30歳からの男の若白髪対策、大人のイメチェン身だしなみ

30代の働きさかり世代の男性は、まだまだご自分では若者だという意識をお持ちかもしれません。

「白髪染めとか必要ないな」ですとか「髪を染めると髪の毛が不自然になる」などなど、髪をあえて黒に染めるという事に抵抗感をお持ちかもしれません。

女性以上に男性はご自分の髪の毛にうっすら生えた白髪には無頓着な方が多いようです。

30代に入ると、自分では見えない箇所にポツポツ白髪が生えてきます。

貴方の身だしなみケア、大丈夫でしょうか?

30代男性、髪を染めるのはまだ早いと思っているのは間違い

自分のヘアスタイルに無頓着な男性は、女性から自分がどのように見られているかという事にも無頓着です。

心ではまだ若いつもりでいても、外見に無頓着な貴方は、自分で思っている以上に歳を取って見られているかもしれません。

30代はまだまだ青年だと思うかもしれませんが、そろそろ白髪が増えて来る時期でもあります。

自分では「まだ平気」と思っていても、傍から見ると、男としてもう「終わった」感じが漂ってしまっているかもしれません。

白髪まじりの髪の毛は、どうしても寂しく、枯れた印象を女性に与えてしまい、男として現役を降りてしまっている雰囲気になるのです。

女性が抱く白髪まじりの男性への印象は以下の通りです。

  • 栄養が足りてなさそう
  • 苦労している人なのだろうか
  • 老けて見えてるしすごい年上なのでは
  • 清潔感がなさそう

このように30代で白髪まじりの髪の毛を放置しているだけで、女性からは「苦労をしてそう」「疲れてるのでは」「栄養がなさそう」などなど不健康な印象を抱かれてしまうのです。

不健康で苦労をしてそうな男性に、女性が魅了を感じる事はありません。

実年齢通りの見た目を手に入れるためには、やはり黒々とした髪の毛は重要な身だしなみなのです。

本人は気にしていなくても、周りは貴方の髪から与えられる印象通りに貴方を見ています。

黒々した髪の毛の男性からのプレゼンと、白髪まじりの苦労をしていそうな男性からのプレゼン。

仕事の場でも前者のほうが、より意見が通りやすかったりもするのです。仕事でも、恋愛でも外見が周りに与える影響を馬鹿にしてはいけません。

30代、白髪まじりの髪は染めるだけで印象が良くなる

白髪まじりの髪を放置している方は、一度是非白髪ケアをやってみましょう。

たった一度のケアで、貴方の外見は一気に若々しいものへと変貌します。

髪の毛は自分で思っている以上に、貴方の外見を左右する重要なパーツなのです。

POINT
白髪放置は絶対にNG.年相応の男らしさを白髪染めで蘇る

 

30代、男の白髪染めケア、どこでやる?

それでは男の身だしなみとして、白髪染めをしようと思った時どのような方法があるのでしょうか?

自宅で白髪をケアをする方法

一般的に一番お手軽な方法は、自宅で白髪染めをする方法です。

スーパーやドラックストアなどで販売しており、数百円から数千円でケアをする事ができます。

気をつけたいのは、白髪染めケアをしたことによって頭皮にダメージを与えるという事です。

男性としては薄毛のリスクは避けたいため、どうしても白髪染めに抵抗を覚えるという方もいるかもしれません。

頭皮へのダメージを考慮する男性にオススメしたいのは「トリートメントタイプ」と「ヘナ100%」タイプの白髪染めです。

トリートメントタイプの白髪染めはシャンプーなどの最後に、トリートメントとして使うことで、毎日少しずつ白髪を染めていきます。

そのため一般的な薬剤を使用した白髪染めよりも、徐々に染まり、また頭皮へのダメージも少ない事で人気です。

男性でも美容院で白髪染めケアをする方法

自然で綺麗に染める方法としては、自宅ケアよりもプロの美容師に染めてもらうほうがおすすめです。

プロですので、白髪染めも違和感のないようなカラーリングで染めてもらうことができます。市販の白髪染めだと髪がどうにも浮くという方は一度美容室に相談してみましょう。

また美容室で染める薬剤のほうが、市販のものよりも髪へのダメージも少ないと言われています。

POINT
白髪染めケアは頭皮ダメージを気をつけて、プロにおまかせが安心!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター