ブランドの落とし穴! ダサいとイケてるは紙一重

ブランドの落とし穴! ダサいとイケてるは紙一重

ステイタスの一つとして、ブランド品を想像する人も多いかもしれません。しかし、そればかりを重視してしまい全身ブランド品でかためてしまうことも…。そのような男性を女性は白い目でみています。いまいちど、自分のコーディネートがNGではないか、チェックしてみましょう。

自信がないからブランド品。 ちょっとそれ、ダサすぎない?

街中であう男性の中には、上から下までブランド品でかためている人がいます。ブランド品を所持している・多く持てるのは確かにステイタスになるかもしれません。
特に所得が高いと言うことを誇示したい人にとっては、アピールできるのは自分の持ち物となるからです。しかし、それも行き過ぎてしまってはダサく感じてしまう場合もあります。
例えば、全身グッチでかため、香水もグッチ…。好きなブランドかもしれませんが、見る人が見れば食傷気味になってしまいそうです。ブランド品を持つこと自体は悪くありませんし、うまくコーディネートできるのであればいいのですが、センスがないからと全身を一つのブランドでかためてしまうのは、余計センスの悪さを露呈することになってしまいます。そうなっていないか、振り返ってみてください。

ブランド品の大渋滞…交通整理が必要

全身ブランド品でできている男性の中には、色々なブランドが入り混じっているケースもあります。
一つのブランドで全身が構成されているのもいかがなものかと思いますが、何種類ものブランドが無秩序に配置されているのも気になります。いかにも「自分はお金を持っている」「たくさんのブランド品を持っている」と言うのが透けて見えるからです。
ブランド品に目がくらみなびく女性もどうかと思いますが、ブランド品を持っていれば周囲が色めき立つと錯覚しないようにしてください。ブランド品は、綺麗に着てこそです。

自尊心を満たすから着る その考えはやめて

ブランド品を所持し、着る人の中には「自分の心を満たす」からと答える人もいます。
これは、ブランド品を所持することで自分がそれなりの地位にいると認識したい、自分は偉いと思いたい気持ちが現れている場合もあります。もちろん、ブランド品の方が長持ちするからといった理由の人もいます。「よいものを長く使いたい」という考え方であればよいですが、なんどもブランド品を新調しては、古いものをお蔵入りにするのは、よくありません。

自分の心が満たされない

いくら自身の地位が高くとも、満たされないからといった理由でブランド品を購入する人もいます。
取締役といったポジションにつきながらもプライベートでは誰にも相手にされない。そんな人が自分をアピールするために高級なものを持ち、その度に他者からもてはやされることになれば、そのもてはやされたいと言う気持ちが大きくなりブランド品に依存してしまうようになってしまいます。
自己承認や他者承認がうまくできていない証拠となります。
ブランド品に頼らず自分を正当に評価できるようにしましょう。

女性の目が気になるからブランド品!

女性からよくみられたいからブランド品を纏うようにしている男性も少なくありません。もちろん、ブランド品を所持すること自体悪くありませんし、さりげなくポイント使いできたり、 TPOをわきまえて使用するのであれば問題ないどころか、ブランド品を使ってうまく自分を際立たせていると言えるでしょう。
しかし、女性の目線を気にしてブランド品を持つと言う思考にならないようにしてください。とりあえずブランド品さえ持てばなんとかなる! と言う思考はNGです。どのようなシーンで、どういったものと合わせるのか自分で考えられないうちにブランド品を持ちすぎると逆にダサくなってしまいます。知らず知らずの間にダサい男性になっていないか鏡の前で自問自答してみてくださいね。

さいごに

ブランド品でかためる男性はちょっと…と言ってますが、そればかりではありません。その前に「何も考えずに」と言う言葉がつきます。自分のキャラクターや立ち位置を理解して使っているのであれば、それはそのままでいていい場合もあります。ですが、全身ブランド品でコーディネートしているのは、男性に関わらず「ダサい」と感じてしまう人が多いと言う点をお忘れなく…

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男…。素敵な男性とお付き合いしたいけど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す