【平成の明智光秀】元高級クラブママが語る私の中をすり抜けていった没落IT億万長者達の三日天下

【平成の明智光秀】元高級クラブママが語る私の中をすり抜けていった没落IT億万長者達の三日天下

“私の住んでいるマンションは、何故かお水の関係者が多い。それは、オーナーが伝説とも称される伝説の高級クラブのママだからである・・。”

イケナイこのフレーズ。冒頭からサイトのトンマナを逸脱しそうです。オーナー兼元ママ曰く、「あなたこの間、作家I先生の事書いたでしょ?興味半分に適当な事ネットに書くんだったら部屋出ていってもらうからね!」と言いながら、更に面白いお話をしてくれました。こうなったら私、退去命令覚悟で、書かせていただきますわ!題して、【平成の明智光秀】元高級クラブママが語る私の中をすり抜けていった没落IT億万長者達の三日天下…。

伝説の元六本木高級クラブママUNさんをおさらい

(註:wikipediaにはママの記載がなかったので、従来とは異なり自分で作成させていただきます。)

 

a.k.a UNママ 京都府出身。大学在学中、アメリカフロリダへ交換留学。現地で知り合った黒人ジャズベーシストと結婚、女児をもうける。その後、性格の不一致で離婚。帰国後、表参道・南麻布・南青山等で伝説のオープンカフェ、プールバー、会員制の高級クラブなどを経営し尽く成功させる。政財界、芸能界、スポーツ界では知る人ぞ知るゴットマザーである。他方、持って生まれたスピリチュアルな感性で、高名経済団体の歴代理事長職に占いとコーチングを実施。日本のゴットマザーの一人である。

日本のIT業界の大御所N氏の愛人として…

帰国後、日米ハーフのひとり娘を育てるため、銀座でクラブホステスとなる。持ち前の美貌とよく当たると評判がたった占いで政財界VIPから人気。殊に、日本のIT業界の父と呼ばれるN氏との愛人関係は有名。氏が逝去する直前までその寵愛を受ける。

N氏の示唆とスピリチュアルな感性で巨額の投資利益そして三日天下を回避

N氏は他にも数人の愛人がおり、UNママのもとを訪れるのは月に一度か二度。毎月のお手当は筆頭秘書が届けてくれました。N氏は経営のみならず知る人ぞ知る投資家。一説には1兆円を超える個人資産を保有していたと言われています。そんなN氏は、筆まめで知られ月々のお手当の中には手書きの書簡が添えられていました。「UNへ この金の一部でXX社の株買うとけ。儲かるで!後で、XっていうN証券の担当行かせるから」。N氏が示唆したのは新興市場Mで公開が決定していたLと言うIT企業の株。「買った次の日に売れ!」という指示通りにすると、投資額が一日で4倍になったそうです。その後、L社の株価は下がり続け最終的には1円そして倒産という悲惨な末路を辿りました。L社の三日天下を回避しました。

来店時に感じたIT起業家H氏とM氏の将来性

著名な起業家N氏の愛人が経営する店なので、UNママのもとを訪れたIT経営者は数知れません。その中で有名なエピソードを披露してくれました。上場益で企業買収を繰り返し時価総額経営などと言いながら、顛末は逮捕され、会社を無くしたH氏。対して、創業時からH氏と双璧と並べられながら現在も堅実な経営を続けるM氏。「Mさんはジジゴロシなのよ。だから可愛いがられる。片やHは生意気。戦国武将に例えれば、明智光秀ね。それとHの部下たちはMさんとこと比べて貧相だったわ。奴らの靴は汚れてた。だから、H系は出禁にしたの。」ITや経済学の知識はなくても、男の目利きは一流のママ。流石です!

IPOは果たしたがホラ吹きだったローカル企業オーナーY氏のデビット・ジョンソン事件

UNママのパパN氏が自身の誕生日に今は亡き世界のスーパースターMJを呼んでプライベートパーティーを開いたのは有名な話。エグゼクティブクラスのIT業界人ならば知る人ぞ知る話です。その話をさも自分がしたかの様に語り、しかもアーティスト名まで間違えてホラ話を恥かき話にまで変えてしまった平成の光秀さんもいた様です。Y氏は一般的なIT起業家と比べ高齢。IPO(株式公開)を果たしたのは50歳を超えてからでした。しかも、本社所在地は近畿地方の地方都市。店では異質の顧客でした。そのY氏曰く、

「先週、T国ホテルで誕生パーティーをやったんや。ゲストはあの、お化けの音楽ビデオに出てたデビット・ジョンソンでっせ!」

一瞬、何を言っているのか解らなかったUNママ。しかし、ふと我にかえると、それはNパパがT輪プリンスで行ったMJを呼んだ誕生日パーティーだと気がつきました。その時、すでに逝去されていたNパパ。尊厳を汚されたとムカついたママはおもむろにスマホを取り出し、Nパパ、ママ、MJの3人で撮った写真を無言でY氏に突きつけたそうです。真っ青になって、そそくさとお愛想を済ませたY氏。そんな氏にママは吐き捨てる様に、言ったそうです。

「Nさんは殺されても豪毅な信長。あんたは所詮三日天下の光秀よ!」

同じ建物にとんでもない女傑がいたもんだ! それでは、またお会いしましょう。(現在転居計画中)

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック。合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す