新年会でモテる男性のファッション 心機一転 モテるための第一歩!

新年会でモテる男性のファッション 心機一転 モテるための第一歩!

新年会は今年度の〈モテ〉を決定するシーンだといえるのではないでしょうか。忘年会のときよりも、ワンランクグレードアップした、そんな新しい自分をアピールする絶好の機会です。大忙しでむかえた忘年会は、いい加減なファッションでの駆け込みになってしまったなんて男性だっているかもしれません。

年の瀬のように、残務業務に忙殺されることもなく、いくらかゆとりもあるのではないでしょうか。新年会のファッションに向き合ったとき、「何を着たらいいのかわからない」という状況になることも……新年会でモテるためには、どんなファッションがいいのでしょうか。

そこで今回は、心機一転、新年会でモテる男性ファッションについてご紹介します。2019年、モテるための第一歩を踏み出しましょう。

新年会で気を気を抜けないのが〈コート〉

新年会で気を抜いてしまいがちなのがコートです。ウィンターシーズンはコートを含めてのファッションだといえます。コートとマッチする服装になっているか、服装にマッチするコートを選択できているかが大切です。

ウィンターファッションはコートを含めてのおしゃれ

新年会でも女性たちは男性のコートスタイルをチェックしています。センスいいと思われるかもしれませんし、センスよくないと思われるかもしれません。

冷え込んでいなければトレンチコート

では、どういうコートがいいのでしょうか?それほど冷え込まなければ、トレンチコートがおすすめです。取引先との新年会でも悪目立ちしません。カラーはオーソドックスなベージュ、もしくはネイビーがおすすめです。ブラックはかっちりとした、ビジネスライクな印象になりすぎてしまいます。

北海道・東北・北陸エリアはダッフルコート・Pコート・チェスターコートがいい

北海道・東北・北陸など冷え込みやすい地域では、トレンチコートだと薄すぎるでしょう。30代におすすめなのは、ミディアム丈のダッフルコートです。ダッフルコートでフレッシュな印象になります。また、Pコートも程よくカジュアル、程よくきちんとした印象でおすすめです。ブラックだとスタイルがしまります。

40代であれば流行のチェスターコートがいいでしょう。おとなだからこそ着こなせる、シンプルなデザインです。ベージュだと品良く落ち着いた印象になります。

新年会で女性がみているのが足元

女性はみています、男性の足元。シューズはもちろん、靴下までチェックしています。

おしゃれなスウェード調or無難なカラーのプレーントゥ

ウィンターシーズンなら、カジュアルなスウェード調のものもいいでしょう。ですが、スウェードは手入れをしなければなりません。あまり頻繁に手入れできないのであれば、扱いやすい革靴がベスト。ブラック・ダークブラウン・ライトブラウンの定番カラーは間違いありません。あまりくせのないプレーントゥがおすすめです。

どんなブランドものの靴であっても、きちんと手入れをしていなければ、汚らしい靴としかみられません。実際は、値段よりもどれだけ手入れできているかが大切です。

靴下を新調するなら冬らしいウール素材のチェック柄

お座敷での宴会では靴を脱がなければなりません。新調するのであれば、無地のブラックやグレーでもいいですが、冬らしいチェック柄がおしゃれです。ウール素材なら見ただけで質のよさがわかります。

毎日のお手入れが大切

靴下のかかとが薄くなっている、毛玉だらけになっている、こんなだらしない靴氏はNGです。かかとが薄くなった靴下は捨てるようにしておく、毛玉が気になりだしたら毛玉取りクリーナーでとっておく、こんなちょっとした意識だけでも、女性に好印象の靴下に近づけます。

新年会は鍋物率が高い! ホワイトはNG

あっさりちゃんこ鍋、こってりもつ鍋、ピリッとキムチ鍋、おしゃれなトマト鍋……信念かは鍋物率が高いです。気をつけていても、どうしてもはねてしまいがちです。特に、アルコールを摂取すると、意識も薄れてしまいます。飛び跳ねが目立ってしまうホワイトは避けるのが無難。飛び跳ねても目立たない、濃い色のジャケット・ベスト・インナーがおすすめです。

ジャケットは無地がいい インナーに柄物がおしゃれ

ジャケットはシンプルな無地のものがいいでしょう。あくまでジャケットは大人の男性らしく落ち着いたもの、インナーを柄物にすることでおしゃれになります。インナーに柄物のVネックニットをチョイスするとおしゃれですし、色合いとパターンによって飛び跳ねを目立たなくすることもできます。あざやかなピンクのシャツ、カジュアルなデニムシャツで遊び心を演出してもいいでしょう。スタイルに自信があるのなら、ぜひタートルネックにも挑戦してみてください。

ビジネスパーソンだったら腕時計にこだわりたい

ビジネスパーソンにこだわってもらいたいのが腕時計です。ジョッキを受け取るとき、料理を取り分けるとき、とにかく目立つのが手元です。特に女性はどんな腕時計をつけているんだろうと気にしています。

カジュアルなデザインならアメリカのブランド・Hamilton(ハミルトン)、男性らしいデザインが魅力のPANERAI(パネライ)、ビジネスシーンにもマッチするBVLGARI(ブルガリ)、ナポレオンも愛用した上品な印象を実現するBreguet(ブレゲ)、絶対に外さない定番中の定番であるROLEX(ロレックス)などがおすすめです。

腕が細い男性だったらスリムなデザイン、腕が太い男性だったら無骨なデザインがマッチします。

てっぺんからつまさきまでハイブランドはドン引き

てっぺんからつまさきまでハイブランドにすれば、女性から注目されると信じている男性もいるかもしれませんが……それは間違いです。てっぺんからつまさきまでハイブランドだと、女性はドン引きしてしまいます。ハイブランドは1点、2点、他は一般的な価格帯のブランドにしておくのが無難です。例えば、腕時計だけ高級ブランド、コートだけ値段のはる上質なものなどがおすすめです。

入店・退店も見られてる 冬小物でおしゃれする

入店したときも退店したときも、女性たちは男性のファッションチェックに余念がありません。コートだけでもおしゃれを演出できますが、冬だからこそ防寒アイテムでおしゃれするのがおすすめ。マフラー、手袋、キャップなどにこだわってみましょう。シンプルなものほど、素材にこだわってみてください。それだけでも、男性の印象をワンランクアップしてくれます。

新年会でモテる男性の仲間入り! いい出会いもあるかもしれない

新年会でモテる男性の仲間入りができたら、女性との出会いもあるかもしれません。お酒の席だからこそ、女性も気になった男性に積極的に話しかけてくるかもしれません。素敵な女性のお眼鏡にかなうよう、新年会のファッションにはこだわりたいものです。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す