【本当は怖い…バレンタインデー】 そこには愛のために殉死した司祭がいた その由来とは?

バレンタインデーに戦慄している男性諸氏がいるとかなんとか。バレンタインデーのチョコレートにおまじないのごとく、あんなものやこんなものをいれてしまうそう……それはさておき。実際のところ、バレンタインデーの由来は本当に怖いものなんです。そこには、愛のために殉死した司祭がいました。

そこで今回は、本当は怖い…バレンタインデーの由来についてご紹介します。

本当は怖い…古代ローマ帝国まで遡るバレンタインデーの由来

本当は怖いバレンタインデーの由来は、古代ローマ時代まで遡ることができます。現代からおよそ1700年前、バレンタインデーのはじまりとなる悲劇が起きたのです。

婚約・結婚を禁じられたローマ帝国の兵士たち

ローマ帝国が繁栄していた3世紀、騎兵隊司令官から皇帝に成り上がったクラウディウス2世治世のこと。故郷の恋人と離れたくないからと駆け落ちしてしまう兵士がいたとも、恋人・妻子をおいて戦地に赴いても、心残りから存分な戦いぶりがみせられない兵士がいたとも、実際のところはわかりませんが、このような理由からクラウディウス2世は兵士たちの婚約・結婚を禁じました。

愛のために殉死したバレンタイン司祭

人間には愛が必要である。ここで立ち上がったのが、キリスト教の司祭であるウァレンティヌス(バレンタイン)です。クラウディウス2世に知られないよう、秘密裏に兵士たちの婚礼をおこないました。しかし、うわさはすぐにクラウディウス2世にもたらされます。

忠告されながら、ウァレンテヌス司祭は婚姻の儀式を執り行い続けました。投獄されていたとき、ヴァレンティヌス司祭は看守に対して愛の大切さを解いていたといいいます。また、愛のための祈りを欠かしませんでした。

そしてついに、2月14日、ルペルカリア祭の生贄として命を絶たれてしまったのです。

バレンタイン司祭が生贄になったルペルカリア祭とは?

古代ローマにおいて2月14日は「ユーノーの祝日」といわれていました。家庭と結婚の神であり、すべての神々の女王でもあります。そして、翌日にあたる2月15日は豊穣を祈願する「ルペルカリア祭」。つまり、古代ローマの文化・風習であって、キリスト教に関係あるものではないのです。ここでキリスト教の司祭が生贄となったため、2月15日のルペルカリア祭もキリスト教における祭日になりました。これには、キリスト教の以外の「異教」をなくしていきたいという、クラウディウス2世の思惑があったともいわれています。

ヨーロッパのバレンタインデー

バレンタインの悲劇から1700年後……ヨーロッパのバレンタインデーはどうなったのでしょうか。ヨーロッパのバレンタインデーをのぞいてみます。

イタリア

悲劇の発端となったローマ帝国の中心地であったイタリアでは、現在でも恋人の記念日として認識されています。カップル・夫婦で過ごします。チョコレートはあげません。なぜなら、イタリアでは男性から女性にチョコレートを送ったとき、相手女性に対して好意がないことを意味するからです。ちなみに、翌日2月15日はシングルデー。新しい愛を探すための日です。

フランス

ほとんどが男性から女性に真っ赤なバラをプレゼントするのだそう。仲良しでも同性同士でバラを送り合うことはありません。そしてレストランで一緒にディナータイムを満喫します。そのため、バレンタインデー当日は花屋に長蛇の列ができています。

イギリス

日本人にとって見過ごせないのが、イギリスのバレンタインデーです。日本では当たり前のチョコレートを渡すのはイギリスから伝わったものだからです。男性から女性へ、チョコレートをはじめ様々なプレゼントで女性をよろこばせます。イギリスのキャドバリー社の贈答用チョコレートがバレンタインデーギフトで人気になったためです。

アメリカ

男性から女性へというスタンツは、まさにヨーロッパスタンツ。チョコレートをあげることはほとんどありません。赤いバラに限らず、メッセージカードとともにプレゼントを渡します。また、誕生日のようにケーキを用意することもあるようです。

カナダ

アメリカとほとんど変わらないのですが、ちょっとおもしろいのが義理チョコ…ではなく義理ギフトがあるということ。チョコではありませんが、本命以外にも配ります。

本当は怖い。だからこそ愛が大切なのだとわかるバレンタインデー

バレンんタインデー、本当は怖いもの。愛に生きて死んだバレンタイン司祭が儀式の生贄となったのです。ですが、バレンタイン司祭は最後まで愛の大切さをうったえました。愛のために祈り続けました。だからこそ、バレンタインデーは世界的な「愛」の日になったのでしょう。本当は怖い、だからこそ愛が大切なのだとわかるバレンタインデーの意味を、チョコレートを渡される前にちょっと見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター