お正月、彼女とどう過ごす? 退屈しないお正月の過ごし方をご紹介!

お正月、彼女とどう過ごす? 退屈しないお正月の過ごし方をご紹介!

お正月、とりあえず彼女と過ごすのだけれど、退屈しないかどうか心配。そんな男性もいるのではないでしょうか?

思い返してみると、お正月はけっこう退屈なもの。おせちとお雑煮、口取りをいただいて、ちょっといいアルコールを惜しみなく飲み干して、あとはお菓子をつまみながら、おもしろくもないお正月番組をみながらゴロゴロ……せっかく彼女がいるのに、こんなお正月は回避したいところ。どうすれば、お正月を退屈しないで過ごせられるのでしょうか。

今回は、お正月の彼女との退屈しない過ごし方をご紹介します。

元旦といえば……やっぱり初日の出

元旦といえばやっぱり初日の出。毎年富士山の初日の出が中継されるほどです。富士山とはいわず、初日の出をみにいくのがおすすめです。

初日の出を鑑賞できる飲食店が元旦限定で営業していることもあるのでチェックしておくといいでしょう。

冷え込みやすいので、暖かい格好がベストです。

お正月に初日の出をみる理由とは
365日、日の出があります。特にお正月の日の出は初日の出といって、縁起がいいものといわれています。ですが、どうして縁起がいいのか、知っている日本人は少ないのではないでしょうか。
古代から初日の出は縁起がいいといわれていました。初日の出とともに、神様がしあわせを運んでくるそう。七福神のバックが日の出なのも納得です。さらに、元旦には天皇陛下が四方拝をおこなうことも関係しています。四方にむかって拝むものです。これが初日の出を〈拝む〉ことにつながったそうです。
さりげなく、初日の出をみる理由を披露したら、彼女も関心するかもしれません。

地元の寺社仏閣に初詣

親元を離れていると、わざわざひとりで初詣することもなく、せいぜい男友達といくことがあるくらいではないでしょうか。

彼女ができたなら、やはり彼女と一緒に初詣しましょう。元旦は混雑することもあります。普段は人前で手をつなぎたがらない彼女とも、はぐれないように自然と手をつなぐことができます。

冷え込みによっては、女性のトイレが近くなることも。男性からさりげなく声をかけてあげるといいかもしれません。

初売り商戦に繰り出す

最近では元旦から初売りがおこなわれるようになりました。ふたりで初売り商戦に繰り出すのもありかもしれません。

特に、お目当てのものがあるのなら早い者勝ちです。同棲しているカップルなら、家電量販店で電解製品をお買い得に購入するのもいいでしょう。

アウトレットモールもおすすめです。ファッションアイテムからインテリアアイテム、さらに食料品まで、なんでもそろっているので、一日中楽しむことができます。

人混みでつかれてしまうこともあるかもしれません。あらかじめ休憩スポットをチェックしておくことも大切です。

お正月の醍醐味 お雑煮・おせち・そしてこたつみかん

お正月の醍醐味といえば、お雑煮をすすって、おせちをつついて、そしてこたつみかんでお正月番組をみること。どうせならお手製のお雑煮・おせちをいただきたいという男性もいるのではないでしょうか。

彼女によっては、最高のお正月の過ごし方になります。ですが彼女によっては、最悪なお正月の過ごし方にもなりかねません。

お正月でもてきぱきとお雑煮を支度して、煮しめを煮込んで、伊達巻を巻いて、黒豆を煮ることが負担でなければいいのです。むしろ、お正月だからこその料理をふるまいたいという女性だっています。

ですが、お正月くらい台所に立ちたくないなんていう女性だって珍しくありません。特に、お雑煮のレシピによっては、手の込んだものもあります。おせち料理はどれも難易度高め。普段から料理をしていても、おせちはできないということだってあります。

お正月のお雑煮・おせちでムリをさせてはいけません。彼女と相談しながら、ベストな過ごし方を決めましょう。

映画館で映画鑑賞

意外かもしれませんが、年始年末には新作映画が公開されるので、興味があるものをみにいってみるのもおすすめです。映画好きカップルにはもってこいです。

年末年始におすすめの映画 3選

ここではカップルにおすすめの映画を3作品ピックアップしました。彼女の意見も取り入れながら、鑑賞タイトルを決めてみてはいかがでしょうか。

アリー/スター誕生

参照:アリー/スター誕生(オフィシャルサイト)

世界的な人気をものにした女性シンガーであるレディ・ガガの映画初主演作品。女性シンガーが成功するまでの物語です。レディ・ガガの圧倒的な歌唱力があってこそ、五感で感動できる映画です。

ワイルド・ストーム

参照:ワイルド・ストーム(公式サイト)

1月4日公開のワイルド・ストームは今世紀最大級のハリケーンの脅威をリアルに映像化したパニックムービーの超傑作です。デイ・アフター・トゥモローが楽しめるのなら、間違いなしの作品です。

ボヘミアン・ラプソディ

参照:ボヘミアン・ラプソディ(公式サイト)

話題沸騰のボヘミアン・ラプソディもおすすめ。クイーンのことを知らなくても、120%楽しめる、まさに体験型のミュージック・ムービーになっています。映画を鑑賞してから、あらためて彼女とクイーンの音楽を聴いてみるのもいいかもしれません。

彼女がいればお正月だって退屈しない!

これまで退屈だったお正月も、彼女がいれば退屈なんてしません。もし、付き合ってから何度目かのお正月で、マンネリ化しそうだったら、これまでとは違った過ごし方をしてみるのもいいかもしれません。お正月を退屈しないで過ごしたら、彼女との関係もぐっと深まっているはずです。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身(20代後半)趣味で恋愛小説を執筆する恋愛体質なフリーライター。男性のためになる女性視点の恋愛記事を心掛けています。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す