別れ話を電話でするのはあり? うまく別れ話をする方法をご紹介

別れ話を電話でするのはあり? うまく別れ話をする方法をご紹介

別れ話をしなければならない。

別れ話をするところまできている。

別れ話でいうことだって、だいたいまとまっているんだ。

なのに、別れ話を切り出さないのはどうしてなのでしょう。

電話でいいなら電話でしてしまいたい。

でも、電話で別れ話をしていいのかわからない。直接いわなければいけないのか。

どうやって別れ話をするのか悩んでいるうちに、先延ばしにしているなんてこともあるのではないでしょうか。

別れ話を先延ばしにすると、別れることが難しくなってしまいます。そこで今回は、別れ話を電話電話でしていいのかどうか、さらにうまく別れ話をする方法をご紹介します。

別れ話は直接するべきか電話でするべきか

ありきたりなのは、喫茶店の窓際のテーブルで向かい合った恋人が、コーヒーを飲みながら別れ話をする、そんなシーンではないでしょうか。ちょっと時代錯誤なのだと、女性がグラスの水を男性にふっかけるなんていうのもあるかもしれません。

ですが、スマートフォンを持ち歩いているのが、当たり前になりつつあります。別れ話を電話ですることだって、すでに当たり前なのかもしれないと思うかもしれません。

ここでは、別れ話を直接するときのメリット・デメリット、電話でするときのメリット・デメリットについてみていきます。

別れ話を直接するメリット・デメリット

別れ話を直接すると、相手の女性にもきちんと話し合おうとしていると思ってもらえます。つまり、本気で別れようとしているとわかってもらえるということです。相手の女性にとっては、男性なりの誠意なのだと受け取ってもらえるでしょう。ですが、場合によっては、相手の顔をみたり、声をきいたりして、気持ちが揺れてしまうこともあります。また相手の女性の性格によっては、その場で泣かれてしまうこともあるかもしれません。

別れ話を電話でするメリット・デメリット

電話での会話は冷静でいられるというメリットがあります。別れ話は土壇場になっていえなくなってしまうこともあります。電話だったらいいやすいでしょう。ですが、電話だと表情がわからないため、相手が納得してくれたと思っても、実は納得していなくてしばらく揉めた……ということもあります。

別れ話をLINEやメールでするのはありorなし

LINEをはじめとした〈文字〉で残ってしまうツールで別れ話をするのは避けるべきです。どこまで本気で別れ話をしているのか、わかってもらえないということもあります。それだけでは別れ話にならなくて、結局電話をしたり、会ったりしなければならなくなるでしょう。これまでのやりとりが思い出として残っています。あえて、別れ話で終わらせる必要はありません。

電話でうまく別れ話をする方法

どうすれば電話でうまく別れ話ができるのでしょうか。ここではその方法を説明していきます。

曖昧はNG はっきりという

曖昧に別れ話を切り出してしまうと、そのまま世間話にもつれこんで、あやふやになってしまいかねません。別れ話をはっきりとするようにしましょう。比較的、女性は曖昧な言い方をしても男性よりは理解できます。別れたくない女性の場合、意図的に話の内容をそらそうとするかもしれません。

相手の言葉もちゃんときく

別れ話だと一方的になりがちです。ですが、相手がなにかいいたいことがあるのなら、それが自分にとって望むものであれ、望まないものであれ、耳を傾けるようにしましょう。だからといって、相手の要望に応えなければいけないわけではありません。あくまで、一方的にならないよう、話し合うようにするべきだということです。

フランクな話し方はしない

恋人だとフランクな会話をするのが当たり前になっているかもしれません。ですが、ここは出会ったときのように、他人行儀な話し方をするようにしましょう。フランクに別れ話を切り出しても、なにかの冗談だろうと思われてしまいかねません。女性も口調が違うことで、真剣な話をしようとしていると認識するはずです。

自分から電話を切らない

別れ話を切り出して自分から電話を切ってしまうと、一方的に別れ話をされたと思われてしまいます。恋人同士だったのです。女性だって最後にいいたいことがあるはずです。ありがとうという感謝の言葉かもしれません。我慢していた不満かもしれません。ですが、それは責任を持って聞きましょう。そして女性から電話を切るまで、自分からは切らないようにしましょう。

別れ話を電話でするのはあり!

別れ話を電話でするのはありというのが一般論になりつつあります。もちろん、付き合っていたら相手の性格だってよくわかっています。どうしても直接別れ話をしないと納得してくれなさそうであれば、やはり会うべきかもしれません。いずれも、これまで恋人だったのです。もしかしたら、相手の不義理が理由での別れかもしれません。ですが、男性としてできる限り、誠意を持って別れ話を切り出しましょう。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す