パラレルキャリアで、人生に変化。ライフワークバランス、この時代をどう生きる?

ライフワークバランスという概念について、今現在国を上げて指導が入ってきています。残業の多い業種や、ブラック企業などに今鋭いメスが入っており、無茶な働き方ができなくなってきています。

一度就職してしまうと、自分のプライベートがなくなり、会社に滅私奉公をするのが当たり前だった時代は古くなっています。

もしかしたら皆さまのお勤めの会社も、働く環境が変化してきているかもしれません。

今までは「残業する人間ほど評価」されるような会社の風紀が一般的という会社が多かったようです。しかしながら、いつのまにか残業が禁止になったり、ノー残業デーができたり、有給取得が奨励されたりと、働くサラリーマンにとってはプライベートが充実しやすい社会の空気になっています。

仕事というのは私生活を犠牲にして成り立つ事が普通だった「サラリーマンとしての男の生き方」の昭和的な古い価値観はもう廃れていく時代が来たのかもしれません。

もし貴方のお勤めの会社が働き方改革の結果、ライフワークバランスを重視する環境になったとき、貴方の生活はどう変わりますか?

ワイフワークバランスが整った今、何をする?

一つの会社に勤めていれば年々お給料が上がり、一生安泰だったという時代が、かつてありました。

今の50代、60代の方がサラリーマンとして働き盛りのころの話です。

その時代にお勤めの方は、特に男性は自分のプライベートよりも、会社で昇進して給料を上げていくというスタンスが一般的でした。

しかし今の時代はこの終身雇用制も崩壊しており、一つの会社にしがみつくリスクというものがとても高くなってきています。

少し前までは、ライフワークバランスという概念は日本ではあまり浸透しておらず、一つの会社に勤めるか、気に入らなければ転職をして会社を渡り歩くのが普通でした。

ですがライフワークバランスがうたわれる現在、人生と仕事がバランスよくなり、人間らしい生活をすることが価値観が今の時代は当たり前です。

つまり、仕事だけの充実のみならず、私生活も充実させる生き方が求められているのです。そのためには、仕事だけが人生であるという価値観からの脱却が重要になります。

また、一つの会社に勤めていることだけが正しい人生ではなくなってきました。

今まで残業で埋まっていた夜の時間が空いたこのいま、貴方は何をしますか?

資格の勉強ですか?

リフレッシュですか?

それとも家事や育児を手伝ってみることを考えていますか?

それも良いかもしれませんが、仕事だけではない新しい自分を見つけ見るのはいかがでしょうか。

仕事以外で、新しいキャリアを組み立てる「パラレルキャリア」に皆さまも挑戦してみてはいかがでしょうか?

ライフワークバランスで人生に「隙間」時間が生まれたなら

パラレルキャリアという言葉が耳慣れないという方もいるかもしれませんので、パラレルキャリアについて簡単に説明いたします。パラレルキャリアとは、P.Fドラッカーが提唱した新しい人生の生き方の考え方の一つです。「平行」して複数のキャリアを持つことを言います。

例えば、サラリーマンとして一つの企業に勤めながら、自分でも自営業をして会社を経営して社長業としてのキャリアを積み収入を複数持つこともパラレルキャリアです。

まはた、サラリーマンとして働きながら、週末はテニスプレイヤーとしてアマチュアテニス大会で優勝を目指すこともパラレルキャリアです。最近ではテレビ朝日の番組『激レアさんを連れてきた。』で紹介された、給食センターで働いている50代女性が、ベンチプレスに挑戦して世界チャンピョンとなり、記録に挑戦活動しているのもパラレルキャリアの在り方です。

つまり、人生で「仕事」と「家庭」だけの2種しかない生き方ではなく、それ以外で第二のキャリアを積む生き方をするのがパラレルキャリアなのです。

本業を持ちながら第二の活動をするメリット

パラレルキャリアを持つことに、どのようなメリットがあるのでしょうか。人生においてプラスに成る事は多いため、是非皆さんも興味を持ってみてください。

複数のコミュニティに所属し、視野が広がる

人間関係で人が飽きを感じたり、トラブルになることの原因の多くは狭いコミュニティに居続けることで、関係性が膿むことがそのほとんどの原因です。

会社だけのコミュニティ、家庭だけのコミュニティ、それだけに所属すると、何かあったときに息抜きもできませんし、狭いコミュニティに属した物事の見方しかできません。

しかしパラレルキャリアを持つ事で、仕事、家庭以外のコミュニティを形成し、そこでキャリアを立ち上げていくことによって、人生に新しい風を吹き込むことができます。

新鮮な視点で物事を見ることができたり、新しい価値観を得ることができるため、人生において風通しを良くする効果があります。

また人脈が広がることで、本業で役になったりするメリットもあります。

人生における支柱が複数ある安定感

パラレルキャリアを設けることで、一つの会社に依存する依存心を軽減することができます。

仕事でうまくいかないときでも、もう一つのキャリアのほうで息抜きができたり、そもそもパラレルキャリアで収入を得ていると、本業での収入面だけを当てにせずにすみます。

人生において一つの仕事だけに依存することのほうがリスクが高いため、パラレルキャリアを築くことで、ほかの収入面もあると精神的にも安定感を得ることができます。

 

POINT
ライフワークバランスで自分の時間が生まれたら、もう一つのキャリア「パラレルキャリア」に挑戦を

 

貴方はどのようなキャリアを積んでいきますか? 並行して新しい仕事に挑戦したり、趣味にもう少し本気で取り組んでみたり、ボランティアに挑戦してみるのも良い時間の使い方です。

ライフワークバランスが叫ばれる今この時代、自分の人生が仕事と家庭だけで完結していまうのは、つまらない事なのではないでしょうか?

第二の名刺を持つ新しい生き方に、ぜひ皆さまも挑戦してみてください。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター