何故彼女は風俗業界に入ったのか?キャバクラ嬢が語る夜のハローワークとの出会い

何故彼女は風俗業界に入ったのか?キャバクラ嬢が語る夜のハローワークとの出会い

過日、古いDVDリストを整理していると過去の取材記事のアーカイブが沢山出てきました。殆どの記憶の外にある取材記事。しかし、「夜のハローワークE嬢インタビュー」とのラベルを見て、その取材内容が鮮烈に蘇ってきました。丁度、岡崎京子先生の、風俗嬢マンガを読み返していた処。個人情報に抵触しない程度で、「何故彼女は風俗業界に入ったのか?」を書き記してみたいと思います。

元キャバクラトップキャストE嬢との出会いはお水イベントから

出典:キャ万博実行委員会

E嬢との出会いは、当時有名なエンターテインメント企業が経営していた大規模クラブ。取材日には都内のキャバクラ40店舗から300名のキャストを集めて開かれたお水イベントの最中。E嬢は、その出演者の一人でした。イベントのプロデュースは、有名なTI氏。当日の模様は、同氏が出演されるテレビ番組でも使用されるとの事で、多数のカメラクルーとキャパ800人を超える1000人の観客が来場。熱気と血走った男性の視線が充満するまるで男子体育会系部室の様な汗臭くすえた匂いを醸成していました。正に、男の欲望ここにありと言った感じが思い出されます。

インタビューはクラブのVIPルームで

インタビューにご協力いただいたE嬢

そんな熱気溢れる会場を他所に、インタビューはスタッフのご配慮によりVIPルームで。そこは、会場とは裏腹に静謐な雰囲気。高級寿司店Qのケータリングサービスなども入り、BGMはヒーリング系の緩やかなもの。スーツ姿の紳士達が、ガラス越しやモニターを熱心に覗きこんでいるところを見ると、スポンサー企業の控え室に使われているのでしょう。そんな、中に、小顔でロングヘアーのE嬢がチョコンと座っていました。女性目にも可愛らしく、グラビア系のモデルによくいそうなコンパクトグラマー体型です。私の描いていた「キャバ嬢って肉食的」と言うイメージには程遠く、割とフツーなんだと言う第一印象でした。

きっかけは夜のハローワーク

主典:フジテレビ

そんな、ごくフツーに綺麗なお姉さんが何故、キャバクラ業界に入ったのか興味深く聞いてみると意外な言葉が・・。
「夜のハローワークの紹介なんです!」
「えっ、それって何ですか?」
思わず身を乗り出した私に、E嬢が優しく丁寧に答えてくれました。

夜のハローワークとは?

E嬢の話とwebの情報を要約すると

  • 厚生労働省より有料職業紹介許認可を取得。女性がナイトワークで安心して働ける職業紹介と環境作りを提供している。
  • 独自の求人・求職者システムがあり、全国2500軒のキャバクラ・クラブが加盟している
  • ヘアメイクや美容関連の人材・設備を自社保有。ドレスのレンタル、転居、託児所まで幅広いケアが受けられる

更に、

キャバ嬢をステップにコンパニオン・モデルへ転身!更には芸能界デビューもサポートしてくれる!

主典:キャ万博実行委員会

「実は、私にもDVDデビューの話があるんです」(後日、2枚のイメージDVDをリリース)
E嬢は大きな眼を一段と輝かせて答えてくれました。
聞けば、このイベントもこの夜のハローワークが、キャストさんたちのメディア露出と進出。そして新規常連客獲得や同伴出勤促進のために主催しているとか。
「夜のハローワーク。なかなかいい仕事するじゃないか!」
キャバ嬢になる目的も、多種多様化しているんですね。

この話を聞いた途端、席の向こうで熱心にモニターを見つめているスーツ紳士たちが、スポンサーのみならず芸能関係者に見えてきました。
そして、イベント終了後、実際に顔見知りの大手芸能事務所WのI取締役に遭遇。
「キャバ嬢の皆さん。確かに業界人は見ていました!」

エンターテインメント性の高さに驚いたキャバ嬢イベント

主典:お水サミット実行委員会

その後、夜のハローワークの役員の方も交えたインタビュー。開催中のイベントについてご説明いただきました。過去に、1000人超のイベントを東京、名古屋で開催しているとか。名前も、「お水サミット」、「キャ万博」など時事ネタ・権威付け・おちょくり感が絶妙。これは、スーパープロデューサーTI氏の為せる技なのでしょうか?また、当日のイベントラインナップも見事!

出典:キャ万博実行委員会

司会はYOU THE ROCK★氏と当時現役JJガールの金子絵里さん
m-floの元ヴォーカルLISAさんのライブ
着エログループ Welcomeのライブ
キャバドレス・ファッションショー
カッコ良かったのは、ポールダンスで世界チャンピオンになったHype Da HustlerのREIKO & ATSUMIさん。これを観れただけで良かったと満足した女性客は多かったはず。

出典:Hype & Hustler

因みに、これだけのショーと300人の人気キャバ嬢の接待が受けられて男性入場者は8000円(ワンドリンク付)との事。うーんその価格妥当性は、女性にはわかりません。夜のハローワークにキャバ嬢イベント。知らない風俗の世界がわかり、為になる六本木の夜でした。(2006年当時の記事に加筆修正。文中の価格や芸名表記は当時のまま)

 

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック。合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す