出会い系を使っている女子のあるある「絶対ヤリモクでしょ?」下心バレバレな瞬間

ライフワークに出会い系を取り入れている女性たちのあるあるが、絶対ヤリモクでしょ?といいたくなるほど、下心バレバレな瞬間です。例え、ヤリモクであったとしても、巧妙に隠しきれていると思っていますか?実は、出会い系に慣れている女子たちにはバレバレです。
そこで今回は、これまで出会い系アプリでたくさんの男性たちと知り合い、それぞれ素敵な関係になれた女性ライターが、下心バレバレ、ヤリモクだなと勘付いた瞬間をご紹介します。

出会い系だからってドン引き! ヤリモクな下心バレバレな瞬間

出会い系だからといって、ヤリモクは歓迎されません。比較的セックスにオープンな女性であっても、あまりヤリモクでは気分よくないもの。女性にとってのセックスは、男性が想像している以上にフィーリングが大切になってきます。恋愛とはいかなくても、ある程度気持ちがないと難しいのです。そんな女性だからこそ、敏感に下心を察知してしまうのです。もしかしたらあなたも下心バレバレなこと、していませんか?

出会い系でなくても、女の子にアプローチするとき、下心バレバレになっているかもしれません。

メッセージのやりとりに下ネタ連発

きっとセックスにオープンな女の子なんだろうと下ネタを連発してしまったら……セックスにオープンな女性であっても下心がみえみえで不愉快になります。1週間にどのくらいセックスしているの?だとか、どんなセックスなら気持ちいい?とか露骨な質問をよく知らない男性からされると、正直にいって気持ち悪いです。

スタイルのことばかりきいてくる

容姿のうち顔立ちではなくスタイルのことばかりきいてくると、女性はヤリモクだな……と思います。ブラのサイズは?スリーサイズは?筋トレとかしてるの?とか、自分のタイプのスタイルかどうかチェックしていることがバレバレです。

やたらアルコールをすすめてくる

本来であれば、飲んでいても次から次へとアルコールをすすめてくることはありません。無理していないかどうかきいてくれたり、チェイサーを頼んでくれたりするものです。ですが、ヤリモクの場合はどんどんアルコールをすすめてきます。男性もすでにわかっているはず。酔わせて判断能力をにぶらせてヤルことが目的なのです。勘がいい女性は途中で気づいて、お酒をセーブしていきます。けっこう、わかりやすいですよ。

褒め上手すぎる

それほど女性に慣れていない男性は、あまりうまく女性を褒められません。女性だって男性は不器用な生き物だとわかっています。だからこそ、やたら褒め上手な男性に出会ったらおかしいと思うのです。褒め上手すぎると。女性を褒めて落とし込んでセックスするのがヤリモク男性の常套手段。途中から褒めてもあまりいい反応をみせなくなったら、おそらくヤリモクであることがバレているでしょう。

デートのセッティングは夜ばっかり

普通、恋愛対象の相手であれば、デートのセッティングは夜だけに限定されません。都合が合えば日中にだってデートします。だから、デートのセッティングが夜ばっかりだと、さすがに女性も狙われているなと気がつきます。なんやかんやと理由をつけて断られたら、感づかれていると思った方がいいでしょう。

ヤリモクだってバレたらむしろヤれない

セックスにオープンな女性だって、相手を選んでいます。最低限、この男性になら抱かれてもいい、この男性には絶対抱かれたくないというのがあります。さらに、女性であるからこそ自分のことは自分で守らなければいけません。出会い系であっても、男性が驚くほど気を付けている女性は山ほどいます。だから、ヤリモクだってバレたら、むしろヤれないんです。

そのため、ヤリモクだとばれないように、下心バレバレの瞬間にあるような、言動・行動は徹底的に避けなければなりません。女性が欲しいのは、最低限の信頼性です。下心なんてまったくないような、信頼できる男性を演じることも、男性の出会い系テクニックのひとつだといえるでしょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター