• QOOL
  • 恋愛
  • 恋愛でも仕事でもデキル男になるためには「歯」のホワイトニングを

恋愛でも仕事でもデキル男になるためには「歯」のホワイトニングを

皆様はご自分の「歯」に意識を向けた事はありますか?

毎日綺麗に磨いているのは当たり前のことですが、人から見たときに自分の歯がどのような印象を与えるかについても考えてみてください。

仕事をする上でも歯が綺麗な男性は有利ですが、恋愛においても歯が綺麗な男性は有利に運びます。

その理由は、様々ありますが、今回は男性にオススメしたい歯のホワイトニングについてご紹介いたします。

ビジネスパーソンとして成功者ほど歯が綺麗

欧米ではビジネスの世界で男性に求められるものは様々ありますが、その中の一つに外見要素も入ります。

特に歯が綺麗かどうかについて欧米では非常に重視され、歯並びが悪い、歯が汚い、歯が黄ばんでいるという方はそれだけで仕事で不利になると言われています。

なぜならば歯に気を配れない男性というのは、自己管理ができない、だらしない存在であるとみなされてしまい、「仕事のできない人」という印象を欧米では抱かれてしまうからです。

歯が汚いだけで、仕事上で不利になるため、欧米ではデンタルフロス、ホワイトニング、歯科矯正に投資する事がビジネスパーソンとして当たり前の意識にあるのです。

この意識は日本人にはあまり馴染みがないと思われがちですが、実際のところ多くの女性は男性の「歯が綺麗かどうか」を気にしています。

歯が汚い男性に対して女性が抱く感情は「キスをしたくない」「SEXできない」「生理的に無理」というようなものです。歯並びが悪い、歯が黄ばんでいる、歯垢がついているというのも最悪です。

つまり、歯が汚いとまず第一印象が悪く、恋愛対象にしたくないと思われてしまうのです。その第一印象を覆すのは中々に難しく、できればそんな不利なシチュエーションは予め予防して潰しておきたいものです。

人間関係や恋愛関係を円滑に回していくために、歯に気にかけるという事がデキる男として必要な要素となるのです。

ホワイトニングで歯の黄ばみを落とすだけでモテ男に

歯並びの悪さについては歯科矯正のような時間をかける治療が必要ですが、まず一番最初に着手すべきなのは歯の黄ばみのケアです。

多くの芸能人の口元をテレビなどで見てみると、黄ばんだ歯の人は一人としていない事にきがつきませんでしょうか?

テレビに出る方の多くは、歯のホワイトニングをする事が当たり前なのです。歯を綺麗にする事で、テレビを見る人が不快感を抱かないようにしているのです。

しかし一般の方の場合は女性は歯のホワイトニングに興味をお持ちの方は多いですが、男性の多くは、歯のホワイトニングをするという概念を持っていません。

つまり自分の歯まで意識ができていないのです。

そのためタバコを吸ったり、コーヒーを飲んだり、お茶を飲んだりする生活で、歯が黄ばんでしまい汚い状態に無頓着なのです。

しかし歯の色が白く綺麗なだけで、笑ったときの印象や、女性と会話をしている時の清潔感は段違いに違います。

また歯が白い事で、若く見え、第一印象も劇的に良くなるのです。

女性にモテたい、仕事で成功していきたい、そう思われるのであれば、歯のホワイトニングにトライしてみてください。

これはお金さえかければ、ダイエットのように努力の必要のない、手っ取り早く清潔感や第一印象を向上させる方法なのです。

歯が黄ばむ理由は加齢

歯が白い、白くないという原因は、歯のエナメル質の薄さが原因です。

それは加齢とともにエナメル質が薄くなってしまい、だんだんと全体的に黄ばんできます。

また、タバコを吸う方、コーヒーや、茶渋などで歯に黄ばみがしみつきます。

つまり、歯が白いほうが若く見えて、歯が黄ばんで見えると年を取って見えるのは強ちイメージだけのものではなく、実際に加齢とともにエナメル質が薄くなるので年を取った人ほど歯が黄色くなるのです。

だからこそ、歯を白くする事が若さのある外見へと結びつくのです。

ホワイトニングをしたら、「真っ白」で浮くのではないか?

ホワイトニングに興味はあるものの、なんとなく躊躇される方の多くはこのように「歯が真っ白で浮くのでは」ですとか「作り物みたいになるのでは?」という心配のお声です。

確かに真っ白すぎる歯の場合は、うさんくさく見える事もありますし、偽物の歯のように見えます。

しかしホワイトニングの多くは、歯の白さを歯科医と相談して決める事ができますし、徐々に白くする事などもできます。

歯が白くなって浮くのでは、という心配がある場合は歯科医師に相談しましょう。

またホワイトニングは、歯の汚れを落として漂白する事で歯を白くします。つまりホワイトニングをしたら一生真っ白の歯になるわけではありません。気に入らなければ定期的なメンテナンスを行わないうちにもとに戻ります。

また全ての歯をホワイトニングする必要はなく、スマイルラインと言われる、笑った時に見える前歯12本程度で問題ありません。

ホワイトニングのやり方を知る

ホワイトニングのしかたは、3種類あります。

オフィスホワイトニング

審美歯科やホワイトニングを扱う歯科医院で施術してもらう方法。

資格を持った歯科医師におまかせできるため、効果がわかりやすいのが特徴です。

費用は平均1回の施術に3万円ほど。

歯の汚れを落としたあと、薬剤を塗って歯を白くするために光を照射します。

医師に相談しながらカウンセリングも受けられるため、料金はかかりますが一番安全な方法です。

ホワイトニングの定着は施術を3回ほど受ける必要があるため、ホワイトニングをするのに合計10万ほどの予算は必要です。

1回の施術費用 平均3万

総合費用 10万ほど

ホームホワイトニング

歯科医師にマウスピースを作成してもらい、そこにホワイトニング剤をひたし、自宅で歯に装着する事でホワイトニングを家で行えます。

マウスピース作成代金と、ホワイトニング薬剤で3万円ほどのコストです。

薬剤がなくなった場合1万円で購入できるため、2回目移行は薬剤の購入のみで自宅でホワイトニングが可能です。

総額5万ほどの予算でホワイトニングが可能です。

マウスピース作成を含む初回費用 平均3万

ホワイトニング剤費用 1万

総合費用 5万ほど

セルフホワイトニング

歯科医師のいない店舗などで、自分でセルフでホワイトニングを行います。

時間単位での使用のため、10分セルフホワイトニングをしてかかる料金は1000円程度と気軽に通えるのが特徴です。

歯科医がいないため、扱える薬剤などは医療免許がなくても使えるものに限定されます。

セルフホワイトニングは、個人ブースの中にジェルと光を照射する機会が置いてあり、自分で歯にジェルを塗り、決められた時間光を照射するだけでできます。

セルフホワイトニング費用 10分ほど 平均1000~2000円

総合費用 1万~2万

このように、ホワイトニングといっても様々な手段があります。

ご自分の歯のケアを、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

歯が綺麗な男性は、それだけで女性からの印象も、ビジネスの上でも好印象は間違いありません。

関連記事一覧