もう恋なんてできない…<恋愛がわからない>大人男性のために恋愛を解説

恋愛に憧れていた”男の子”だった頃があった。

恋愛がわかったつもりでいたことだってあった。

そして、いまになって恋愛がわからなくなった。

だから、もう恋なんてできない……そんな20代後半〜30代前半の男性が増えているといわれています。女性でも恋愛がわからなくなって消極的になってしまうときです。

恋愛感情って、どんなもんだっけ?

恋愛ってどうやってするんだっけ?

恋愛がわからない大人男性は、毎日の忙しさを理由にして、恋愛をしないようになってしまう傾向がみられます。いま、恋愛をするためにはどうしたらいいのか。それは、改めて恋愛について知ることです。

そこで今回は、恋愛がわからない大人男性のために、恋愛について解説いたします。

恋愛感情とは?

恋愛感情とは? そう真剣に向き合ったことがあるでしょうか。気が付いたらはじまっているのが恋愛だと思っていることもあるかもしれません。恋愛感情とは男性にとって<特定の女性に対して特別な愛情を抱くようになること>をいいます。ああ、きれいな女性だな。ああ、かわいらしい女性だな。このくらいでは、恋愛感情とはいえないでしょう。あくまで、タイプがドンピシャだっただけ。もっと、この女性だからといえるくらいの愛情がなければいけません。

もし、恋愛が怖いなら……

恋愛感情がわからないというより、恋愛感情が怖いというパターンもあります。恋愛感情を怖いと思ってしまうのはどうしてでしょうか。まず、その理由を5つあげていきます。

  1. 恋愛対象の相手に拒絶されるのが怖い
  2. 女性という存在に偏見があるから怖い
  3. 周囲の反応が気になって怖い
  4. まともな判断ができなくなるから怖い
  5. 恋愛している自分を想像するのが怖い

恋愛対象の相手に拒絶されるのが怖い

女性に告白されて受け入れられなかった経験があると、どうしても恋愛対象の相手に拒絶さらえるのが怖いと思うようになってしまいます。特に男性だと、自分から告白しなければいけないというプレッシャーがあります。

女性という存在に偏見があるから怖い

女性という存在そのものに偏見があるから怖いと思うものです。これまであまり女性と接することがなかった男性にとって、女性とは未知の存在そのものです。どのように扱っていいのかわからない。なにを考えているのかわからない。だから怖いのです。

周囲の反応が気になって怖い

恋愛をしたとき周囲がどんな反応をするのか気になって怖くなることがあります。両親・兄弟はどう思うだろか。なんていうだろうか。親しい友達たちはどうだろうか。職場の人間はどうだろうか。恋愛感情よりも周囲の反応が上回ってしまうと、恋愛感情が怖くなってしまいます。

まともな判断ができなくなるから怖い

まともな判断ができなくなるから怖い。恋は盲目とはよくいいます。だからこそ、本来できる判断ができなくなってしまう、つまり理性的でなくなってしまうことが怖くなるのです。大人なのに恋愛のせいで判断力を失ってしまうのはいかがなものか。その理性こそが恋愛を怖いと思わせているのです。

恋愛している自分を想像するのが怖い

これまで恋愛経験がないと、恋愛している自分が想像できないはずです。そして、特定の女性と親密にしているところをイメージするだけで、まるで自分ではないみたいで怖くなってしまうのです。

恋愛がわからない男性の<恋の処方箋>

恋愛がわからない男性が恋をはじめるにはどうしたらいいのか。ここではそんな男性のために恋の処方箋をお届けします。

恋愛対象の女性がいるかどうかを知る

まずは恋愛対象になっている女性がいるのかどうかチェックしてみましょう。恋愛は相手ありきです。まずは気付かないうちに惹かれている女性がいるかどうか知るところからはじめなければいけません。

知り合いの女性からLINEがきたら?

知り合いの女性からLINEがきたらどうでしょうか。LINEの内容が気になってしかたがないのなら、その女性に少なからず興味・関心を持っているということです。

その女性に恋人がいないと知ったら?

その女性に恋人がいないと知ったらどうでしょうか。どこか、安心するような自分がいるようなら、間違いなく恋心がひそんでいます。

このまま一生会えなかったら?

究極なのが「このまま一生会えないとしたら」です。このまま一生会えなくなって後悔すると思ったら、相手の女性が特別である証拠です。

恋愛映画・ドラマをみてみる

恋愛映画・ドラマをみてみましょう。なんだか照れ臭い気持ちになるかもしれません。ですが、そのうち自分だっていい恋愛がしたいと思えてきます。ここで、おすすめ3作品にも触れておきます。

やまとなでしこ(2000年)

キャビンアテンダントの松嶋菜々子演じる桜子と家業の魚屋を継いでいる堤真一演じる欧介の格差ラブストーリーです。お金にしか興味がなく、より条件がいい男性と結婚しようとする桜子と桜子に惹かれる欧介のふたりが、次第に愛し合うようになっていきます。紆余曲折のすえ、怒涛の最終回が待っています。

画像参照:駿河屋.jp

DVDの購入はこちらから

やまとなでしこ DVD-BOX

東京ラブストーリー(1997年)

ラブストーリーは突然にが主題歌の織田裕二と鈴木保奈美によるラブストーリーです。優柔不断ながらもとっても真面目な新入社員・完治が気に入って、ちょっかいをかける自由奔放なOLのリカ。本心がみえないリカに振り回される完治。親しくなるのは、ふたりで一緒に仕事をしてからです。衝撃の最終回に恋愛とは、愛することはと考えさせられます。

画像参照:LINEショッピング

DVDの購入はこちらから

東京ラブストーリー DVD BOX

主題歌の購入はこちらから

ラブ・ストーリーは突然に

オレンジデイズ(2004年)

青春恋愛ドラマの不朽の名作として知られているオレンジデイズ。どこにでもいる男子大学生と聴覚を失って心を閉ざしてしまった女性大学生の恋愛模様が描かれます。妻夫木聡と柴崎コウの瑞々しい演技が光ります。複雑な状況のまま最終回をむかえますが、タイトルのようにさっぱりと甘酸っぱいラストシーンをむかえます。

画像参照:楽天市場(HAPPYSHOP)

Blu-rayの購入はこちらから

オレンジデイズ Blu-ray BOX

恋愛がわからないときに聴きたい曲

恋愛がわからないとき、音楽からヒントを得られることがあります。ここでは、恋愛がわからないときに聴きたい曲をご紹介します。

GReeeeN 【君想い】

たったひとりの女性への気持ちをストレートに言葉にしています。愛する女性がただ笑っていること。それにどれだけの価値があるのかがみえてきます。

収録アルバムの購入はこちらから

あっ、ども。おひさしぶりです。

Darling 【西野カナ】

女性にとってリアルな恋することが詰め込まれた名曲です。女性目線だからこそ、ぜひとも男性に聴いていただきたいもの。どこにでもあるような、しあわせな恋愛がみえてきそうです。

シングルCDの購入はこちらから

Darling

小さな恋の歌 【MOUGOL800】

ラブソングの鉄板、モンパチの小さな恋の歌。男性目線のひたむきな恋する気持ちを歌っています。カラオケで歌いやすいのもポイント。

収録アルバムの購入はこちらから

MESSAGE

ちょっとでも恋愛がわかればいい恋ができる

ちょっとでも恋愛のことがわかったら、いい恋がしたいという気持ちに後押しされ、恋愛のきっかけにもなるのではないでしょうか。もちろん、恋は恋をしなければわかりません。恋をするほど恋のことがわかるようになっていきます。もちろん、ときには見失うことだってあります。でも、本当に恋がわかったとき、必ずとなりにはたったひとりの愛する女性がいるはずです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター