• QOOL
  • 恋愛
  • 素っ気ないから脈なし? 気になる女性がなんだか素っ気ないとき両思いになれるのか

素っ気ないから脈なし? 気になる女性がなんだか素っ気ないとき両思いになれるのか

気になる女性をいつも視線だけで追いかけている。

気心が知れている人間には、かわいらしいくしゃくしゃのスマイルをみせるのに、自分にははにかんだようなぎこちない笑顔しかみせてくれない。

同僚たちとの様子をみていると、どちらかというとおしゃべりなタイプみたいなのに、自分には積極的にしゃべりかけてこないし、こっちからしゃべりかけても会話が盛り上がらない。

気になっている女性だけど、これはもしかしなくても脈なしなのだろうか……と落胆している男性もいるのではないでしょうか。

実は、脈ありの可能性もあります。いったいどういうことなのでしょうか。これには、女性ならではの心理が関係しているようです。

そこで今回は、気になっている女性が素っ気ない場合、両思いになれるのかどうかについて紐解いていきます。

気になる女性が素っ気ない理由

ここからはさっそく、気になる女性が素っ気ない理由をみていきます。男性にとっては想像もつかないような理由もあるかもしれません。

緊張している

素っ気ないつもりではないかもしれません。緊張していて表情がこわばってしまったり、口数が減ってしまったりしているだけということもあります。では、どうして緊張するのでしょうか?女性はどうでもいい男性相手にはさほど緊張しません。ある程度、どうみられてもいいと割り切っているからです。緊張するということは、相手からよくみられたいという気持ちからです。

素の自分を知られたくない

どんな女性にだって、コインのように表と裏があります。女性自身がこうありたいという女性像に近づくために演じている〈表〉と女性自身がこうありたいと願いながら、そうはなれないもともとの〈裏〉があります。ありのままの自分では男性から受け入れられないと思っている女性も少なくありません。例えば、女性にありがちなおしゃべりすぎなところ、あまり言葉遣いがよくないところなど、気にするあまり口数が減ってしまうこともあります。これには、素の自分を知られて嫌われたくないという女性願望がみてとれます。

もともと人見知りな性格

日本語でも様々な言い方があります。人見知りだとか内弁慶だとか、とにかく初対面の人間に緊張してしまう性格の女性がいます。本来は、人見知りとは真逆の性格なんてことも。もし、まだ相手の女性と距離があって、誰かと比較して素っ気ない態度をされていると感じているのであれば、もしかしたらただ人見知りな性格というだけのこともあります。これから仲良くなるにつれて、コミュニケーションもとりやすくなるはず。もちろん、両思いになれる可能性だってあります。

LINEは自分からしないけど返信はする

男性からのLINEに対して、自分からは絶対に送らないとマイルールを決めている女性もけっこういます。会社の同僚や男友達は例外として、知り合った男性に対しては、自分からは送らず、ただ相手に返すだけと決めてしまっているのです。

それは、いくらかでも男性に対して好意があることを意味しています。あまりこちらから頻繁に連絡をしてしまうと、うっとうしく感じられてしまうかも知れない。あるいは、即レスしたいけど、あれこれ文面に悩んで時間がかかってしまったなど、好きだからゆえの理由がかくされている場合があります。

駆け引きをしていることも

恋愛の駆け引きを純粋に楽しんでいるという女性もいます。恋愛慣れしているというより、ちょっと演技ができるタイプの女性だったら、好きな相手に恋愛の駆け引きをしかけることもあります。男性がまったく振り向いてくれなくて、焦れてしまっている場合もあります。よくよく観察してみて、自分が話しかけたときによろこんでいるようなら、もしかしたら駆け引きをしているかもしれません。

やっぱり脈なしだった……

もちろん、男性として興味がないから、素っ気ない態度をとるということもあります。この場合、想像以上に女性はぞんざいな態度をしています。素っ気ないとはいえ、丁寧な対応を心がけているようであれば、脈なしではないかもしれません。

素っ気ない=脈なりじゃない! 好きだからこその素っ気なさもある

素っ気ない=脈なしだと思い込んでしまったら、せっかくの脈あり恋愛を逃してしまうかもしれません。好きだからこその素っ気なさもあるのです。

ふたりになってみたとき、相手の女性が心底いやそうな様子をみせるか、女性を視線で追いかけているとき、ふと目があうことがあるかどうか、何かを頼んだり相談したとき、気持ちよく応じてくれたり、親身になって相談にのってくれるかどうかなど、多方面から女性の本心を探ってみましょう。

脈ありそうだったら、相手が素っ気なくてもアプローチしてみてください。意外にもすぐに両思いであることがわかるかもしれません。

 

関連記事一覧