出会い系ではタメ口と敬語どっちがいい? 好感度抜群の言葉遣いとは?

出会い系ではタメ口と敬語どっちがいい? 好感度抜群の言葉遣いとは?

出会い系で女性にアプローチするとき、親しみやすいタメ口にするべきなのか、それとも失礼がないよう敬語にするべきなのか、悩んでしまう男性だっているのではないでしょうか。どちらが好感度抜群の言葉遣いなのか、気になるはず。

そこで今回は、男性と女性の出会い、そして恋愛についてのライティングをしてきたライターが、出会い系の好感度抜群の言葉遣いをご紹介します。

最初は敬語からはじめるべき

ファーストコンタクトでは敬語からはじめるべきです。敬語によって誠実な人柄だとアピールできます。出会い系だからこそ、誠実さが大切にされるともいいます。この男性だったら安心して会うことができると思ってもらうことが大切なのです。出会い系では魅力的な女性ほど、男性がどれだけ誠実なのか、その人柄をみています。どんな男性でもいいから出会いたいという女性のレベルは、はっきりいうとレベルが低いです。どんな女性でもとりあえず会いたいのであれば、馴れ馴れしいくらいのタメ口でもいいかもしれません。

出会い系の敬語=ビジネス敬語ではない

ビジネスマンに気をつけていただきたいのが、出会い系の敬語=ビジネス敬語ではないということです。普段どおりのビジネス敬語では、むしろお固すぎて女性から避けられてしまいます。レストランのホールの女性や、コンビニスタッフの女性に話しかけるような、気軽な言葉遣いでいいのです。

【例外】ファーストコンタクトからタメ口にするべき女性

例外的にファーストコンタクトからタメ口にするべき女性がいます。プロフィールがタメ口の女性は、ファーストコンタクトでもタメ口で構いません。プロフィールがタメ口の女性は、フランクに接してもらいたいと思っているのです。

ずっと敬語でやりとりはNG!

誠実な人間性をアピールするためだからといって、ずっと敬語でやりとりするのはNGです。出会い系アプリで男性と出会いたいという女性たちは、たくさんの男性たちからアプローチされています。それぞれの男性とのやりとりでちょっとずつ親密になっているのです。それなりにやりとりをしているのに、ずっと敬語のままでは、なかなか親密になれません。女性は親密になった男性とのデートに踏み切ります。他の男性に先を越されるなんてことだってあるのです。

いつから敬語からタメ口に移行する?

ファーストコンタクトは敬語、親しくなるにつれてタメ口というプロセスはわかったはず。ここで頭を悩ますのが、じゃあいつから敬語からタメ口にシフトする?ということです。アプローチしている女性が、自分に対して興味・関心を持つようになったあたりがベストでしょう。

  • 女性から質問されることが増えた
  • 最初の頃より顔文字が増えた
  • すでに相手がタメ口になってきている

このようなポイントがあげられます。もし、ひとつでもあてはまっているのであれば、敬語に移行するべきです。馴れ馴れしくもなければ、今更感だってありません。

さりげなく敬語にタメ口を付け加えていってもいいですし、わずらわしく感じるようであれば、相手女性に「そろそろタメ口にしませんか?」と提案してみましょう。

ファーストコンタクトは敬語、それからタメ口にするのがベスト

出会い系における好感度抜群の言葉遣いについて、ここでまとめてみます。

  • ファーストコンタクトは敬語で誠実な人間性をアピールする
  • 親しくなってきたら、ちょっとずつタメ口にしてしていく

いきなりタメ口で馴れ馴れしいのもよくありません。だからといって、いつまでも敬語ではなかなか親しくなれません。タイミングをみて敬語からタメ口にシフトしていきましょう。

他の男性に出し抜かれることなく、目当ての女性とデートできるはずです。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す