付き合う前のデートが肝心!賢い大人の成功プランとその秘訣とは?

付き合う前のデートは3回を目安に

付き合う前のデートは、相手のことを知る絶好の機会!大人の男たるもの、そのチャンスを見逃すわけにはいきません。

そして、誰もが悩む「付き合う前のデートの回数」については、3回がベスト。この3回を目安に告白すると成功率が高いんです。

フライングの告白もNGですが、何度もデートをして告白のタイミングを引き延ばすのも良くありません。

付き合う前のデートで注意すべきこと

  • デートプラン
  • 見た目の印象(身だしなみ)
  • 言葉づかいとマナー
  • 終電前の解散

[1]張り切りすぎないプランに

フォーマルな格好がマストなレストランを予約したり、明らかにお金のかかるようなデートを連想させるプランは避けましょう。男性側がデート代を支払うとしても、女性に気を遣わせることになってしまいます。

忘れてはいけないのが「気軽さ」。無難なくらいがちょうどいいのです。映画を観て、カジュアルなレストランでディナーを楽しみ、最後はバーで軽く飲む。

ありがちですが、物足りないくらいに留めておきましょう。ふたりの息があえば、その次のデートで行きたいところ、やりたい事を約束すればいいですし!

[2]身だしなみには細心の注意を

とにかく「清潔感」を大事にしましょう。女性はとにかく清潔感に敏感です。格好が多少ダサくても、ヴィジュアルがイマイチの男性でも・・清潔感があればまだセーフ。

身だしなみを整えるということは、相手へのマナーでもあります。だらしない格好や、印象を悪くしかねないコーデは避けましょう。

[3]言葉づかいとマナー

食事や買い物をするとき、お店のスタッフへどんな対応をするのか、女性は結構気にしています。横柄な態度をとったり、言葉づかいが悪ければ減点。そこには人間性が表れますから・・!

また、食べ方が汚い、箸の使い方が悪いのもNG。自信のない方は、今のうちに直しておきましょう。

[4]ダラダラせず早めの解散を

これ、とっても大事!

でもってデート成功のコツでもあります。盛り上がったときほど二軒目、三軒目へ行きたくなりますが、そこはサクッと切り上げてください。

余韻を残すことが狙い!だからです。長々とデートをすれば、お互いにお腹いっぱい状態。悪いことではないですが「まだデートしていたい」と思うときほど、早めの解散によって「相手のことを考える時間」が生まれます。こうすることが出来れば、次のデートのお誘いにもきっとOKの返事が来るはず。

デート後に注意すること

  • 家までではなく家の近くまで送る
  • 帰ったら必ず連絡を
  • 次のデートの約束はしない

「家まで送られたくない」という女性も中にはいます。付き合う前の相手に家を知られたくない、次はナイと思った、など理由は女性によって違いますが、ありがた迷惑にならないよう、適度な距離を意識してください。

また、送らない場合は相手が家に着いたか、確認する気遣いもお忘れなく。「今日はありがとう」のお礼メッセージも必ず送りましょう。

次のデートは、時間を置いて数日後に!

おわりに

付き合う前のデートで、相手に好印象を持ってもらえれば、ふたりの距離はグッと縮まるはず。そうなるためにも、最初のデートが肝心なのです。焦らず慎重に、それでいて気軽さを忘れずに、大人のデートを楽しみましょうね!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター