<今日から使える>女性が恋愛を意識する魔法の告白フレーズを大公開!

<今日から使える>女性が恋愛を意識する魔法の告白フレーズを大公開!

殆どの女性は、聞いてないようで人の言葉を良く覚えているもの。そしてその端々から女性特有の感覚で、発した人の感情を読み取っているのです。恋愛とて例外ではありません。そこで、今日は女性が恋愛を意識するフレーズを、シチュエーション別に分析して大公開します。あなたの何気ない言葉が、魔法に変わるかもしれませんよ!

共通感覚の探索「いつもどんなことしてるの?」

この質問を受けた女性は、趣味や習い事などのライフスタイルをリサーチしに来たな?と感じます。同時に、全く興味のない女性には言うはずもないとも思うはずでしょう。もし、女性の方も多少なりとも貴方に興味があるのであれば、「いよいよ来たな!」と言う感じになるはずです!

ゆるやかなアプローチ 「LINE友達にならない?」

同じ部署や同じプロジェクトであれば、LINEアドレスの交換は自然の流れでしょう。しかし、普段あまり交流のない人ならば女性は脈ありと感じることでしょう。メールアドレスを教えてと言うならば、ストレートなアプローチですが、ワンクッション置いた表現。彼女の方も、この人可能性を探っているな?と察することでしょう。

さりげない褒め言葉  「モテそうだよね?」

このフレーズには、さりげなく「君のことタイプだよ」と言うニュアンスが含まれています。「決してタイプじゃない女性には、こんな風に言わないだろうな」と大方の女性は感じることでしょう。しかし、言った本人がどんな女性にも軽い物言いをするチャラ男系であれば、いつもの事か!と軽くいなされる事でしょう。

いつも気にしていると気付かせる 「髪型変わったよね」

「以前の私も見てくれてたんだ」と感じさせるフレーズです。髪型をメイクやネイルなどに入れ替える事も出来ます。個人的には、「この人私に気があるのかしら?」と最も感じるものですね。この言葉を言った後、彼女が会釈をするようになったり、軽い会話を交わすようになれば脈アリ確実。交際に発展する可能性大です。

結婚対象として考えている 「お弁当おいしそうだね」

このフレーズを言われた女性は家庭的であるか否か?を問われていると感じます。また、家事能力を見ていると言うことは、「結婚の対象として考えているのかしら?」とも受け取ることでしょう。フェミニスト寄りの女性であれば、家事能力を問われることに反発するかも知れません。しかし、そのようなタイプは少数派なので余り気にすることはありません。

デートのテストクロージング 「次の休み一緒かな?」

意中の女性がサービス業に勤務している場合、休日がカレンダー通りとは限りません。そんな彼女にこのフレーズは有効です。言われた本人は、「それ聞いてどうするのだろう?」と思案するでしょう。但し、8割以上の女性は「デートに誘われてる」と受け止めるはず。その時の彼女の仕草や表情で、「いける!」と感じたら「デートしましょう!」とストレートに言うべきです。女性には興味があるが、本当に貴方の彼女になって欲しいと思っているのか?自信のない時にテストクロージングとしても使えるフレーズです。

似ていると言われる有名人を例にして恋愛の対象になっているか確認する 「田中圭って好きかな?」

例えば、相手がどんなタイプの男性を好きなのか探る場合に有効なフレーズです。例えば、貴方がよく似ていると言われる芸能人の事を好きか否か?を聞いてみる事で、彼女の好きなタイプや恋愛の発展可能性を測る事が出来ます。芸能人やスポーツ選手は勿論ですが、貴方の実家が自営業で将来家業を継ぐ事が決定しているならば職業に変えて結婚の可能性を探る事もできます。「酒屋って好きかな?」とか、「製造業って好きかな?」と言う風に…。

ストレートにズバッと! 「彼氏いなければ付き合ってほしい!」

何だかんだと策を労するよりも解り易いのは直接的な表現。野球でも、此処一番には、ストレート勝負というではないですか?実は、この言葉結構効果あるんです。

「まっすぐ目を見て、付き合って欲しいと言われドキドキした。」

ある調査では、8割以上の女性が好感を持ち、一度は言われてみたいと回答しています。案外、シンプルが有効なのかも知れませんね!

口下手な男でもできる愛情表現を映画「恋愛小説家」に学ぶ

出典:Amazon

フレーズを暗記したけど、上手く彼女に伝えられるか不安に思っている男性の為に、映画を一本ご紹介します。口下手な貴方だって立派な愛情表現ができると、勇気づけられる筈ですよ。それでは、またお会いしましょう!

恋愛小説家 [DVD]

ジャック・ニコルソン (出演), ヘレン・ハント (出演), ジェームズ・L・ブルックス (監督, 脚本) 

偏屈で嫌われ者のベストセラー作家と、バツイチで子持ちのウェイトレスが織りなす不器用な恋をユーモアを交えて描く。第55回ゴールデン・グローブ賞で主要3部門に輝いた恋愛ドラマ。(出典:キネマ旬報データベース)

出典:Amazon

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック、合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す