やっぱり〈友達に自慢できる彼女〉が欲しい! 男性にとって自慢できる彼女の特徴

やっぱり〈友達に自慢できる彼女〉が欲しい! 男性にとって自慢できる彼女の特徴

男性心理を理解するのはなかなか難しいものではあります。ですが、かくも世の中の男性たちは、総じて心のどこかで友達に自慢できる彼女がいいと思っています。

女性にとって男性心理はわからないもの……いってはみたものの、女性にもあれ?と思い当たるところがあります。

こんな女友達に紹介できないようなオトコなんて……と思ったことが、1度や2度ではすまないくらいあるもの。男性だってそうなのでしょう。女性ばかり棚にあげていってはいられません。

どうすれば友達に自慢できる彼女ができるのか。ついつい付き合う女性に妥協してしまう男性は、ここで一度男性にとって自慢できる彼女の特徴について知ってみましょう。きっと、次は思いっきり友達に自慢できる彼女ができるはずです。

友達に自慢できる彼女の外見的な特徴

どんなルックスの女性だったら、男友達たちに彼女なんだと自慢できるのでしょうか。ここではそんな友達に自慢できる彼女の外見的な特徴についてご紹介します。

男性の身長マイナス15センチの女性

実際に並んでみたときの身長差がベストカップルの条件でもあります。直接男友達に会って紹介するとき、自分より彼女の身長が高かったらどうでしょうか。男性が「ちっちゃい」と思われるかもしれませんし、女性が「でけえ」と思われるかもしれません。男性と比較して女性がミニマムサイズすぎるのも要注意。身長差が20センチ、30センチと極端になると、並んだときに釣り合いません。男性の身長マイナス15センチの女性がベストです。

客観的にみて十人並み以上は当たり前

客観的にみて「十人並み」以上の容姿は当たり前。10人の女性がいたとしたら、そのうち1番か2番くらいには容姿端麗でなければ自慢はできないでしょう。実際、十人並みという言葉には「容姿・器量・才能、どれをとっても劣っているとはいわないが、とりたてていいわけではない」という意味があります。そこらへんにいる女性レベルで満足してはいけません。

ファッションセンス・ヘアメイクセンスがいい

素材は悪くないけど野暮ったい……よくみたら、ほとんどすっぴん!なんていう女子力のカケラがない女性は同性からみても恥ずかしい!美意識があってセルフメンテナンスにも抜かりがない女性は、どのようなシーンでも相応しいファッション・ヘアメイクができます。まさに、どこへ出しても恥ずかしくない女性だといえるのです。せっかく親友の誕生日パーティーに招待しても、ダサいワンピースに垢抜けないヘアメイクでは、顔立ちがそこそこでも男性にとっては恥にしかなりません。

友達に自慢できる彼女の内面的な特徴

かつては「愛嬌のある女がいい」とか「器量よしの女がいい」とはいわれましたが、現代男性たちにもいえることです。ここでは、友達に自慢できる彼女の内面的な特徴をみていきます。

気配りができる

気配りができない女性は自慢できる彼女から除外しましょう。そもそも、気配りができる女性とはどんな女性のことでしょうか。

例えば、オーダーバイキングの飲み会でエビしゅうまいを頼んだ人がいるとします。このとき、料理が運ばれてくる前にさっと酢醤油を用意できる女性は気配り上手です。

食べ進め具合、飲み進め具合を見もしないで、次から次へと取り分けていくのはちょっと強引です。付き合ってみると身勝手なところがあるかもしれません。

あくまで、事前に相手にとってベストなことはなんなのかを見極められる女性こそ、気配りができるといえるでしょう。

男性を立てることができる

男友達に彼女を紹介したとき、コミュニケーション能力があってすぐに打ち解けてくれたのはいいんだけれど、本当のことをあけっぴろげに言ってしまうのだから、男性としての面目が丸潰れだった……なんて経験はありませんか?

男友達の前で彼氏を立てられない女性は、男性にとってマイナスにしかなりません。確かに、男性を立てるという言い方をすると、一昔前のことのように思えるかもしれません。ですが、相手にとってマイナスになる言動・行動はつつしむというのは、男性であっても女性であってもできなければならないことです。

怒ることがない

 

ヒステリーな女性、けっこういます。女性特有のホルモンバランスを原因にあげる女性もいますが、本当に怒ることがない女性は、自分自身のホルモンバランスを理由に、イライラすることを主張したりしません。

怒りやすい女性はどこかで自分が正しいんだから!と思っていたり、やってもらって当たり前のはず、どうしてやってくれないの?と思っていたりします。こんな怒りっぽい女性は、人前に出すのもヒヤヒヤするものです。

友達に自慢できる彼女のスペック的な特徴

彼女の職業を男友達にはいえない……なんてことも、実はあるのです。職場の同僚が彼女であればそんなことはないかもしれませんが……。また、家事全般のスペックだって見逃せません。さらに、家庭環境によっては、育ちの悪さが見え隠れしてしまうこともあります。ここでは、そんな女性の気になるスペックをみていきます。

魅力的な職業

魅力的な女性の職業として、おおよそ以下のとおりに分類されます。

  • 専門性がある職業・業種
  • 医療関係の職業・業種
  • 食関係の職業・業種
  • 女性らしい職業・業種

専門性がある職業の女性は魅力的です。ファイナンシャルプランナーとして活躍していたり、語学が堪能で翻訳をしていたり。友達にいうだけですごいといってもらえるでしょう。

看護師・医療事務・作業療法士・理学療法士など、医療関係の女性も男性から人気があります。

食関係の職業・業種の女性は、結婚してから「いいお嫁さんになりそう」という将来有望株です。例えば、調理師・パティシエ・ブーランジェ、あるいは栄養士などです。

女性らしい職業・業種は当然ながら男性から羨望の眼差しを向けられます。キャビンアテンダント、社長秘書、受付嬢などがあげられます。女性らしい保育士もいいでしょう。結婚してから「いいお母さんになりそう」という意見もあります。

風営法に関わるような職業をしている女性は、なかなか友達に本当のことはいえません。

育ちが悪い女性はすべてが恥ずかしい

家庭環境によって育ちの良し悪しが左右されるのは、残念ながら事実だと言わざるを得ません。

  • 言葉遣いが悪い
  • 食べ方が汚い
  • 公共の場でメイクをする
  • どんなことにも悪口をいう
  • 店員に対しての態度がよくない

育ちの悪い女性にはこのような特徴がみられます。友達にそんな彼女の一面をみられたら恥ずかしいことこのうえありません。また、お金に対して執着があるので、自分だけでなく紹介した友達と金銭的なトラブルになる可能性も無きにしも非ずです。

友達に自慢できる彼女は自分にとっても最高の彼女だった

友達に自慢できる彼女は、容姿・内面・スペックにまで妥協しなければ、自分にとっても最高の彼女になり得ます。どこかを妥協してしまった時点で、友達に紹介できないわけでなく、その欠点ばかりが目についてしまいます。友達に自慢できる彼女を、見栄のためばかりでなく、自分自身のためにみつけてみてはいかがでしょうか。

 

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す