にありません。低いものだと3〜4%、あってもせいぜい8%です。ビールやチューハイと変わりません。だからこそ、女性にとって飲みやすいといわれるのです。

現地では〈ホット〉という飲み方がある

冷え込みが厳しくなると、ホットにして飲むこともあります。ホットワインのように、シナモン・カルダモンなどの香辛料とともにさっと煮立たせます。

気になるシードルの風味とは?

りんごの醸造酒というと、シードルはとてもりんごのように甘酸っぱいのだろうと思うのではないでしょうか。しっかりとりんごの風味がしますが、甘酸っぱさがあるわけではありません。きちんと、アルコール特有の〈ドライ〉な味わいを堪能できます。それでいながら、やわらかな口当たりが特徴でもあります。

シードルには甘口のDoux(ドゥ)、中辛口のDemi-sec(ドゥミセック)、そして辛口のBrut(ブリュット)があります。辛くなれば辛くなるほど、発酵時間も長くなっています。そのため辛口の方が度数が高めになります。

【国内産】おすすめシードルをピックアップ

日本国内にはおいしいシードルがたくさんあります。その中から、特におすすめしたいシードルをピックアップしました。おいしいのはもちろんのこと、比較的どのエリアからでも購入できるものを厳選しています。クリスマスまでに取り寄せてみてはいかがでしょうか?

【国内産おすすめシードル】ハーベスト 弘前シードル工房 kimori (青森)

参照:kimorishop

青森といえばりんごといっても過言ではないほど、青森はりんごの一大生産地です。そんな青森だからこその、おいしいシードルがあります。弘前シードル工房 kimoriはりんごの栽培地にある醸造所です。ワイナリーではなく、シードルを製造するための工房です。

このシーズンおすすめなのは、収穫期限定販売の「ハーベスト」です。りんご農家が収穫から醸造までおこなっているのが特徴です。りんごはつがるがメインになっています。

【国内産おすすめシードル】KIKUSUI CIDRE SWEET(キクスイ シードル スウィート) 喜久水酒造 (長野)

参照:喜久水

りんご栽培が盛んな長野県のシードルもおすすめです。日本酒を製造している喜久水酒造では、シードルも手がけています。

シードルの原料であるりんごは、南信州のものだけ。ふじ、シナノゴールド、紅玉、秋映、シナノスイートがメインです。ちなみに、南信州では古代から果樹栽培がおこなわれていたといいます。

シードルらしくすっきりとした味わいに、りんご特有の甘さが感じられる、飲みやすいシードルに仕上がっています。

【国内産おすすめシードル】ニッカ シードル ドライ (Asahi)

参照:Asahi

朝ドラでよく知られるようになったニッカウイスキー。創業者・竹鶴政孝は酔つでウイスキーづくりをはじめました。そんなニッカのシードルがAsahiから販売されています。

〈スイート〉もおいしくいただけますが、〈ドライ〉も捨てがたいところ。飲んだ瞬間のりんごの甘酸っぱさ、そしてアルコールの鋭さが病みつきになります。お手頃価格でありながらこの味わいはさすがニッカとしかいいようがありません。

【最後に】クリスマスには〈シードル〉がおすすめ

クリスマスには女性にも人気がある〈シードル〉がおすすめです。クリスマスケーキとオードルメニューとの相性も抜群です。普段はアルコールを飲まない彼女でも、シードルだったらおいしいと飲んでくれるかもしれません。シャンパンのかわりにシードルで乾杯してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧