SNS中毒に囚われない「SNS断捨離」に挑戦を

SNS中毒に囚われない「SNS断捨離」に挑戦を

20代を中心に、働き盛りの30代男性でもSNSにどっぷりはまってしまっている方を多くお見かけします。

電車の中でも、毎日携帯をみて、ずっと下を向いている方ばかりです。毎日毎日、SNSに縛られているかのような気分に陥ってきていらっしゃるのであれば、それはストレスの危険信号です。

InstagramやTwitterのようなSNSを開かない日が一日たりともなくても、精神的に何ら支障を感じずにナチュラルに生活の一部になっている方なら、SNSとの距離感に問題ありません。

しかし、InstagramやTwitterでの「いいね」数に固執したり、他人からの承認に対して貪欲になったり、パートナーの同行を全て把握するためにSNSの人間関係が気になってしまうという方は、SNSに対しての依存傾向が強くSNS中毒になってしまっています。

そのような毎日、とても息苦しくはありませんでしょうか?

毎日毎日SNSに依存してしまい、日々疲れを感じている、慢性的にストレスを感じていては仕事でもよいパフォーマンスを生みません。

ましてや恋愛においてもSNSに依存している男性の場合は、日々の幸福感が薄くありませんか? 少しSNSとの距離を見直したい、そう思われる方は一度、SNS断捨離に挑戦してみてはいかがでしょうか。

働き盛り男性にも多い、SNS依存、SNS中毒とは?

Instagramなどに振り回されるのは女性の方が多いと思われますが、同じように男性でもSNS中毒になってしまっている方はいます。

  • フォロワーの数が気になる
  • いいねを貰うことに固執してしまう
  • 毎日SNSでのやり取りで幸せな自分を演出してしまう

このように、実際の生活に視点を当てるのではなく、SNS上での自分の姿を演出してしまう、SNSでの人間関係に疲れてしまいストレスを感じるという人が増えています。

このままSNSに振り回される人生を歩んでいても、そこに果たして「幸せな人生」はあるのでしょうか?

どんなにSNS上の自分が人気者で、幸せそうだとしても、他人に認めてもらうことにのみ価値観を見出す生き方は疲れてしまうものです。

またSNSは恋愛においても、デメリットな面があります。

以下の項目に多く当てはまる方は、恋愛において依存心が強く、それがSNS中毒によって増長されてしまう傾向にあります。

恋愛におけるSNS中毒の症状

  • 自分の知らない所で彼女が何をしているのか気になる
  • 彼女の人間関係を把握しておきたい
  • 元カレとやり取りしていないか知りたくてしょうがない

このような気持ちになってしまい、パートナーのSNSを全てフォローし、相手の行動を気にしてしまうのではないでしょうか。

毎日SNSをチェックしないと気が済まなくなってしまうことで、人間関係のストレスで疲れてしまうのです。

もしご自身にSNS中毒としての自覚症状があり、この状態を抜け出したいと考えているのであれば、SNS断捨離を行うことをオススメいたします。

流行の兆し「SNS断捨離」とは?

SNSによるストレスの原因は、情報量の多さにあります。毎日のように情報に晒される事で脳が疲弊し、疲れがたまります。

また自己承認を他者に委ねてしまうため、「人から褒められたい」「人からすごいと思われたい」という承認欲求が肥大します。しかしこの承認欲求というのは、結局のところ自分で自分を認められる括弧とした軸がないため他者の評価を気にしてしまう事です。ですから自分自身で満たされない限り、いつまでも「もっと人から承認されたい」という思いは強くなり、募っていきます。終わりのないラットレースのような状態に陥り、心は疲弊していく事でしょう。

本来自分の人生はここにあるはずなのに、ついSNSの向こうに広がる架空の世界に人生の重きを置いて生きてしまうのです。

それは幸せを見失ってしまっていると言っても過言ではありません。

いったんSNSと距離を置いて自分の時間を取り戻す事、SNS断捨離を初めてみましょう。

ステップ1,SNSツールの整理

SNSが中毒になってしまって毎日の大半の時間を奪われている方は、思い切って複数SNSを持っている場合不要なSNSアカウントを削除する事を試みてください。

今の時代、Facebook、Instagram、Twitterの代表的なSNSをすべてやっている人も多いですが、またTwitterなどでも複数のアカウントを使っている方もいます。

この中で無くなったら困るもの以外、思い切ってアカウント削除の断捨離をしてみましょう。

ステップ2、SNS断捨離のしかた「人間関係の整理」

続いて、上記で断捨離をしたうえで残したSNSも、一部の情報を削ぎ落す断捨離を行います。

思い切ってすべてのSNSのアカウントごと削除してしまうほうがすっきりしますが、いきなり思い切ったことはできないと思います。

またアカウントは削除したり、アプリをアンインストールしたとしてもSNS中毒の方はすぐにその反動でまたSNSを始めてしまうと思います。

ですので、あえて一番活用しているSNSだけは1つ残しておきます。そして、そのSNSの中でのフォロワーの断捨離を行ってください。

SNSの中の人間関係を取捨選択し、断捨離していく事で貴方のSNSから得る「情報量」を制限する事ができ、SNS疲れを緩和します。

貴方がSNSを活用する上で、断捨離すべき人間関係は以下です。

特に交流もなくフォローをしあっている人間
好きでもないのに流れでフォローをした人
会社関係の付き合いの人
趣味に合わないコメントをする人
悪口、愚痴ばかりコメントする人

 

このように、自分が苦手とする、些細なストレスを感じる相手も積極的に切りましょう。

SNSでフォローを切る事は、相手に失礼にあたるのではと思う必要はありません。

SNSは本来自由なものです。自分がつながっていたいと思う人だけ残す事に失礼はありません。

相手から悪く思われるのではないか、という不安を押し殺してでもまずはそのような人間を断捨離してみましょう。

すると自分でもスッキリできると思います。

POINT
SNS断捨離は、「フォローを切る」と相手に嫌われるのではと恐れない事

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す