伝説のギャグ!ビートたけしのオールナイトニッポンで深夜の日本を爆笑の渦に巻き込んだ村田英雄コーナー

伝説のギャグ!ビートたけしのオールナイトニッポンで深夜の日本を爆笑の渦に巻き込んだ村田英雄コーナー

バブル期に受験生だった男性ならば、誰もが知っているビートたけしの村田英雄ギャグ。それが生まれたのは、現在も続く深夜放送オールナイトニッポンのとあるコーナーでした。今は、映画監督として世界中に高名を轟かす北野武氏。しかし、80年代は漫才コンビ「ツービート」のツッコミ担当として大人気のコメディアンでした。そして、たけしファンの間で今でも語り継がれている伝説のギャグが村田先生ネタ。現在でも、十分笑えるこれらのギャグをマスターして披露すれば、仲間内で大受け間違いなしです。

ビートたけしのオールナイトニッポンをおさらい

出典オリコン

『ビートたけしのオールナイトニッポン』は、ニッポン放送の人気深夜放送『オールナイトニッポン』のうち、木曜日にビートたけしがパーソナリティを担当した番組。1981年1月1日から1990年12月27日、深夜1:00〜3:00に、基本は生放送されていた。

番組の特徴

出典:Radiko

  • 時事ネタや芸能界裏話、社会現象から下ネタまで、幅広い内容のフリートークを展開。人気絶頂のタレントの本音が聞ける番組として、一般リスナーはもちろん業界やマスコミ関係者も注目。
  • メインパーソナリティー+放送作家+ハガキ職人そして放送内容をまとめた番組本出版という、現在のラジオ番組フォーマットやビジネスモデルを確立した歴史的番組
  • 水道橋博士や宮藤官九郎など、この番組に多大な影響を受けたと語るクリエーターは多い
  • ハガキ職人と呼ばれたリスナー投稿者の複数名は、放送作家として現在も活躍中

番組のコーナーとフォーマット

出典:芸能NEWSまとめ@ozalog

  • 主にビートたけし本人の体験談で、番組や映画制作時の裏話から家族や不倫相手までリアルかつ赤裸々な内容
  • その他にも時事ネタやスポーツ、下ネタ、歌手や芸人仲間など芸能関係者の武勇伝や失敗談など幅広い

伝説の村田英雄コーナーとは

出典:エルペディアつながり辞典

ギャグのネタとしておちょくられまくった演歌の大御所村田英雄とは?

出典: Amazon

村田 英雄(1929年- 2002年)浪曲師から演歌歌手へ。1961年11月に発売した「王将」がミリオンセラーとなり、第4回日本レコード大賞特別賞を受賞。その他の楽曲「無法松の一生」「人生劇場」は、昭和世代にとって定番のカラオケレパートリーである。小柄だが男っぽい風貌から、東映任侠映画に多数出演し鶴田浩二や高倉健らの人気俳優と多数共演する。

 

村田英雄コーナーが生まれたきっかけ

出典:ユーキャン通販ショップ

ビートたけしが「村田英雄がセーターの試着をした時、頭が大きすぎて中々脱げず窒息しそうになった」と言うホラ話を何気なく番組内で言ったところ、聴取者に大ウケ。同種のギャグがリスナーから自発的に多数送られてくる様になり、遂には番組内に「村田英雄デカ頭コーナー」が誕生することになりました。

若年層で村田人気が爆発

出典:Amazon

これにより、演歌や任侠映画に縁のなかった若年層の間で村田人気が爆発。「ムッチー」と言う愛称まで生まれました。また、ビートたけしが敬意とおちょくりを交え、番組内やテレビで村田のことを「村田先生」と呼び始めると、いつしか村田に限らず演歌の大御所には「先生」と言う敬称をつけるのが一般化しました。現役の大御所北島三郎が、「北島先生」と呼ばれるのは、これに所以します。

伝説の誉が高い村田英雄ギャグの数々

出典:メディアポ

先述したハガキ職人たちのレベルの高いギャグとビートたけしの人を小馬鹿にした様な独特の毒舌トークで、深夜の日本を爆笑の渦に巻き込んだ伝説のギャグの数々をご紹介します。ほとんどは、事実ではなく村田のキャラクターならさもありなんと言う失敗談や恥かき談を投稿者たちが創作したものです。しかし、いくつかのエピソードは真実だったと言う噂も根強く存在しています。

村田英雄伝説 レストラン編

レストランでステーキの焼き具合を聞かれ、マネージャーはレア、付き人はウエルダン、そして村田先生は、「俺はカルビ!」再度、焼き方を聞かれると「どうでもいいからガスで焼いてくれ」とキレた。

ホテルのレストランで「和食にしますか?洋食にしますか?」と聞かれ、「バカヤロウ~!朝食だ!」と激昂した。

 

インド料理屋に入り、サフランライスを見てこう言った。「バカヤロー!色がついてるじゃねぇか!白い飯を出せ!」

 

村田英雄伝説 喫茶店エピソード編

コーヒー専門店で、注文の際コーヒーの種類を聞かれ「ネスカフェ!」

 

ミルクと間違えてドレッシングをコーヒーに入れてしまい「これすっぺーぞ!腐ってるんじゃねぇか?」

 

出されたコーヒーにミルクと砂糖をガバガバ入れて「う~ん、コーヒーはブラックにかぎる!」

 

村田英雄伝説 テレビ収録編

テレビのベストテン番組に出演したとき、ヒットチャートに映画音楽が多数ランクインしていた。それを見てマネージャーにこう言った。「このサウンドトラックって歌手はスゴイな!ベスト10に6曲も入ってるぞ!」

歌番組の司会者に「この歌は十八番ですよね?」ときかれ「この歌は3番までしかない!」と答えた

 

テレビ番組の台本に立ち位置が「三波春夫が上手(かみて)、村田英雄は下手(しもて)」と書かれているのをみてキレた。「バカヤロー!アイツがじょうずで、俺はヘタか!!

 

ディレクターに「歌の出だしは1カメ、そのあとは3カメに顔を向けて下さい」と言われ「バカヤロー!いちいち指図するな!俺はブスの素人じゃねぇんだ!」

 

村田英雄伝説 楽屋ネタ&言い間違え編

村田先生の周囲が騒がしい、すると「もう少し静かに話せ!俺は神経がバリケードなんだ」と真面目な顔をして怒鳴った。

地方ロケで、地元の人がサバを出したときにこう言った「俺はエネルギー体質だからサバは食わない!」

 

若手を相手に説教をしているとき「字には意味があるんだ。人という字は互いに支えあって・・・」と言いながら「入」と書いた。

ラスベガス公演から帰ってきた五木ひろしに「おお、五木!ガスベガスショーはどうだった?うまくいったのか、ガスベガスは?」

たけしが村田の行きつけのバーに一緒に飲みに行くと、バーテンに向かって「おい!俺のボルト出せ!」と言った。

 

ビートたけしがレコードデビューすると聞き、村田先生がたけしに囁いた。「たけちゃん、他人のジャングルを荒らしてはいけないよ」

村田英雄伝説 海外旅行編

外国に行くことになった村田先生、飛行機に乗ってマネージャーに言った。「席を回せ!向かいあって座ろう」さらに「暑いから窓を開けろ!」と客室乗務員に命令した。

入国に必要な書類のSEX(性別)の欄に「週2回」と書き、ここには「男」と書いてくださいと訂正を求められると「俺は男とSEXはしない!!」と客室乗務員にキレた。

 

番組を実際に聞いて見たい方は…。

当時の番組を録音した貴重なビデオや近年北野監督がリバイバルさせた村田ネタがYoutubeにアップロードされています。抱腹絶倒しますので電車での閲覧にはくれぐれもご注意のほどを!それでは、皆様楽しい週末をお過ごしくださいませ。

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック。合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す