男性は知っておくべき!大人デートでの「雰囲気」の重要性

男性は知っておくべき!大人デートでの「雰囲気」の重要性

大人の女性をデートに誘うとき、「ランチの後、水族館へ……」や「イルミネーションを見て、それからディナーに……」というように、前もってデートコースを考えておきますよね。

定番のデートコースも、充分魅力的ではありますが、それだけでは大人の女性は心の底から楽しめません。

なぜかというと、女性は「雰囲気」をとても重視するから。
今回は大人デートにおける雰囲気の重要性をご紹介します。

大人デートの雰囲気作り失敗例

大人デートの雰囲気作り失敗例

気になる女性をワンランク上のデートに誘う場合、あなたならどのようなデートプランを考えますか?

東京都内の一般企業にお勤めの会社員・Dさん(30代半ば)の例を見ながら考えてみましょう。

Dさんのデート失敗例

17時開演のクラシックコンサートに合わせ、会社の同僚Aさんと待ち合わせしたDさん。

待ち合わせ場所に現れたA子さんは、素敵なワンピースと赤いハイヒールで普段と雰囲気が違っていてとても綺麗です。

2人共コンサートを楽しみ、19時に上演終了。
特にディナーの店を決めていなかったDさんは、A子さんと一緒に夜の街を1時間ほど散策しながら、色々なレストランに入店しようとしました。

しかし、どの店も混雑しており入店できません。
最終的に空いていたチェーン店の居酒屋で夕食をとり、その後A子さんと別れました。

紳士的にA子さんをエスコートし、下心も出さず、食事だけでお別れしたため、次のデートに繋げられると思ったDさんでしたが、その後数回、声をかけてみるものの、「その日は別の予定が……」などと、A子さんとのスケジュールが合わず、現在も会えていません。

Dさんが失敗した点、どこかお分かりいただけたでしょうか?

Dさんの失敗と改善ポイントとは

今回のデートの場合、Dさんは女性が期待していた「雰囲気」を台無しにしてしまっています。
その失敗ポイントは以下の2点です。

失敗ポイント1 . 行き当たりばったりすぎる

失敗ポイント1 . 行き当たりばったりすぎる

クラッシックコンサートに誘った時点で、いつもとは違うドレスアップが必要なデートになったと女性は判断しています。

つまり、女性は非日常を楽しむデートにDさんが誘ってくれたと、期待しているわけです。
そのため、Aさんは最後までこの非日常の雰囲気を味わえると期待していたのに、コンサートを楽しんだ後は完全にノープランで行き当たりばったり。

慣れないハイヒールで1時間以上も歩かされることになったのです。これは決してスマートな大人の行動とは言えません。

失敗ポイント2. お店のチョイス

失敗ポイント2. お店のチョイス

男性からすれば「お腹が空いているのだから、とりあえず何か食べれれば良い」と思うかもしれません。
また、チェーン店の居酒屋の何が悪いのか、と思われるかもしれません。

確かに安くておいしいお店も多いですし、場合によっては悪くないでしょう。
また、付き合う前だから緊張しすぎない場所がいいと考えて、居酒屋をデート場所に選びたい気持ちも分かります。

しかし、これから関係性を深めていく段階で居酒屋に行くのは避けたほうが良いでしょう。
居酒屋は、同僚の方や友人同士の関係で選ぶべきお店です。

特に今回の場合は、クラシックコンサート後ということで、普段よりドレスアップしているわけです。
居酒屋にはドレスアップした姿より普段着が似合うと思いませんか?

大人デートの雰囲気作りで失敗しない方法

フィーリンググッド効果を活用する

フィーリンググッド効果を活用する

上の項目でも軽く触れましたが、大人の女性はデートの「雰囲気」を重要視します。

それは、男性は視覚から得られる情報(身体的な特徴、色合いなど)のみで興奮しますが、女性は情緒的・感情的で、精神的な高ぶりが行動に影響しやすいため、雰囲気やムードが重要なのです。

逆に言ってしまえば、それらしい雰囲気、お互いの距離が近づくロマンチックな空気を意図的に作り出し自分の思うようにコントロールしやすいとも言えます。

このように、周囲の環境で相手の感情に影響を与えることを心理学では「フィーリンググッド効果 」と呼んでいます。
フィーリンググッド効果をうまく活用し、意中の相手とのデートを成功させましょう。

非日常の雰囲気づくりを意識する

非日常の雰囲気づくりを意識する

非日常を感じさせるデートは、女性の情緒や感情を刺激しやすいもの。
非日常を感じるデートの目安は、普段着ている洋服から1ランク上の服装がふさわしい場所であるかどうかです。

今回のDさんようなクラシックコンサートやミュージカル、演劇鑑賞、大人の雰囲気を感じさせるレストランなど、大人のデート先にふさわしい場所はたくさんあります。

普段とは違うオシャレが必要な場所でデートをするときは、この「雰囲気」について意識してみてください。

最後まで雰囲気を統一させたデートプランを立てる

最後まで雰囲気を統一させたデートプランを立てる

何回も言いますが、女性は男性よりも雰囲気を重視します。

Dさんもクラシックコンサートに誘い、非日常的なデートを演出したのまでは成功でしたが、その後の無計画さはいけませんでした。
最低限、ディナーのお店の予約は入れておくべきでした。

人間は、無意識下で非常に周囲の環境に影響されやすいものです。
雰囲気が悪いと知らず知らずのうちに気分が悪くなり、それが「この人といると退屈」というマイナス要因へと転化してしまいます。

デートコースは準備段階でデート全体の雰囲気を考えてデートプランを立て、女性に配慮しましょう。

特にお店は、雰囲気を重視して選ぶと、非日常感があり普段よりも話が弾むに違いありません。

大人デートの雰囲気作り成功例

大人デートの雰囲気作り成功例

では、Dさんのデートはどのようにしたら成功だったのでしょうか。
上の項目で説明した方法を活用したデートの成功例をご紹介します。

Dさんのデート成功例

クラッシックコンサートが終わり、事前に予約していた人気のイタリアンにAさんをエスコートしました。

店までは少し歩く距離だったため、コンサート会場からタクシーでレストランに移動します。

シックで大人な雰囲気にあ溢れた店内は、とても落ち着つけて、コンサートの感想など会話も弾み、楽しい時間を過ごすことができました。

Aさんもとても喜んでくれており、次に食事に行く約束もできました。

このように、最後までデートのプランニングをしっかりしておく事で、Dさんは最後までクラッシックコンサートのためにドレスアップしたA子さんの非日常の「雰囲気」を壊す事なく、大人のエスコートができたのです。

一日素敵なデートができたAさんは、Dさん対して好意を感じる結果になりました。

最後に

非日常的な体験ができる大人のデートプランを考える際は、デートの最後までは雰囲気を合わせたデートプランを立て、女性に配慮しましょう。

普段とは違うオシャレが必要な場所でデートをするときはこの「雰囲気」について少し意識してみてください。

<関連記事>「気が利かない男」認定される前に!知っておきたい6つのこと、も合わせてどうぞ▽

「気が利かない男」と思われるNG行動6選。女性目線で詳しく解説

この記事のライター

shugano

中学生と小学生の子を持つママライターです。趣味はハンドメイド。趣味にも仕事にもコーヒーとチョコは欠かせません。恋愛系の記事を多く執筆してきた経験を活かしたアドバイスやお役立ち情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す