セカンド彼女との付き合い方…魅力的な男性のセカンド彼女事情をご紹介

セカンド彼女との付き合い方…魅力的な男性のセカンド彼女事情をご紹介

魅力的な男性には、セカンド彼女がいるのも頷けます。彼女ともうまくいっていて、セカンド彼女ともうまくいっているという男性は、たいてい男性目線からみても魅力があります。

セカンドでもいいから付き合いたい。

女性にそういわせるほど、魅力ある男性だといえるでしょう。そんな男性たちは、どうやってセカンド彼女と付き合っているのでしょうか。セカンド彼女ができたという男性にとっても、魅力的な男性のセカンド彼女事情が気になるに違いありません。

そこで今回は、魅力的な男性のセカンド彼女事情をご紹介します。

セカンド彼女とは

セカンド彼女はあくまで〈セカンド〉です。恋愛関係にある本命彼女を愛しながら、その二番手として愛しているのがセカンド彼女です。一般的にセカンド彼女であっても、カップルとしてデートしたりセックスしたりしていますが、あくまで愛しているのは本命彼女だというわけです。

もし、本命女性との関係が冷え切っていて、セカンド彼女のことを愛しているのであれば、セカンド彼女というよりは、浮気相手、あるいは不倫相手だといえるでしょう。セカンド彼女だというときは、本命ありきなのです。

セカンド彼女の特徴とは

セカンド彼女について女性たちが口を揃えたのは、意外にも「セカンド彼女のほうがかわいい」というもの。真偽のほどは定かではありませんが、女性からいてセカンドのほうがかわいいことはよくあること。そんなセカンド彼女の特徴をあげてみます。

いわゆる体の相性がいい

セカンド彼女のことは、特別愛しているわけじゃない。セフレよりは愛情があるかもしれない。ただ、いわゆる体の相性がいいだけで、セカンド彼女としていつでも肉体関係を持っているということもあります。ただし、セカンド彼女なのでセフレのように割り切った関係を女性ができるかどうかはまた別の話です。

やっぱり魅力的な女性とも付き合いたい

顔だけじゃないから。だから付き合うことにした。もちろん、愛しているでしょう。ですが、男性たるもの魅力的な女性とも付き合いたいというのが本当のところ。多かれ少なかれ、男性にだって見栄があります。たまには魅力的な女性を連れ歩き、素敵な夜を送りたいものです。魅力的な女性といい関係になれたのなら、やはりセカンド彼女にしてしまうでしょう。

男性に尽くし過ぎてしまう

セカンド彼女になりがちな女性は、男性に尽くし過ぎてしまう傾向があるようです。男性に遠慮ばかりして、本命彼女がいても日陰で寄り添おうとするのです。男性に対してあれこれいうことはありませんが、とても依存していることだけは覚えておかなければいけません。

セカンド彼女との付き合い方

セカンド彼女とどうやって付き合っていけばいいのでしょうか。体の相性がよくて、素敵な夜を過ごすことができる。見惚れてしまうほどきれいでかわいくて、しあわせになれる。かいがいしく尽くしてくれて、いつもそっと寄り添ってくれている。やっぱりそれなりに愛しているセカンド彼女。どうやって付き合っていけばいいのでしょうか。

恋愛関係は恋愛関係 セカンド彼女も大切にする

もちろん、優先するべきは本命彼女です。ですが、セカンド彼女をないがしろにしていいわけではありません。恋愛関係は恋愛関係です。セカンド彼女とだって付き合っているのです。だとしたら、それはセフレという関係になってしまいます。恋人だということを忘れずに、セカンド彼女のためにできることをできるだけしてあげるようにしましょう。

セカンド彼女の魅力を言葉にする

セカンド彼女とは会いたくても会えないことがたくさんあるでしょう。セカンド彼女だって不安になりながら、会える日を待っているのです。だからこそ、できるだけセカンド彼女の魅力を言葉にしましょう。愛しているというよりも、実は効果的なんです。なぜなら、セカンド彼女は本命彼女よりも自分はなにかが劣っているのだと思ってしまっているから。本命彼女よりもここがいい。本命彼女にはないここがいい。そうはっきり魅力を言葉にしましょう。

他の男性にとられそうになったときの対応

他の男性にとられそうになったとき、セカンド彼女にとって「絶対にいい相手」だったら背中を押してあげましょう。無理やり縛り付けて、セカンド彼女のしあわせを奪ってしまってはいけません。じゃあ、「絶対にダメな相手」だったら……そのときは「彼氏」として、責任持ってセカンド彼女に言い聞かせましょう。たとえ、自分がしあわせにできないとしても、彼氏としての責任は果たさなければなりません。

心から本命彼女を愛して、心からセカンド彼女を大切にする

心から本命彼女を愛しましょう。そして、心からセカンド彼女を大切にしましょう。セカンド彼女を大切にできないのなら、それはただのセフレだと肝に命じておいてください。そして、セカンド彼女のしあわせのために、彼氏としてできることをするよう意識しましょう。そうすることで、セカンド彼女ともしあわせな関係になれます。

 

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す