メンズビューティーを徹底してモテる! 大人のためのメンズコスメブランドをご紹介

メンズビューティーを徹底してモテる! 大人のためのメンズコスメブランドをご紹介

美肌は女性だけのものではありません。男性は肌荒れしている女性に、女性なんだからもうちょっとケアしたほうが……なんて思っているのではないでしょうか。
それ、そっくりそのまま女性から返されますよ。女性だってみているんです、男性の肌。べたついている男性の肌にキスしたくありません。ニキビだらけの男性の肌に触りたくありません。ひどい肌荒れが原因で恋愛対象外のレッテルを貼られてしまうなんてことも……メンズビューティーに取り組みましょう。
とはいうものの、どんなアイテムをそろえればいいのかわからない、メンズビューティービギナーがたくさんいるはず。
そこで今回は、大人のためのメンズコスメブランドをご紹介します。

おすすめメンズコスメブランド


恋人にスキンケアを相談するのはちょっと……恋人ではない親しい女性だっていないし……メンズビューティーのおすすめアイテムはなんだろうと悩むかもしれません。
まずは、ブランドのメンズラインを「ライン使い」するのがおすすめです。化粧水はAブランド、クリームはBブランド……ではなく、洗顔・化粧水・クリーム、すべてをAブランドでそろえるのです。ライン使いするほうが効果を実感しやすいともいわれています。
ここからは、そんなおすすめメンズコスメブランドをご紹介していきます。

Clinique for Men


アメリカのスキンケアブランド「クリニーク」は、世界ではじめて皮膚科医がプロデュースするスキンケアアイテムをリリースしたことで知られています。クリニークのメンズライン「Clinique for Men」は、シンプルなスキンケアで最大限の効果が実現できます。男性特有のひげそりによる肌ダメージ、気になる乾燥肌・過剰な皮脂分泌、さらにくすみや毛穴の黒ずみまで改善します。
こちらから購入できます
CLINIQUE FOR MEN クリニーク フォー メン グレート スキン I/II [並行輸入品]

PAPABUTTER


敏感肌に悩まされてきた女性たちから支持されている「MAMABUTTER」シリーズのメンズラインです。MAMABUTTERの特徴であるシアバターを配合。天然ミントのさわやかさ、ローズマリーのやわらかさが混ざり合う、男性にふさわしいフレッシュな香りも魅力です。ヘア・フェイス・ボディと幅広く使えるオールインワンソープ、フェイス・ボディーのための乳液でトータルケアができます。
こちらから購入できます
パパバター トライアルセット(フェイス&ボディケア3点セット)

ORBIS Mr.


スキンケアアイテムはすべてオイルカットというORBISのメンズラインが「ORBIS Mr.」です。洗顔料・化粧水、どちらもオイルカットです。男性特有のべたつきをおさえながら、内側からしっかりとうるおします。洗顔料で洗顔して、化粧水で保湿するだけです。2ステップでスキンケアができるので、男性でも継続しやすいでしょう。シェービングダメージやエイジングダメージにも効果的です。

こちらから購入できます

オルビス(ORBIS) メンズスキンケア 2ステップセット (ミスターシリーズ) (男性用洗顔料&化粧水セット+泡立てネット)

DHC MEN

スキンケアアイテムでお馴染み、DHCのメンズラインです。その特徴は、オールインワンで最大限の効果が実感できること。洗顔後に馴染ませるだけで、肌がしっかりとうるおいます。DHC商品の特徴でもあるコエンザイムQ10、コラーゲン、梅果実エキスなどを配合しています。また、アルコール・メントールが含まれていないのもポイント。ひげそりをしたときのアフターシェーブにもなります。

こちらから購入できます

DHC MEN オールインワン モイスチュアジェル

SHISEIDO MEN

日本の化粧品ブランドとして、日本のみならず世界に知られている資生堂のメンズラインは、百貨店のメンズコスメコーナーでも人気になっているといいます。豊富なラインナップから必要に応じたアイテムを取り入れることができます。おすすめは「ハイドレーティングローション」。男性特有のべたつきも気になる乾燥もガードします。さっぱりとした使い心地は、男性にも馴染みやすいでしょう。

こちらから購入できます
資生堂 シセイドウ メン ハイドレーティングローション 150mL

モテる男はメンズビューティーを徹底している!

世の中のモテる男性たちは、メンズビューティーを徹底しています。もちろん、女性たちに不潔な印象を抱かれるような肌なんて論外です。やだ、汚い。これだけでモテから遠ざかってしまいます。メンズコスメブランドを活用して、クリーンなスキンを実現してください。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す