インナーマッスルを鍛えてモテる男の体型に!効果的なトレーニング方法をご紹介

インナーマッスルを鍛えてモテる男の体型に!効果的なトレーニング方法をご紹介

インナーマッスルを鍛えると、男性はモテることをご存知でしょうか? インナーマッスルトレーニングは、女性にとって理想的な男性の肉体につながるのです。

ですが、アウターマッスルと比較するとインナーマッスルは鍛えにくい部分でもあります。ですが、どうやってトレーニングするべきか、きちんと知ることができれば大丈夫。

ここでは、モテたい男性に知ってもらいたい、ベストなインナーマッスルトレーニングをご紹介します。

インナーマッスルはどんな筋肉なのか?

男性が鍛えたいインナーマッスルはどんな筋肉なのでしょうか。まず、人間の肉体にはアウターマッスルとインナーマッスルが存在しています。まずは、それぞれの違いについて知りましょう。

アウターマッスル 目視できる表面上の大きな筋肉
インナーマッスル 肉体の内側、コアにある細かい筋肉

アウターマッスル

アウターマッスルは鍛えやすいのが特徴です。ジムトレーニングでもすぐに効果が実感できます。

わかりやすいところだと上腕二頭筋。トレーニングをはじめてから比較的すぐに筋肉がつきます。

また、上腕二頭筋以外にも胸元の大胸筋やヒップ部分の大殿筋などがあげられます。

インナーマッスル

「ウエストシェイプのために腹筋していても、なかなか腹筋を鍛えられない」という経験、男性であればあるのではないでしょうか。

ウエストを引き締めるためには、腹部のインナーマッスルをトレーニングすると効果的! 反対に、インナーマッスルを引き締めるトレーニングを取り入れないままでは、思うように効果が実感できないこともあります。

どうしてインナーマッスルを鍛えるとモテるのか

どうしてインナーマッスルトレーニングしている男性はモテるのでしょうか。その理由は以下のとおり。

  • 姿勢がよくなるから
  • お腹周りが引き締まるから
  • 腰痛の予防になるから
  • スポーツのパフォーマンスが向上するから

もう少し詳しく見ていきましょう。

姿勢がよくなるから

インナーマッスルが鍛えられると姿勢が改善されます。背筋がしゃんとしているだけで、スタイルがよくみえるもの。スーツ姿も様になるでしょう。

猫背の男性は、どうしても自信がないようにみえてしまいます。女性は自信にあふれる男性に魅力を感じます。つまり、姿勢がよくなるだけで、女性から素敵な男性だとみられるでしょう。

お腹周りが引き締まるから

腹部にあるインナーマッスルは内臓を支えている筋肉であり、ここを鍛えることでコルセットのように内臓を包み、ぽっこりお腹を解消する効果が期待できます。

スーツのジャケットを脱いだ時など、お腹周りは特に目立つもの。ほどよく引き締まったバランスのいいボディラインは、女性に好印象を与えます。

腰痛の予防になるから

背骨や骨盤周りにもあるインナーマッスル。
これらは背骨や骨盤を正常な位置に保つサポートをする筋肉です。

腰痛の原因の一つである「背骨を支える筋肉の衰え」を、インナーマッスルを鍛えることによって防ぐことができます。

日頃から健康的で自己管理ができている男性は、「頼りになる」と女性からも一目置かれます。

スポーツのパフォーマンスが向上するから

インナーマッスルの中でも、体幹部分のインナーマッスルを鍛えると、安定した体幹づくりに役立ちます。

体幹がしっかりしていると、無駄のない効率的な動きができるようになり、スポーツ全般で力を発揮しやすくなります。

スポーツに打ち込んでいる男性に悪いイメージを持つ女性はいません。上手ければなおさら好感を持つ女性は多いでしょう。

すぐに始められるインナーマッスルトレーニング

始める前に知っておきたいインナーマッスルトレーニングの特徴

トレーンングと聞くと、強い負荷をかけるウェイトトレーニングをイメージすることが多いかもしれませんが、インナーマッスルを鍛えるトレーニングでは、負荷をあまりかけません。ゆっくり長い時間をかけて刺激していきましょう。

また、インナーマッスルは、筋肉に大きなダメージが蓄積されにくい筋肉です。

そのため、筋肉痛が基本的にありません。最初は週2〜3回のペースで取り組み、慣れてきたら少しずつ間隔を狭めていきましょう。

家でもできるトレーニングメニュー

エクササイズマットがあれば、すぐにはじめられるインナーマッスルトレーニングをご紹介していきます。さっそく今日からはじめてみましょう。

【全身に効く】フロントブリッジ

広範囲のインナーマッスルトレーニングに効果的なのがフロントブリッジです。ウエスト・ヒップはもちろん、肩・背中・太ももまで鍛えられます。

スタートポジション:うつ伏せ

  1. 両肘と両足のつま先で、フロアの胴体が平行になるように体を持ち上げます
  2. この状態のまま、30秒間キープ
  3. 30秒のインターバル(休憩)を挟んで残り4セット行います

【お腹に効く】クランチ

クランチは、アウターマッスルを鍛えられるメニューでもありますが、ゆっくりと行うとインナーマッスルにも効果的な腹筋トレーニングになります。

スタートポジション:仰向け

  1. 膝を90度に曲げて脚を上げます
  2. 両手は頭の後ろ、または腹筋部分に置きます
  3. 息を吐きながらおへそを覗き込むように、上体を起こしていきます。この時、腰部分は床から離さないようにしてください。
  4. ゆっくりと肩甲骨がつかない程度まで戻していきます
  5. この動作を10回繰り返します
  6. 30秒のインターバル(休憩)を挟んで、残り2セット行います

【背中に効く】ヒップリスト&ワンレッグエクステンション

背中のインナーマッスルを鍛えるトレーニングメニュー。背中だけでなくお尻や太ももも鍛えられます。鍛え抜かれた格好いい後ろ姿に。

スタートポジション:仰向け

  1. 膝を90度曲げます。この時、両手は安定させるよう八の字で地面につけます
  2. 膝から鎖骨までが一直線になるようお尻を持ち上げます
  3. 片側の膝を伸ばし、お尻かからつま先までまっすぐを3秒間キープ
  4. 足を戻して、逆側の足でも行います
  5. この動作を左右10回ずつ繰り返します
  6. 30秒のインターバル(休憩)を挟んで残り2セット行います

【足に効く】スクワット

足を引き締めるだけでなく、インナーマッスルも鍛えられる一石二鳥のトレーニングメニュー。ゆっくり行うことで、しっかり筋肉を刺激します。

スタートポジション:直立

  1. 足を肩幅よりもやや広めに開いて直立します
  2. 両手を前または頭の後ろに置きます
  3. 息を吸いながら、太ももと地面が平行になるまでゆっくり下げます
  4. そのまま、2秒間キープ
  5. ゆっくり吐きながら、膝が伸びきらない程度まで体を上げます
  6. この動作を15回繰り返します
  7. 30秒のインターバル(休憩)を挟んで残り2セット行います

インナーマッスルを鍛えてモテよう

トレーニングはいつでもどこでも始められます。これを機に、インナーマッスルトレーニングによって理想的な肉体を手に入れてみませんか?

魅力的なカラダに磨きあげれば…意中の女性がこちらに振り向いてくれるかも。

何より、ストイックにトレーニングに打ち込んでいる男性は魅力的ですもんね!

男性の魅力は腹筋のタテ線だった! 腹筋にタテ線がほしい! バキバキに割る方法をご紹介

初心者にもおすすめ!自宅でできる筋トレ道具特集

この記事のライター

kawakita rinko

横浜市在住のスポーツインストラクターです。「モテる男はカラダが違う」をテーマに、男性読者のためになる筋トレのあれこれをご紹介していきます。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す