取引先の女性をデートにどう誘う? 仕事に影響ない誘い方を知る

大人のサラリーマンともなれば、取引先や、社内の他部署など、沢山の女性と仕事上でかかわる事があります。

仕事場だから恋愛なんてもってのほか、というような真面目な考えも良いですが、人生をよりよく過ごすためには仕事とプライベートのオンオフはしっかりつけて、仕事関係で知りえた女性ともデートを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

ちょっと気になるあの女性を、どのようにしてデートに誘えばいいのだろうか?

そんな風にお悩みのデキル男の皆さまのために、職場での出会いで気を付けておきたいスマートな女性へのアプローチ方法についてご紹介いたします。

取引先の女性と恋愛関係になるにはどうすればいいのか?

それでは実際に、接点が持ちにくい取引先の女性と恋愛関係になるにはどうすればいいのでしょうか。

まず第一段階として、相手の女性をデートに誘う事が大切ですが、切っ掛けつくりというのは難しく感じますね。

今回も、取引先女性をデートに誘う方法を、例にそってご紹介してみようと思います。

取引先の女性が気になり、デートに誘いたいA男の場合

広告代理店に勤めるA男は、いつもミーティングで訪れる航空会社の受付に居るC子が気になっていた。

大人っぽく魅力的なC子をデートに誘ってみたいけれど、中々一歩踏み出せない。

客先の受付嬢に手を出すなんて、と社内で噂になるのも困るし、なにより断られた時、仕事で気まずくなるのは困る。

A男はいつまでもC子にデートの誘いをかける事ができず、結局諦めてしまった。

このように取引先で出会う女性に対して、中々アプローチができないというお悩みの声は良く聞きます。不安要素としては、この点がネックになっているのではないでしょうか。

  • 断わられたら気まずい
  • 接点がそもそも持ちにくい
  • 取引先と言う事もあって失礼にならないだろうか?

この場合、A男が取引先のC子をデートに誘う時にどのような方法がスマートだったかについてご提案いたします。

1、取引先の担当者につないでもらう方法

取引先の女性とデートをしたい、アプローチをしたい、そのような時に一番良いのは「筋を通す」方法です。

筋を通さずデートに誘うと、仕事先の人間関係がこじれる事もあり、また取引先からの心象が悪くなる確率が高くなります。

「あいつは仕事をしにきてるんじゃなくて、女の子を探してチャラチャラ遊んでる」なんて客先の方に思われてしまうと、その後の仕事にも支障をきたす事になりかねません。

そのような時、どう筋を通せば良いのかというえば、取引先で常に一緒に仕事をする方に、取り次いでもらう「お見合い」方式が一つあります。

取引先のお客様のDリーダに、A男がこのようなお願いをする方法です。

A男「Dさん、実はお恥ずかしながら、受付のC子さんが気になっていまして。一度食事などにお誘いしたいのですが、お付き合いされている方はいるのでしょうか?」

Dさん「C子さんか、彼女は独身だし、よければ彼女を含めた食事会でもセッティングしましょうか。C子さんに聞いてみますよ」

A男「ありがとうございます!」

このように、取引先の担当者を味方につけると、「お見合い」の場をセッティングしてくれる場合があります。

もちろんこの方法は取引先の担当者に貴方が仕事で認められたリ、人間的に認められている事が前提になりますが、味方を作る事でスムーズに取り次いでもらえます。

また、相手の女性がすでに既婚者だったり、恋人がいる場合などは、その段階でわかりますので情報収取ができるのでおすすめです。

2、新年会、忘年会などのイベントにかこつけて誘う方法

続いて、社外の人との飲み会などで参加しやすい空気の時に飲み会などに誘って距離を詰めていく方法です。

忘年会、新年会、プロジェクト完了祝いの飲み会、などのイベント単位で誘ってみる方法です。

この時に直接相手の女性に声を掛けにくいという時などは、仕事上の担当者などを通す方法がスムーズで、また筋が通っています。

A男「Dさん、今度忘年会ですが、御社との親睦も含めていつもお世話になっている受付のC子さんもお誘いしたいのですが」

Dさん「いいですね、私の方で声を掛けてみますよ」

A男「ありがとうございます、C子さんの連絡先を存じませんでしたので、お願いしてもよろしいでしょうか?」

Dさん「うん、私が連絡しておきますよ」

このように「いつもお世話になっている方を誘いたい」という言い方であれば、スマートに誘う切っ掛けを得る事ができます。

取引先の女性をデートに誘う時の注意点は

取引先の女性にアプローチするとき、気を付けたいのが万が一断られた時などに、気まずくなったり、仕事がやりにくくなったりする事を避ける事です。

社内であればまだ言い訳もたちますが、社外の人間関係においては、外聞も気にすべきです。

  • いきなり取引先の女性をデートに誘わない
  • 筋を通して、どなたかに紹介してもらう形にする

いきなり受付の女性をデートに誘うのではなく、一度筋を通して第三者の方に間に入ってもらうことで、遊びではなく本気で相手を想っているという風にもなります。

また取引先の方に、「ナンパ目的できている」と不快に思われないように、予め話を通しておくと良いでしょう。

取引先の女性が気になるけれど、中々接点が持てない場合は、直接デートに誘うのではなく、第三者を間に通す、この事を忘れないようにしてください。

POINT
取引先女性をデートに誘う時は第三者に紹介してもらう方法がスマート

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター