<若い女性達が陥落!>年の差カップル男性が語る成功した口説き文句

<若い女性達が陥落!>年の差カップル男性が語る成功した口説き文句

若く見目麗しい女性と付き合っている男性たちを見ると、どうせ玉の輿狙いの女性・パパ活の成功・高額プレゼントで釣っただけとか裏に隠れた男性の財力のおかげだとやっかみがち。しかし、そればかりではありません。筆者調査によれば、そんな殿方達は、素敵なフレーズで若い女性たちの心を掴んでいたのです。そこで、多数の若い女性がよろめいた!年の差男性達が成功した口説き文句を一挙ご紹介いたします。

ストレート系口説き文句

すごく年上だけど好きになっていいかな?

熱く情熱的に訴えかければ、どんなに年の差があっても相手の気持ちは動きます。「年長者のそんな素直さが嬉しい!」と心を動かされる若い女性は多いのです。逆に、年上であることを卑下してモジモジとしていたり、「近づいて来るのはどうせ、金目当てなんだろう」と言う態度をとっていれば、彼女の方は離れていくでしょう。なので、年が離れていても好きになったと毅然とした態度でストレートに告白しましょう。

絶対素敵な女性にするから

これは、あなたが年上だから言えるフレーズです。彼女と同じ年頃の女性であれば、「絶対幸せにするから」程度が精一杯でしょう。“女性にする”と言う部分に、さりげなく、君に金銭的援助をしますと言うニュアンスが含まれており、しかもいやらしく聞こえません。大人の男だけが使えるフレーズなので、是非試して見ましょう。

ただ、僕の方が少し早く生まれすぎただけだと思うんだ

当たり前の事実を言っているだけですが、そこには女性を対等に見ている又はそう、見ることができると言う男性の決意の様なものが感じられます。育った時代背景が違いすぎて話題が噛み合わない、生活スタイル全般の嗜好が異なる…。それはそれで大変な問題とは思いますが、本当の愛があれば、そんなもの全部克服できる事の様です! 年の差という変えがたい事実を殊更、悩むのはやめましょう!

甘え系口説き文句

女性は、生来お姉さま気質を持ち合わせています。例えば、同年齢の男女ならば確実に女性の方が面倒みたがります。例えば、年下彼女がキャリアウーマンなど強い自立心を持つ女性であれば、甘えた言葉も時には有効です。

年下と思えないくらいしっかりして頼り甲斐あるよね

年上の男性からの褒め言葉を多くの女性は素直に受け入れるもの。特に、プライドが高く自立志向の女性に対して、しっかりと言うフレーズは有効に作用します。例えば、彼女のビジネススキルなどが、掛け値無しに優れたものだと感じたなら、「年下なのに本当にすごいよね。」と常に口にするのも良いでしょう。

君に甘えたいと言う気持ちが抑えきれないんだけど…

如何に頑張っても男性だが持ち得ないもの。それは母性本能です。女性が、よく使い言葉「可愛い」。それは、母性本能の最たる発露だと言った作家もいました。女性が発する「可愛い」に関する定義や範囲は無制限です。極端な言い方ですが、おじいちゃんがお茶目な行動をしても「可愛い」、そして赤ちゃんが笑っても同じ可愛いです。もし、彼女がより母性が強いいわゆる姉キャラ女子であれば、このフレーズ有効ですよ。

一緒に〜しよう系口説き文句

続いて、プロポーズの王道「共に(一緒に)〜しよう!」系口説き文句です。

いい女になっていくのを一緒に見ていたいんだ

「私、いい女の素養があるのかしら?」と彼女のポテンシャルを褒めながらも、だから一緒にいたいと言うフレーズ。この言葉に加えて、「出会った時に比べて〜がずっと良くなった」とか、そう感じる根拠を示す言葉を付け加えると、信憑性と説得力が格段に向上します。

キミと一緒なら更に成長していけそうな気がするんだ

年の差カップル男性の多くは、エスタブリッシュされたリッチマン。既に完成された方々が多い事でしょう。そんな、セレブ達の更なる高みに協力できると言われたら、どんな女性でもグッと来る事でしょう。実際、数多くの美女達を落とした事で有名な世界の大富豪は、このフレーズを多用したと言われています。世界した男だけが使えるキラーフレーズですね。

お洒落なフレーズが散りばめられた年の差カップルドラマ 美しい人

出典:Amazon

ドラマフリークの筆者が、オススメする恒例の参考ドラマ。今回は、これしかないと言う程、今回のテーマにぴったりな「美しい人」です。

美しい人 

出演:田村正和、常盤貴子、大沢たかお、柳沢慎吾、森下愛子、内山理名、池脇千鶴、脚本:野島伸司 

出典: Amazon

男は逃げてきた女を助ける為に、彼女の顔を変えた!亡くなった妻に似せて・・。整形外科を営む京助(田村正和)のもとに、突然女性(常盤貴子)が現れ、自分の顔を変えて欲しいと依頼される。いったんは、手術を断った京助だったが、暴力を振るう夫から逃げるために整形したいのだという告白を聞き、手術を決意。みゆきと名乗る其の女性を、亡き妻とそっくりに整形する。(出典:Amazon)

 

 

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック、合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す