ホステスに嫌われるウザ客になるな! 程度をわきまえて楽しく飲むべし

ホステスに嫌われるウザ客になるな! 程度をわきまえて楽しく飲むべし
接待や付き合いでお酒を飲む場面が多い人の中には、女性のお店に行かなくてはならない場合もあるのではないでしょうか。女性のお店でお酒を飲み過ぎて泥酔なんてことも…。

行きつけのお店でも、そうでないお店でも、お酒の飲み方がスマートではない男性は嫌われてしまいます。

今回は、ホステスが嫌う客についてご紹介していきます。

ほんっとウザい! 触ってくる男性

お酒の力を借りてか、日頃のストレスからか、隣に座った女性の体を触ってくるお客様がいます。女性からすれば嬉しい!なんてことは一ミリも思っておらず、正直なところウザい・気持ち悪いという気持ちしかありません。

男性の心理からして触りたいと言う気持ちがあるかもしれません。自分が客だからと言う気持ちもあるでしょう。ですが、それらはホステスからすると「迷惑な客」でしかないのです。もし、気になる女性がいるのであれば体を触ったり、迫ったりするのは逆効果です。悪い印象しかありません。嫌われないためには、理性を保ってください。

自分の自慢話しかない 話のつまんない男

これはホステスに限らず、女性が嫌う男性に多いです。とにかく口を開けば自慢話ばかり。ウンザリの一言につきます。

確かに、自分が成功した話は、話している本人は楽しいかもしれません。もちろん、一度くらいであれば、そのような話を酒のつまみ程度に聞くのもよいでしょう。ですが、そのとき、いい反応があったからといってなんども繰り返すのはつまらないですし、話のバリエーションが乏しい男性なのかな? と感じてしまいます。

逆に色々な知識や経験があり、話の種類も豊富な男性はただただ尊敬します。中には、「ホステスは教養がないから難しい話はできない」と嘯いている男性もいますが、最近は教養も知識も豊富に兼ね備えた女性が多いので、下にみて話をしているといつか足元を救われかねません…。

まぁ、そもそもそんな男性には興味がわくはずもなく、それなりの対応になる女性も多いのかと思います。

とにかく飲むし飲ませる!学生かっ

 
30代を過ぎてからでも、とにかく学生ノリなのか、お酒が入って気分が高揚しているからなのか、ノリノリになってしまう方もいます。ただ、ノリがよくなるだけならば楽しめるからよいかもしれませんが、中にはお酒を勧めてくる男性もいます。

もちろん、お酒を飲む場なので、勧めていただくことも、男性がたくさん飲むこともNGではありませんし、お店側としてはたくさん飲んでもらえると嬉しいでしょう。ですが、限度を超えるのはいけません。

 強くないのにとにかく飲む! 介抱は誰が…?

お店にくる男性で、そこまで強くないのに飲み過ぎる方がいます。お酒が好きなのかもしれませんが、時と場合をわきまえて欲しいというのが本音です。

また、中には接待なのに自分より上の人を立てるどころか、先陣を切って飲んでしまいベロベロになる人も…そんな人はもう見ていられません。

 女性に飲ませて酔わせようとする

とにかく女性にお酒を勧めてくる方もいます。もちろん、お仕事なのでお酒をたくさん飲めばよいというお店もありますが、程度というものをわかって欲しいところです。たくさん飲ませて、泥酔させて…そのあとは何を考えているのでしょうか。

下心が透けて見えるような男性はあからさまで傍目にもわかりやすいです。そんな男性はNGと思われやすいので気をつけてくださいね。

なんでも許されるわけじゃない

ニュークラやクラブなど、女の子がいるお店は華やかで可愛らしい女性や綺麗な女性が多いでしょう。その中でお酒を飲んでしまうと、気が大きくなったり、下ネタが多く連発されるかもしれません。楽しく話をしているうちはいいかもしれませんが、そのうち理性の箍が緩んでしまい、触ってしまうことも…。

女性はお客様だからと言ってやんわりと手を外したりして許してくれるかもしれませんが、心の中では「最悪」と思っています。

紳士でスマートな男性でありたいのであれば、いついかなる時も好かれる男性であるように心がけてください。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男……。素敵な男性とお付き合いしたいけれど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す