ああ、もう許して… こんなに違う!男女のドン引き“黒歴史”

誰にでもある、恥ずかしい過去…。「嗚呼、消し去りたひ…」と思い出しては、恥ずかしさに独り身悶えることもあるでしょう。でも、だって、仕方ない。その時にはとにくかくソレがカッコ良くて「イケてる俺」だったんでしょうから。

大好きな彼女に、そんな黒歴史を知られたくない!と思うことでしょう。ですが、女性にだって黒歴史はあります。それこそ男性の微笑ましいエピソードなんか、足元にも及ばない仰天ものも…。

さあ、覚悟はいい?男女の黒歴史を大公開!

イタタタ、男の黒歴史

まずは男性の黒歴史から。

漫画キャラになりきる

だってカッコよくなりたいんだもん…。

流行った忍者の漫画にあこがれて、山に単独修行に行った。日が暮れて怖くなり、泣きながら帰宅した中学生の夜。

色白のモヤシで標準語でしたが、悪ぶりたくて「ミナミの帝王」のキメセリフを普段使いにしていたこと。

気になる方はこちらから↓

出典:amazon

武士になりきって自分のことを「拙者」と呼び、校内の風紀を乱す奴に「成敗!」と言っていた。

女性に強いアピール

男子校で童貞なのにテクニシャンを誇示し、空想モテクニシャンとして校内では有名だった。

学校で一番可愛い女子の先輩と付き合うと豪語し、俺のこと好きなんだろ、とあごクイをした…。はい、蹴られたマッパの王様です。

校内の人気女子に壁ドンを足でしようとしたら、届かずに転倒。カッコつけてポケットに手を入れていたから、転び方が悪く肉離れ起こした…。

これは…イタイ!人気女子が救護を呼んでくれたなら、一体どんな顔をして待ったのか…。お察しします。

呟きポエマー

バンドをやってるアピールで、弾けないギターを背負い、常に愛の詩を口ずさんだ。今気が付けは詩じゃなくて、五 七 五で川柳だった。

好きな女の子に〝俺は飛べない天使〟と〝羽をもがれた堕天使〟どっちだと思う?とロングメールでポエム送りつけた。

これは…「う〜ん、羽をもぎたい黒天使かな!?」とか答えてくれた女子が居たとしたら…  ”惚れてまう”かもしれませんね!

この他にも「おねしょした」とか「ゲームにハマって二次元の彼女が出来た、と公言した」とか、笑ってしまう黒歴史多数でした。この程度なら、女性に言っても笑ってくれそうですね。

大目に見てネ、女の黒歴史

では女子の黒歴史。微笑ましいものから、ちょっぴり引きつっちゃうものまで取り揃えてみました。

最先端すぎるオシャレ感

センスは人それぞれ。でも、先取りしすぎた…

悪魔女(アクマジョ)コーデと言って、全身真っ黒な総レースで練り歩いた。悪魔のツノのカチューシャして、下着も黒で、スッケスケ。捕まらなくて良かった。

アニメ声になりたくて、ずっと裏声で過ごしていた、え?地声ダヨ!ってフリして… もちろん授業中も。

自己整形。カッターナイフでスパッと二重にするはずが、切りすぎて病院行き。失明しなくてよかった!

痛い痛い痛い!青春は出血多量…

出会いを求めすぎた…

華の命は短いものの、ちょっと咲き乱れすぎた…

夜な夜な危険なナンパスポットへ男漁りに徘徊。言えないヤバイ目に遭遇したことや、女友達を犠牲にしたこともあったけど、もう過去のこと。

モテるとヤラセるを勘違いして、彼氏と思っていた男性が二桁いた。それを公言していたので、地元では有名なサセ子に。同級生の父親までも兄弟に!

彼氏ができないなら、彼女でいいかと思ってレズの道に走っていた時期が…

お金を愛しすぎて

女子は何かとお金がかかるもの。ついつい若気の至りで…

オヤジ狩りやエンコーが流行っていた世代なので…

高収入のバイト。危ないやつもあったかな。

ヒモにタカられてお金のいいことばかりを…。警察の厄介にもなりました。愛の為にって思ってた。

はいはい!このへんでもう聞かないことにしましょう。女性には秘密がいっぱいですね!

女が引いちゃう男の黒歴史

女性からみて無理!と思うのは、男性のどんな黒歴史でしょうか。

・犯罪者だった過去がある

・アルコール中毒や薬物中毒

・結婚詐欺やバツ5とか10とか尋常じゃない数の離婚歴

・女を殴っていたり、ヒモだった過去

刑務所に入っていたとか、犯罪歴があると身の危険を感じてしまうので引く。特に性犯罪者はダメかも。

酒や薬の依存症だった過去があると、結局またやる気がするからダメ。

バツがやたら多いと、人間的に何かあるのかなって心配になる。

ヒモや暴力は、自分の身にも降りかかると思うからNGで。

ですって。女性は寛大!犯罪レベルじゃないとそうそう引かないみたいです。

黒歴史はお互い様。男性が消し去りたい過去も、女性はクスッと笑って受け止めてくれそうですよ。ですので、お互い寛大に、ネ!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター