30代独身男の、ライフイベントを意識した「貯金」をどう作る?

30代独身男の、ライフイベントを意識した「貯金」をどう作る?

彼女とのデートや、旅行で、一つ上のグレードのものをついつい選んでしまう。

誕生日やクリスマスのイベントごとでは、つい彼女に見栄を張って高いものやイベントに高額を使ってしまう。そのため、毎月のお給料はそこそこもらっているはずなのに、なぜだか貯金ができないという男性は多くいらっしゃいます。

もしこの記事をお読みの方で、すでに貯金が十分にあり、将来の不安が無いという方はこの記事を読む必要はありません。お給料が入ったら入っただけ使ってしまう方や、クレジットカードや消費者金融などを使ってしまい、まったく貯金ができていないという方は、そろそろ30代、独身のうちに貯金を作る事が大人の男としての責任です。

30代の男性の多くは、これからのライフイベントでお金が必要になるタイミングが近づいてきています。

結婚、新婚旅行、奥様の出産、子供の学費などなど、一人暮らしの今この時こそ貯金をするタイミングです。

全く貯金ができていないという男性の方は、少し冷静になって今後のためにも貯金を始めてみましょう。

毎月何にお金を使っているのかをマネーフォワードで知る

家計簿をチマチマつけるのは男性としては性に合わない方も多いと思います。

家計簿は女性が付けるものだ、独身男性がつけるものではない、そういうイメージが強いせいかもしれませんが、独身男性の多くは家計簿をつけたことが無い人が多いです。しかし、貯金を始めるためには、自分が何に対してお金を使っているのか客観的に知る必要があります。

そのためには家計簿をつける必要があるのですが、毎日ノートに向き合って、レシートを集めて、なんて面倒臭い事はできません。

まめまめしい事が苦手の男性のために、家計簿を自動でつけてくれるお勧めのアプリがあります。

それは『マネーフォワード』と言う携帯アプリです。

マネーフォワードは、クレジットカードやネットバンクの登録情報を連携させるだけで、自分でいちいち何にお金を使ったかを記入せずとも自動的に家計簿をつけてくれる便利なアプリです。

有料版と、無料版がありますが、無料版でも十分に使用できますので、まずはこのマネーフォワードを携帯にダウンロードしてみましょう。

あとは普通にクレジットカードを使用したり、銀行の出し入れをしてお金を使うだけで、自動的にすべての資産を管理し、支出と収入がグラフで可視化されるのです。

マネーフォワードを使う事で、月に自分がどのくらいお金を使っているのか、何に多くお金を使っているのかが整理できるのです。

マネーフォワード

利用料金:基本無料(一部有料サービス)

公式サイト:https://moneyforward.com/

iPhoneアプリDL

GooglePlayDL

消費・浪費・投資を意識し分類する

マネーフォワードを使って一カ月のお金の動きを把握したら、次にそのお金の使い方を3つに分類しましょう。

消費に使っている割合を知る

まず消費に使っているお金の割合を知りましょう。

消費というのは、使う事で消えてしまうものに使うお金のことです。

例えば食費や、家賃、日用品のような日々生きる事に消費する行動に使うお金です。

浪費に使っている割合を知る

浪費というのは、「使わなくてもよかったもの」や無駄にしているものに使うお金です。

例えば、ほとんど通っていないジムの月額費用や、サイズの合わない靴を買ってしまった時、行かなくてもいい飲み会に使っている飲み代などです。

生活に支障のなく、無くても良いものなどです。

投資に使っているお金の割合を知る

投資は自分の将来に役に立つものに使うお金です。

例えば書籍代、医療費、エステ代、または貯金や不動産購入などの費用です。

一カ月の自分が使ったお金を、この3つに分類してみましょう。

  • 消費 70%
  • 浪費 5%
  • 投資 25%

このような割合が生きたお金の使い方の黄金比と言われています。

恐らく多くの方は、消費と浪費にお金の比重が偏っており、投資にお金を使えていないのではないでしょうか?

客観的に自分が何にお金を使っているかを理解した後は、浪費を抑えて、投資にお金を使うように意識を変えてみる事から始めてみましょう。

投資に回すお金を増やすためには固定費見直しを

節約をして貯金を増やす。

浪費を抑え当て貯金を増やしたり投資に回したりするためには、何をすればいいのか。

真っ先に思いつくのは食費などの節約ですが、一番効果的なのは固定費を削る方法です。

  • 殆ど通っていないジムを退会する。
  • 携帯電話を格安携帯に変える。
  • 保険料を見直しして月額の費用を抑える。

このように、毎月コンスタントに出ていく固定費を削る事で、大きく生活でかさんでいるコストを削る事ができます。

固定費を削る事は非常に面倒臭く感じるかもしれません。

携帯電話を格安携帯に変えるのも非常に面倒くさいですし、ジムの解約手続きも何となく気分が億劫でハードルが高く感じます。

しかし、この固定費を削減する事がもっとも浪費を抑えて投資にお金を回す余剰資金を作る事ができるため、〇月〇日までにジムを退会する、と日付を決めてしまいましょう。

そうする事で重い腰をおこして、行動できるようになるのです。

貯金の第一歩、まずは小さな成功体験を

中々貯金ができない方の多くは、子供の頃からお金を貯められないという方が多いです。

お小遣いを貰ってはすぐに使ってしまったり、欲しいものを我慢できず、貯金を始めてもすぐに使ってしまうという経験が多くありませんか?

貯金ができない理由の多くは、この「貯金を達成した」という成功体験がないせいでもあります。

ですので、これから独身男性がご自分のライフイベントのために少しでも貯金をしていくためには、まずは毎月数千円でもいいので貯金をするようにしましょう。

いきなり高額の金額を目標にする必要はありません。

少額でもいいので、毎月お金を貯めるという行動を習慣にする事が大切です。

海外旅行にいくために30万をためる、ですとか彼女のプレゼントを買うために5万貯める、というような使う目的を決めてもよいでしょう。

ハードルをさげ、貯金を成功させるという体験をする事で、今まで気ままにお給料を使い切っていた方でも、貯金ができる体質へと変化します。

またものを購入する時は、つねに「消費・浪費・投資」のこの3つの観点で考えるようにしてみましょう。

その意識を持つだけで、今買おうとしているものが必要な消費なのか、それとも浪費なのか、自分の将来の役にたつ投資なのか、一呼吸を置く事ができます。

POINT
マネーフォワードで収入と支出を見える化下あとは、「消費・浪費・投資」の意識でお金を分類しよう!

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す