【休日の男子クッキング】 餃子大好き! カップルで餃子パーティーレシピをご紹介!

【休日の男子クッキング】 餃子大好き! カップルで餃子パーティーレシピをご紹介!

男性のみなさん、餃子大好きですよね。

食べるタイミングは気にしますが、女性だって餃子、大好きです。

みんな大好きな餃子。やっぱりスタンダードは焼き餃子でしょうか。中華風の水餃子だっていいでしょう。市販の餃子の皮さえあれば、パーティーができてしまうほど、餃子をメインにした様々なメニューができます。

週末、カップルで餃子パーティーなんていかがでしょう?

ここでは、男性でもできる、餃子パーティーレシピをご紹介します。

餃子パーティーメニュー

  • たっぷりキャベツの焼き餃子
  • ベーコンときのこのミニキッシュ
  • チョコマシュマロタルト

がっつりと焼き餃子をいただいて、女性がよろこぶミニキッシュをいただいて、チョコマシュマロタルトのデザートで大満足できるパーティーメニューです。もちろん、ミニキッシュもタルトも餃子の皮からできています。パーティーなので、スープなんかがあるといいかもしれません。

 

スープのレシピはこちら

 

餃子パーティーメニューのレシピ

スーパーで食材を揃えたら、さっそくパーティーメニューに取りかかりましょう。普段、料理なんてしないという男性でもできる、簡単なメニューばかりなので心配いりません。

たっぷりキャベツの焼き餃子

たっぷりキャベツ・たっぷりニラ……どちらも捨てがたいですが、女性受けがいいのはどちらかというとキャベツ。たっぷりキャベツの焼き餃子を作っていきましょう。

材料

餃子の皮 15枚
豚ひき肉 130グラム
キャベツ 1/6玉(120〜130グラム程度)
しょうが(チューブ) 大さじ1/2
にんにく 大さじ1/2
中華風だしの素 小さじ1/2
料理酒 小さじ1/3
しょうゆ 数滴
オイスターソース 数滴
少々
こしょう 少々
ごま油 適量

レシピ

    1. キャベツをみじん切りにします。硬い部分が気になるようなら、あらかじめ茹でておくといいでしょう。いずれも、しっかり水を切るようにします。
    2. 大きめのボウルであんを作ります。ひき肉・料理酒・しょうゆ・オイスターソース・こしょう・塩をねっとりするまでしっかりとこねていきます。しっかりこねないとおいしくなりません。
    3. 餃子の皮にあんを包んでいきます。コツはあんをのせすぎないこと。皮のふちにたっぷりと水をつけて、2〜3回ひだをよせて閉じましょう。
    4. フライパンにたっぷりとごま油を回し入れて熱します。フライパンに餃子を並べて、焼き色をつけていきます。焼き色がついたところで、水50グラムを入れてふたをします。一般的には強火ですが、家庭では強めの中火くらいがおすすめです。
    5. 蒸し焼きしたら完成です。

ベーコンときのこのミニキッシュ

女性にも大人気のおしゃれなキッシュ。そんなものできない!と思う男性もいるかもしれません。ですが、餃子の皮だったら、男性でも簡単にキッシュができます。

材料

餃子の皮 6枚
ベーコン(ブロック) 30グラム
ぶなしめじ 30グラム
たまねぎ 1/6個
2個
シュレッドチーズ 50グラム
ブラックペッパー 適量
適量
オリーブオイル 大さじ1

レシピ

オーブントースターを予熱しておきます。餃子の皮の両面にオリーブオイルを塗ってマフィン型に敷き詰めます。オーブントースターでうっすら焼き色がつくまで焼きます。

ベーコンブロックは小さめにカット、ぶなしめじはいしづきをとってばらし、たまねぎは薄切りにして、オリーブオイルでさっと炒めます。

マフィン型に炒めた具材をのせます。そして溶き卵に塩少々を加えたものを流し入れます。そしてチーズをトッピングします。あとはオーブントースターで卵が固まってチーズが溶けるまで焼いたら完成です。

焼き菓子のためのマフィン型ですが、幅広い用途で活用することができます。男性でもひとつ持っていると便利です。

チョコマシュマロタルト

餃子パーティーの最後は、チョコマシュマロタルトで締めくくりましょう。あらかじめ、すぐに焼けるようにしておくと、焼きたてをいただくことができます。

材料

餃子の皮 4枚
ミニマシュマロ 適量
板チョコ(ダークorミルク)
ストロベリージャム 適量

レシピ

板チョコレートを細かく刻みます。

フライパンで餃子の皮の片面を焼き色がつくまで焼きます(オーブントースターが両面焼けるタイプなら必要はりません)。

餃子の皮にストロベリージャムをぬります。板チョコレート・マシュマロをトッピングして、オーブントースターで焼きます。マシュマロに焼き色がついてやわらかくなったら完成です。

餃子の皮で楽しめる餃子パーティー

餃子の皮だけで、餃子をメインにしたパーティーメニューが楽しめます。休日だからこそ、彼女と一緒に餃子パーティーをしてみませんか?もちろん、男友達で盛り上がるのもいいでしょう。餃子にはビール、キッシュにはワインというように、複数種類のアルコールをスタンバイしておくのもおすすめです。では、よい週末を。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す